個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の口座で分配金はもらえるのか?

idecoの分配金はどうなる?

iDeCoでも分配金は受け取れるのか?

投資信託などでは毎月分配金のでる商品などが大変人気となっています。

あまりよい商品ではないんですが(笑)

毎月分配金がダメな理由については下記をご覧ください。

だめな商品なんですが日本では大変人気なんです。

それはつまり、日本人には分配金が好きな人が多いってことです。

それでは個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の口座では分配金が受け取れるのでしょうか?

今回はちょうど私が個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)で持っている商品が分配金を出しましたのでその件を見ていきます。

分配金とは・・・

そもそも分配金とはどういったものでしょうか?

分配金とは株式でいうと配当金みたいなものです。

ファンドが得た売却益や配当金などの利益を投資家に還元するために支払うのが「分配金」。

分配金を出す出さないは任意ですのでまったく出さないファンドもあれば、年に1回出す所、毎月出すところなど様々です。

基本的に前述のとおり分配金はあまり出さないほうが複利が働くから良いんですけどね。。。

ただし、日本では投資教育が足りていないのかどうしても分配金を出す投資信託の方が人気となる傾向があるため出しているところが多くなっています。


iDeCoの場合はどうなる?

それでは個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の場合はこの分配金の扱いはどうなるのでしょう?

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)は原則的に60歳まで引き出すことはできませんよね。

実はこれ分配金にも適用されるのです。

つまり、分配金があったとしても現金でもらえません(笑)

しかし、同じ投資信託なのに個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)のときだけもらえないというのも変ですよね。

こんな感じで処理されるのです。

分配金は投資元本と同様に投資されます。

つまり、分配金があった分だけ新しく買付けを行うのです。

例えば分配金が1口につき10円あったとします。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)で1口分持ってれば10円の分配金が個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)口座に入ります。

するとすぐさま10円分のその投資信託を購入するのです。

投資信託は1円から投資できますしね。

実はこれって結構メリットが大きいです。

再投資を行うことで分配金を出す最大の弱点となる複利の効果が発揮できるようになります。

また、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)内の分配金は税金がかかりません

通常、分配金を貰えば20.315%の税金が差し引かれますが個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)内だと税金がとられません。

このあたりも大きなメリットですね。

分配金の再投資を確認するには

私が使っているSBI証券では取引履歴等→取引履歴をみれば確認できます。

他のところでも同じような感じで確認できると思います。

イデコ分配金再投資

こんな感じの表記になっています。

まとめ

今回は個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)内で分配金が発生した場合の話をみてきました。

分配金を出すファンドを買っても自動的に再投資してくれますので税金も掛かりませんし、複利も活きてきます。

このあたりも個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)のメリットの1つかもしれませんね。

やっぱり個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)っていい制度だな・・・

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入するならこの4社から選ぼう

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を始めるにはまずどこの金融機関で始めるのかを決めなくてはなりません。

たくさんの金融機関、証券会社が取扱をはじめていますので迷う方も多いでしょう。

私は今もし、加入するならSBI証券かイオン銀行、楽天証券、マネックス証券の4択で決まりだとおもいます。

その中でもマネックス証券 iDeCoが筆頭候補となります。
信託報酬がほとんど最安値でスキがありません。

次点がSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」かな。
SBI証券はたくさんの運用商品があり、信託報酬も安いものも多くあります。
そのため選択の楽しさがあるでしょう。
また、ひふみ年金やジェイリバイブのようなアクティブファンド、iFree8資産やダウ、グローバル中小などの人気商品の取扱もポイント高いですね。

イオン銀行iDeCoはたわらシリーズが充実していたり、ひふみ年金の取扱があります。
このあたりに興味持つ方は選択肢として全然ありです

楽天証券 確定拠出年金は楽天スーパーポイントがたまったり、セゾン投信なんかに加入できます。
また、将来的に楽天・全世界株式インデックス・ファンドと楽天・全米株式インデックス・ファンドといった人気商品の取扱も期待できます。

総合して考えるとこの4つのどれかに加入すれば後悔はないかなと思います。

他の運営管理機関もぜひがんばってほしいところですね。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)については下記の記事も合わせて読んでいただくと理解しやすいと思います。



また、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)のおすすめ4社の詳しい解説は下記をご覧ください。





読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
idecoブログランキング
人気ブログランキングへ

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. 税金をクレジットカードで支払う
    住民税(市民税・県民税)税額決定納税通知書到着 住民税(市民税・県民税)税額決定納税通…
  2. 仮想通貨取引所比較
    盛り上がる仮想通貨 ビットコインの分裂騒ぎがあったと思えば今度は40万円を突破するなど…
  3. イデコの年末調整・確定申告の方法
    忘れずやっておこう。個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の年末調整 急に寒くなってきましたね。…
  4. つみたてNISAまとめ
    つみたてNISA証券会社のシリーズ企画まとめ シリーズものとして定期的に投稿してきました 「…
  5. 下落相場のイデコ
    下げ相場が来た時、長期投資の資産はどうすればよいか しばらくダウがずっと高値を更新して…
  6. ビットコインの税金
    曖昧だったビットコインなどの仮想通貨の税金 今まで仮想通貨の税金関連はかなりあいまいで…
  7. イデコ対国民年金基金
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)と同じ枠 個人型確定拠出年金(iDeCo/イデ…
  8. ideco積立
    確定拠出年金は8割の人が定期預金を選択している 1月に公務員やサラリーマンでも加入でき…
ページ上部へ戻る