Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
  • iDeCo
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)とは、自分で作る年金制度のこと
  • HOME
  • ブログ
  • iDeCo
  • 【年末調整】個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)での節税額を確認する方法【源泉徴収票】
源泉徴収票でイデコの節税金額がわかる

【年末調整】個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)での節税額を確認する方法【源泉徴収票】

源泉徴収票で個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の節税額を確認


今年から会社員や公務員の方たちも加入できるようになった方が多い個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)。

節税額を確認する方法をご存知ですか?

年末調整でもらった給与所得の源泉徴収票があれば簡単に確認することができます。

今回はその方法をみていきたいと思います。

節税額の確認方法

実際の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)による節税額の確認方法は結構簡単です。

所得税と住民税の節税効果がありますが計算はそれぞれ別となります。

所得税

1.会社からもらった給与所得の源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」から「所得控除後の合計額」を引きます

(これが所得税の計算の基礎になる「課税される所得金額」です)

その数字を下の表に当てはめたものに102.1%をかければ本年の所得税が求められます。

(控除なんかを反映させて計算したのが源泉徴収税額の金額です)

※102.1%を掛けるのは復興特別所得税を計算に反映させるためです。

所得税計算

出所:国税庁WEBページ 所得税速算表

※例えば「課税される所得金額」が700万円の場合には、求める税額は次のようになります。
700万円×0.23-63万6千円=97万4千円

2.個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の節税額を求める場合には「給与所得控除後の金額」から「所得控除後の合計額」を引いた金額(課税される所得金額)に個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)で支払った金額を足します。

(個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)で支払った金額は全額所得控除のため)

その金額を上記の所得税の速算表にあてはめ102.1%をかければ本年の所得税が求められます。

3.2で求めた所得税と1で求めた所得税の差が個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)で節税できた所得税の金額となります。


住民税

住民税も同様に計算できますが、基本は住民税は10%の税率ですのでそちらで計算すればよいでしょう。

つまり、払った金額✕10%が概算の節税額となります。

(正式な書類は6月くらいに届きます)

節税できた金額をどうするのか?

節税できたわーいと無駄つかいしてしまってはせっかくの節税がもったいないことになります。

上記記事に書いたようにその部分を投資に回せばより高い効果を生み出せます。

とくにつみたてNISAなんか最適な投資先だと思いますのでぜひ検討してみてください。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)をはじめてない方の節税額も予想できる

同じやり方で個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)をまだはじめてない方の節税期待額も計算することができます。

これだけ払う予定という金額を「課税される所得金額」から引いてみて所得税がどれだけになるかを比較してみてください。

それと住民税の節税効果としてこれだけ払う予定という金額に10%掛けてください。

その合計が個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)始めた場合に節税できる金額です。

まとめ

今回は個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の節税額を確認する方法でした。

さらにその節税額を投資に回すことで複利でより大きな効果を期待できるでしょう。

ぜひ試してみてくださいね。

なによりまだ個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)をはじめてない方はぜひ自分の節税額を確認してみてください。

投資での利益を別にしてそれだけの効果が期待できるのです。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入するならこの5社から選ぼう

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を始めるならまずは金融機関を決める必要があります。しかし、たくさんあってどこにしたらよいのかわからない方も多いでしょう。簡単に決めてしまう方もおおいかもしれませんが、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の場合、金融機関ごとの違いがとても大きいですから慎重に選びたいところです。

私が今もし、新たに加入するなら今回のSBI証券か楽天証券、マネックス証券、松井証券、イオン銀行の5択の中から決めます。この5つは運営管理機関手数料は無料です。(国民年金基金連合会の手数料等は各社共通で掛かります。)また、運用商品もインデックスファンドを中心に低信託報酬の商品が充実しています。順番に見ていきましょう。

マネックス証券

その中でもマネックス証券 iDeCoが筆頭候補となります。

信託報酬がほとんど最安値水準でスキがありません。

特にeMAXIS Slim先進国株式インデックスが買えるのが大きいですね。

また、最近、一番人気のひふみ年金もラインナップに追加されさらにスキがなくなりました。

松井証券

松井証券のiDeCoは取扱商品が12本と少ないですが、マネックス証券と同様にeMAXIS Slimシリーズを取り揃え信託報酬が最安値水準となっています。

抑えるところは抑えた感じがありますね。逆に本数が少ないことにより選びやすさは増しており初心者向けの筆頭候補といってもよいかもしれません。

また、35本制限まで余裕があるというのは最後発の強みですね。

1番人気のひふみ年金の取扱もあるのもポイント高いです。

SBI証券

次はSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」かな。

SBI証券はたくさんの運用商品があり、信託報酬も安いものも多くあります。

そのため選択の楽しさがあるでしょう。

また、ひふみ年金やジェイリバイブのようなアクティブファンド、iFree8資産やダウ、グローバル中小などの人気商品の取扱もポイント高いですね。

また、11月からセレクトプランなる新しいプランができます。

これにより商品的にも他に負けないだけのものになりました。

ちなみに既存加入者も無料でプラン変更可能となっています。

また、SBI証券は確定拠出年金について古くから携わっており、5社の中で1番の老舗で安心感が高いのも大きいと思います。

イオン銀行

イオン銀行iDeCoはたわらシリーズが充実していたり、ひふみ年金の取扱があります。

このあたりに興味持つ方は選択肢として全然ありです。

また、イオン銀行だけ他へ移るときの手数料が無料なのも個人的にポイント高いです。
イオン銀行iDeCo

楽天証券

楽天証券 確定拠出年金は楽天スーパーポイントがたまったり、人気のセゾン投信なんかにも加入できます。

また、楽天・全世界株式インデックス・ファンドと楽天・全米株式インデックス・ファンドといった人気商品の取扱も魅力です。

総合して考えるとこの5つのどれかに加入すれば後悔はないかなと思います。

他の運営管理機関もぜひがんばってほしいところですね。

なお、商品の選び方はこちらの記事を参考にしてくださいね。

読んでいただきありがとうございました。

ブログランキング参加中です

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
idecoブログランキング
人気ブログランキングへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。