宝くじは買わない方が良い

宝くじ(年末ジャンボ、サマージャンボ)は買わない方が良い理由

年末となると年末ジャンボ宝くじのCMの頻度がすごいですね。

夏はサマージャンボのCMがすごいです。

今年は10億円だとか・・・

すごいです。

夢がありますね。

宝くじは買うな

しかし、実は年末ジャンボやサマージャンボ宝くじって買わない方がよい商品なんです。

今回はその話を見ていきましょう。

※加筆修正を加えました。

宝くじを買わないほうが良い理由

宝くじを買わないほうがよい理由それは割が悪いからです。

実は日本の宝くじは世界でもっとも割の悪いギャンブルと呼ばれていたりします(笑)

行動経済学などでは「愚か者に課せられた税金」と言われていたりもします。

今回の話を理解した上で税金を払うつもりで買うのならよいのでしょうが・・・。

それでは具体的に宝くじを買わないほうが良い理由を見ていきましょう。

宝くじを買わないほうがよい理由は期待値の低さにあります。

宝くじ1枚の収益の使われ方をみればそれは一目瞭然です。

下記は鳥取県が算出した1枚の宝くじの収益がどのように使われているかのグラフです。

宝くじのしくみ

出所:鳥取県総務部財務課「宝くじのしくみ23年度」

まず41.1%が税金、1%が社会貢献広報費、11.6%が印刷費や売りさばき手数料

そして残った46.3%が当たった方への当選金として使われるのです。

つまり宝くじの期待値は46.3となります。

初めから半分以上目減りする状況でギャンブルしているようなものなのです。

例えば宝くじに1万円ずつ何度も挑戦し続ければ最終的には1回辺り戻ってくる金額は平均4630円で落ち着くってことです。

買えば買うほど平均すればその数字に近づいていきます。

大数の法則ですね。

つまり、統計的に宝くじは買えば買うほど損をするということになります。

(もちろんほんの極一部に大儲けする人もいますけどね)

ちなみに他のギャンブル全般はこんな感じです。

(還元率から算出)

TOTO 49.6%
競艇 74.8%
競輪 75%
オートレース 74.8%
競馬 74.1%
パチンコ 85%(店による)

つまり、他のギャンブルもやればやるほどマイナスになる可能性が高いことがわかると思います。

宝くじよりもTOTOの方がマシってことがわかると思います。

また、ギャンブルのイメージが強い競馬やパチンコよりも宝くじは割に合わないのです。



宝くじを買うくらないなら・・・

宝くじを買うくらいなら私なら株式投資や投資信託、仮想通貨取引なんかをやります。

株式投資、投資信託

まず株式投資や投資信託は前述のギャンブルのように初めから取られる税金や胴元の取り分がありません。

(売買手数料くらいです)

儲かったときに税金が取られる仕組みのため他のギャンブルと比べてかなりぶがよいのです。

また、株式投資や投資信託は経済の成長というプラス面があります。

長期的に買うならば期待値がプラスになる取引が多いのです。

株や投資信託は敷居が高いと思われている方も多いかもしれません。

しかし最近では下記のような100円から買える投資信託やトラノコといったサービスもありますので宝くじを買う金額分投資をするだけでもよいでしょう。

関連記事

100円投資信託の使い方SBI証券、楽天証券、松井証券、岡三オンライン証券、マネックス証券とネット証券会社がこぞってはじめている100円から1円単位で投資信託が買える制度。少額から始められますのでなんかよさそうではあ[…]

100円投資法
関連記事

評判のお釣り投資アプリ【トラノコ】今年の6月からはじまった【おつりで投資トラノコ】というおつり投資アプリの評判がとてもよいです。株式市場でも話題となるフィンテック関連のサービスの1つですね。今回はこのトラノコについて始め[…]

お釣り投資トラノコ
宝くじならハズれれば0ですが投資信託で0になってしまうことは滅多にありません。

また、つみたてNISANISAのように利益の税金が免除になる制度があったり、

iDeCoのように所得控除ができ税金が安くなる制度まであります。

このあたりの制度を利用すればさらにオトクさが高いのです。

宝くじを買うお金があるならこのあたりを購入した方が得となる確率がかなり高いのでおすすめします。

IPO投資

また、こんな方法もあります。

IPO投資です。

IPO投資とは新しく上場する株を買うことで、新規に上場する株はかなり割安な価格で発行されるケースが多くかなり高い確率であがります。

そのためリスクが小さくリターンが大きいためおすすめなんですね。

当たれば大きく、参加にお金が掛からないというのも特徴です。

しかし、人気IPOは購入希望者も多いためなかなか買えないのが(抽選であたらない)のが問題点としてはありますが。

詳しくはこちらをご覧ください。

関連記事

もうすぐ毎年恒例の年末ジャンボ宝くじが発売の季節になりますね。今年こそは当選してやると息巻いて買おうと思っている方ちょっとお待ち下さい。もっとよいお金の使いみちがあるのです。この記事を読んでも買おうと思うなら止めませ[…]

宝くじとIPO投資

仮想通貨

仮想通貨も選択肢に入ります。

こちらは変動が大きいため前述の株式投資や投資信託よりリスクはかなりですが

宝くじを買うことを思えばよいと思います。

また、株式投資や投資信託と比較して当たった時のリターンは大きそうな気配があります。

例えば実際に有名なビットコインなどは昨年だけで21倍になっています。

はじめのころには1円にも満たなかった1ビットコインが今では200万円前後まであがりました。

もし、宝くじを買うつもりで1円のときに1万円くらいかっていれば今は220億ですからね・・・

モナコインなども2ヶ月で44倍になっていたりとリターンはかなり大きかったりもします。

関連記事

モナコインが1日で2倍へ仮想通貨といえばビットコインが有名ですがそれだけはありません。無数の仮想通貨が存在しています。そんな無数に存在している仮想通貨の中でも最近急激に注目されているのがモナコインです。[…]

モナコイン急騰

オススメはバイナンスZaifあたりの取引所ならかなり単価の安い仮想通貨がありますのでそれらをいくつか宝くじを買うつもりで購入することでしょう。

結構夢もありますし、宝くじよりは期待値は高そうな気もします。

当たったときはビットコインのように宝くじ以上のリターンが期待できます。

もし価値がなくなっても宝くじが外れたと思えが同じでしね(笑)

仮想通貨は株や投資信託よりも敷居は高そうですが実は結構簡単に買うことができます。

実際に私がはじめて買った時の話は下記をご覧ください。

関連記事

とうとう買ってしまったビットコイン(仮想通貨)このサイトでも何度かビットコインなどの仮想通貨の話をしてきました。暴騰したかと思えば暴落しますし、値動きが激しすぎてなかなかついていけない感じもあります。そのため[…]

IMG

まとめ

今回は宝くじは期待値低いから買わないほうが得ですよってお話でした。

もちろん1等当たる方もいますし、夢があるのもわかりますが、

かなり確率の低い宝くじで夢を見るくらいなら株や投資信託、(特にIPO投資)、仮想通貨の単価の安いのを宝くじ買ったと思って買ったほうがよい気がしています。

その他お金関連の下記記事もご覧ください。

関連記事

増えているお金を貯めれない人今年は企業の業績を反映して冬のボーナスも増えた企業が多いと聞きます。そのうちどれだけの方がお金を蓄えることができているのでしょうか?総務省が発表している家計調査報告によると日本の世[…]

強制的にお金を貯めよう
関連記事

お金を増やす方法は2つあるお金を増やすための方法は大きくわけて2つあります。それは収入を増やすことと出費を減らすことです。このサイトではここまで収入を増やすという観点のお話が多かったように思います。そこで今回は出[…]

ラチェット効果
関連記事

先日、お金を貯められない人は強制的に貯まるような仕組みを構築しようというお話をしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://ideco-ipo-nisa.com/7449]今回はその続編で[…]

お菓子タバコをやめて投資

読んでいただきありがとうございました。

宝くじは買わない方が良い
最新情報をチェックしよう!