SBI証券の「はじめてお取引された銘柄人気ランキング」が興味深い件

昨年来、テレワークで自宅時間が増えたことや、10万円の給付金があったこと、株価が乱高下したこともあってか株式投資を始める方がかなり増えています。

私の周りでもかなり増えていますね。

また、株式投資のやり方やどこの証券会社がいいのかを聞かれるケースが多くなりました。

そんな初めて株投資を始める方はどんな株を買っているのでしょう?

そんな疑問に答えるようにSBI証券が「はじめてお取引された銘柄人気ランキング」を発表。

これが大変興味深いでしたのでご紹介します。

なお、株式投資を始める人が急に増えている状態は個人的にかなり気がかりなんですよ。詳しくはこちらの記事を御覧ください。

SBI証券の「はじめてお取引された銘柄人気ランキング

それではSBI証券の「はじめてお取引された銘柄人気ランキング」をみてみましょう。

現物、信用を月間と週間で公開されています。

※このランキングはあくまでSBI証券ではじめての取引の方のランキングなので株式投資そのものが初めてとは限りませんのでご注意ください。

2021年3月のはじめてお取引された銘柄人気ランキング(現物)

まずは2021年3月のはじめてお取引された銘柄人気ランキング(現物)です。

※スマートフォンの方はスクロールしてお読みください。

順位銘柄名コード
1ANAホールディングス9202
2三菱UFJフィナンシャル・グループ8306
3日本航空9201
4オリックス8591
5ENEOSホールディングス5020
6Zホールディングス4689
7ソフトバンク9434
8楽天4755
9武田薬品工業4502
10日本郵政6178

出典:SBI証券 はじめてお取引された銘柄人気ランキングより

かなり知名度が高い株が多いですね。

意外なのは全体の売買ランキングなどではそれほど出てこないような銘柄も上位にいることです。

「ANAホールディングス」や「日本航空」が人気が高いのは新型コロナの影響で株価が大きく下げていますが、それが回復すると見込んでいる方が多いのでしょうかね?

2021年3月のはじめてお取引された銘柄人気ランキング(信用)

次は信用編を見てみましょう。

※スマートフォンの方はスクロールしてお読みください。

順位銘柄名コード
1オリックス8591
2ひろぎんホールディングス7337
3NEXT FONDS 日経225連動型上場投信1321
4KDDI9443
5日本航空9201
6楽天4755
7ANAホールディングス9202
8三菱UFJフィナンシャル・グループ8306
9マネックスグループ8698
10NEXT FONDS TOPIX連動型上場投信1306

出典:SBI証券 はじめてお取引された銘柄人気ランキングより

現物と同じような銘柄が並んでいますが、NEXT FONDS 日経225が入ったり、「ひろぎんホールディングス」というマイナーですが、かなり値動きのあった株がランクインしていますね。

信用のランキングですからある程度他で経験を積んだ方が多かったのでしょうかね・・・

1年前のランキングはどうだったか?

参考までに1年前のランキングも見てみましょう。

1年前といえば新型コロナウィルスの影響で株価が暴落した時期となります。

2020年3月のはじめてお取引された銘柄人気ランキング(現物)

まずは2020年3月のはじめてお取引された銘柄人気ランキング(現物)です。

※スマートフォンの方はスクロールしてお読みください。

順位銘柄名コード
1日本航空9201
2NEXT FONDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信1357
3NEXT FONDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信1570
4オリエンタルランド4661
5ANAホールディングス9202
6武田薬品工業4502
7オリックス8591
8ソフトバンクグループ9984
9三菱UFJフィナンシャル・グループ8306
10トヨタ自動車7203

出典:SBI証券 はじめてお取引された銘柄人気ランキングより

一年前は暴落真っ只中だったこともあり、かなり極端なランキングとなっていますね。

大変興味深いのがNEXT FONDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信がランクインしていることでしょう。

インバースとは逆を意味したもので空売りみたいなものです。下がると儲かるのです。

ダブルは更に倍です。

例えば日経平均が-1%になればダブルインバースは+2%となります。

日経平均が下がると予想した人がかなりいて、初めてのSBI証券での株式投資がダブルインバースだったというわけです。

逆に3位にNEXT FONDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信が入っているのも面白いです。

こちらは日経平均が上がるとその倍あがるものです。

例えば日経平均の騰落率が+1%になればレバレッジインデックスは+2%となります。

つまり、こちらは日経平均が大きくあがると予想したときに買うものです。

この両極端の商品が2位と3位に入っているのが面白いですね。

うまく乗れた方は大儲け、逆の方もかなりいたと思われます。

ちなみに日経平均は3月下旬まで大きく下げてそこから急激に回復しました。

本当に初めての株式投資がこれならばかなり強烈です。

2020年3月のはじめてお取引された銘柄人気ランキング(信用)

次は信用編を見てみましょう。

※スマートフォンの方はスクロールしてお読みください。

順位銘柄名コード
1NEXT FONDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信1357
2NEXT FONDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信1570
3ソフトバンクグループ9984
4トヨタ自動車7203
5オリエンタルランド4661
6ファーストリテイリング9983
7ソニー6758
8日本航空9201
9日経平均ベア2倍上場投信1360
10三井住友フィナンシャル・グループ8316

出典:SBI証券 はじめてお取引された銘柄人気ランキングより

信用はさらにNEXT FONDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信とNEXT FONDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信のランクが上がりましたね。

さらに9位に日経平均ベア2倍上場投信が入っています。

SBI証券の「デビューファンドランキング」

同じく投資信託も初めてでなにを買ったのかのランキングがありましたので合わせて見てみましょう。

2021年3月「デビューファンドランキング」

※スマートフォンの方はスクロールしてお読みください。

順位銘柄名カテゴリー
1SBIバンガードS&P500インデックスファンド米国株
2eMAXIS Slim全世界株(オールカントリー)全世界株
3eMAXIS Slim米国株(S&P500)米国株
4eMAXIS Neo バーチャルリアリティ国際株式
5<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド先進国株式
6eMAXIS Neo 自動運転国際株式
7ニッセイ日経225インデックスファンド国内株式
8ひふみプラス国内株式
9eMAXIS Slim国内株式(日経平均)国内株式
10eMAXIS SlimNASDAQ100インデックス米国株

出典:SBI証券 みんなはどのファンドではじめてる?!2021年3月デビューファンドランキングより

こちらは昨今の米国株ブームを象徴するような結果となっていますね。

特にeMAXISシリーズが強いですね。

eMAXIS Neoというテーマ株が入っているのも興味深いところ。

2014年1月〜9月「デビューファンドランキング」

過去のランキングないのかと探しましたが直近は見つかりませんでした。

しかし、2014年1月〜9月のだけが見つかりましたのでご紹介しましょう。

今とは全然違うって面白い結果となっています。

※スマートフォンの方はスクロールしてお読みください。

順位銘柄名カテゴリー
1ニッセイ日経225インデックスファンド国内株式
2好配当REITプレミアファンド通貨セレクトコースREIT
3SBI資産設計オープンバランス型
4楽天USリート・トリプルエンジン(リアル)毎月分配型REIT
5ひふみプラス国内株

出典:SBI証券 デビュー投信ランキング(2014年1月~9月)

ニッセイ日経225インデックスファンドとひふみプラスは直近のランキングでもランクインしており息が長いですね。

注目スべきは毎月分配型のREITが2本も入っていることです。

毎月分配型は金融庁が批判したこともあり、最近ではあまり大きくうたわれることはなくなって人気が落ちていますが、7年前は人気が高かったのがわかります。


はじめての株式投資は何がよいのか?

今回はSBI証券の「はじめてお取引された銘柄人気ランキング」を見てみました。

かなり興味深い結果となっています。

それでははじめての株式投資ってなにがよいのでしょう?

これは考え方次第なのでなんとも言えません。

はじめての株式投資はなにを買うのが正解というのはないですよ。

ただし、記念すべきものですからしっかり選んで決めてくださいね。

よく言われる「まずは身近な株式投資から始めよう」というのはそうでしょうね。

世界一の投資家であるウォーレン・バフェットさんがいう「自分のわかる株しか買わない」という意味でも正しいでしょう。

ですから私も相談されたら自分が業界をよく知っていて、今後もずっと持ち続けられる株(応援できる株)を買うのをオススメしています。

ただし、株を始めるなら・・・というだけであってはじめての投資は個別株はあまりオススメしていません。

投資信託の方がはじめての投資には向いていると思っています。

個別株はどうしても投資信託と比較して難しいんですよ。

詳しくはこちらの記事を御覧ください。

ちなみに私がはじめて買った株は・・・

ちなみに私が始めた買った株は中国株の「レノボ」です。

はじめての投資が中国株でしかもハイテクの「レノボ」というチャレンジャーな買い方をしていたのです。

なぜレノボを選んだのかはあまり覚えていませんが、日本の将来性は悲観しており、将来性のある中国株に着目。

そこの中で選んだのを覚えていますね。

今でこそレノボは日本でも聞くようになりましたが、当時は知名度皆無でした。

レノボは長期投資のつもりで買いましたが、他に買った中国株が粉飾の疑いで売買ができなくなったこともあり、中国株が怖くなり撤退した際に売却しています。

ちなみに損益はプラスでは終わってます。

いい勉強にはなりました。

日本株のはじめては「レントラックジャパン」というベンチャー企業の株を買っています。

この会社の株を選んだのは四季報を読みまくって分析の上に決定したものです。

決算の数字は抜群、ニッチでしたがほぼ独占企業で一番大きな取引先と社長が同じというどう考えても儲かる仕組みだったので買ったんですよ。

この予想はあたり10倍近くになりましたね。(現在は買収され上場廃止)

はじめて買う株は愛着が湧くと思いますので私のレントラックジャパンのようにしっかり分析して10倍、100倍になる株を探すのも手でしょう。

レントラックジャパンの分析したときと同じ熱量で分析すればかなりの確率で儲かると思いますが、今は上場企業もかなり増えていますのでなかなか大変ですね笑


まとめ

今回はSBI証券の「はじめてお取引された銘柄人気ランキング」についてみてきました。

大変興味深いデータでしたね。

はじめての株式投資はなにを買うのが正解というのはないですが、記念すべきものですからしっかり選んで決めてくださいね。

SBI証券
5

SBI証券は商品ラインナップや注文の仕方などが優れています。
なにより注文の自由度がかなり高いのがいいですね。
利便性で考えるならSBI証券はおすすめですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

初心者向け商品
最新情報をチェックしよう!