仮想通貨「IRON」が1日で数億分の1に??インフルエンサーの買い煽りに負けるな・・・

とんでもない値動きの仮想通貨(暗号資産)が出てきました。

暗号資産の「IRON」「TITAN」です。

某有名ブロガーや某有名士業ユーチューバーなどがTwitterなどで買い煽っていましたので知ってる方もいるかも知れません。

それが買い煽り後、なんと1日で数億分の1になってしまったのです。

1億円買っていても1日で紙切れ同然なんですよ。

歴史的な大暴落と言っても過言ではないでしょう。

今回はこの話の教訓を考えてみたいと思います。

インフルエンサーたちが買い煽った暗号資産の末路

もうブログやTwitterも消しているようですので具体名は出しませんが、某有名ブロガーや某有名士業ユーチューバーなどが「IRON」「TITAN」の暗号資産を買い煽っていました。

某有名ブロガーがブログで

「金融革命」、「錬金術が発見された歴史的イベント」、「資本主義のバグ」

と買い煽れば、

それを引用した某有名士業ユーチューバーは

頭の良い方はぜひ触って考えて欲しい「未来の経済の教科書」

と投稿していました。

これらインフルエンサーには信者も多くいるようで乗った方もいた模様。

海外在住の有名ブロガーも前述の某有名ブロガーの投稿を引用し

とりあえずは、余っているUSDTを、こちらに全ベットしていきます

と投稿していますね。

嘘か誠か1億円くらい投資していた方もTwitter上では見かけましたね。

IRON、TITANとは

「IRON」や「TITAN」はビットコインなどのメジャーな仮想通貨ではなくかなりマイナーなアルトコインです。

マイナーですから少しの資金で値動きが大きくなるんですよ。

インフルエンサーたちが買い煽った結果かはわかりませんが、ここ1ヶ月で数十倍となっていました。

1日で数億分の1に・・・

16日の最高値は64.19ドルでした。

それが翌日には0.000000015109ドルに。。。

実に42億分の1です。

42億円に投資をしていても翌日には1円になってしまったということです。

ちなみに今は少し持ち直してはいますが、それでも数億分の1になっていることには代わりありません。

チャートを見ても0円に限りなく近い状況ですから横線で意味がわからない状況なんですよ笑

暗号資産はまだまだ法律が定まっていない

これと同じことが株の世界で起これば大きな問題となるでしょう。

株価操縦、風説の流布、インサイダー取引などといったルールがありますからね。

しかし、仮想通貨(暗号資産)の世界ではこういった話は検討はされている段階なんですよ。

つまり、自分たちで防衛するしかないのが実情なのです。
ビットコインにしてもアメリカの某有名経営者のTwitter上の発言でかなり上げ下げしてますからね・・・




自分が理解できないものに投資をするな

今回はインフルエンサーがかなり煽って乗ってしまった人も多かったようですが、この手の話にひっかからないためにぜひ肝に命じて置きたいことがあります。

それは

自分が理解できないものに投資をするな
ってことです。記事も書いてます笑

私には理解できなかった日利1.5%のロジック

私は暴落後に「IRON」「TITAN」を知って某有名ブロガーの記事を読みましたが、説明のあった日利1.5%以上になる理屈が理解できませんでした。(現在、そのブログ記事は非公開)

この2つの仮想通貨ちょっと変わった仕組みになっていてIRONを発行する際にTITANが必要なため買われる。そしてそのTAITANはIRONの中にロック。TITANは希少になり、IRON利回りが良くなるという理屈だそうです。(某有名ブロガーの記事によると)

IRONが発行されるとTAITANの利回りがよくなるのはわかりますが、IRONが発行されるとIRONの利回りがよくなるというのは正直、私には理解不能でした・・・

ロックされたTAITANの価格があがるため、IRONの価格が上がるという理屈のようでしたが・・・

ポンジスキームかそれっぽい理屈で釣り上げる目的じゃね?ととしか思えなかったんですよ。

※ポンジ・スキームとは実際に運用をしているわけではなく、出資者から集めたお金を配当としても出資者に分配するというだけの仕組みのこと

つまり、私は理解できませんでしたので「IRON」「TITAN」は投資対象とはなり得なかったということです。

おそらく買ってしまった方の多くは「資本主義のバグ」とか「未来の経済の教科書」とかインフルエンサーの煽り文句で自分で深く考えることなく購入してしまったと思われます。

ですからまずは自分の頭で理解するところから始めるのがおすすめです。

いくらインフルエンサーや知り合いが魅力的な話をして買い煽ってきても自分が理屈を理解できないなら買ってはいけないのです。

インフルエンサーを信用しているからなのでしょうけどね・・・

ちなみに以前、ボヤイス国の詐欺についての記事を書いたことがありましたが、この手の話は200年以上変わってないんですよ。

ウォーレンバフェット氏も

ちなみに世界一の投資家であるウォーレンバフェット氏が、以下のような発言をされています。

何に投資すればよいかと絶えず質問を受ける。
それに対する答えは、
「誰の言うことも信じてはいけない。」
である。
あなた自身がよく知っているものだけに投資するのが、成功への道である

つまり、「自身がよく知っているものに投資をする」逆に言えば「自分がよく理解できないものには投資をしない」ってことです。

バフェット氏もこういう話をしているのは自分がよくわからないIT分野(IBM)に投資をして失敗した経験からなんですよ。



まとめ

今回は「仮想通貨が1日で数億分の1に??インフルエンサー買い煽りに負けるな・・・」と題して暗号資産の「IRON」「TITAN」の大暴落を見てきました。

法律が定まっていない以上、今回の件もインフルエンサーが全部悪いという話にはならないでしょう。

今後も暗号資産を巡っては同様の話が続く可能性がありますし、まずは「自分が理解できないものに投資をするな」や「自身がよく知っているものに投資をする」という話をぜひ肝に命じて起きましょうね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

仮想通貨が「IRON」1日で数億分の1に??
最新情報をチェックしよう!