【年末調整】個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)での節税額を確認する方法【源泉徴収票】

源泉徴収票でイデコの節税金額がわかる

源泉徴収票で個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の節税額を確認


今年から会社員や公務員の方たちも加入できるようになった方が多い個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)。

節税額を確認する方法をご存知ですか?

年末調整でもらった給与所得の源泉徴収票があれば簡単に確認することができます。

今回はその方法をみていきたいと思います。

節税額の確認方法

実際の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)による節税額の確認方法は結構簡単です。

所得税と住民税の節税効果がありますが計算はそれぞれ別となります。

所得税

1.会社からもらった給与所得の源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」から「所得控除後の合計額」を引きます

(これが所得税の計算の基礎になる「課税される所得金額」です)

その数字を下の表に当てはめたものに102.1%をかければ本年の所得税が求められます。

(控除なんかを反映させて計算したのが源泉徴収税額の金額です)

※102.1%を掛けるのは復興特別所得税を計算に反映させるためです。

所得税計算

出所:国税庁WEBページ 所得税速算表

※例えば「課税される所得金額」が700万円の場合には、求める税額は次のようになります。
700万円×0.23-63万6千円=97万4千円

2.個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の節税額を求める場合には「給与所得控除後の金額」から「所得控除後の合計額」を引いた金額(課税される所得金額)に個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)で支払った金額を足します。

(個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)で支払った金額は全額所得控除のため)

その金額を上記の所得税の速算表にあてはめ102.1%をかければ本年の所得税が求められます。

3.2で求めた所得税と1で求めた所得税の差が個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)で節税できた所得税の金額となります。


住民税

住民税も同様に計算できますが、基本は住民税は10%の税率ですのでそちらで計算すればよいでしょう。

つまり、払った金額✕10%が概算の節税額となります。

(正式な書類は6月くらいに届きます)

節税できた金額をどうするのか?

節税できたわーいと無駄つかいしてしまってはせっかくの節税がもったいないことになります。

上記記事に書いたようにその部分を投資に回せばより高い効果を生み出せます。

とくにつみたてNISAなんか最適な投資先だと思いますのでぜひ検討してみてください。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)をはじめてない方の節税額も予想できる

同じやり方で個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)をまだはじめてない方の節税期待額も計算することができます。

これだけ払う予定という金額を「課税される所得金額」から引いてみて所得税がどれだけになるかを比較してみてください。

それと住民税の節税効果としてこれだけ払う予定という金額に10%掛けてください。

その合計が個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)始めた場合に節税できる金額です。

まとめ

今回は個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の節税額を確認する方法でした。

さらにその節税額を投資に回すことで複利でより大きな効果を期待できるでしょう。

ぜひ試してみてくださいね。

なによりまだ個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)をはじめてない方はぜひ自分の節税額を確認してみてください。

投資での利益を別にしてそれだけの効果が期待できるのです。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入するならこの4社

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を始めるにはまずどこの金融機関で始めるのかを決めなくてはなりません。

たくさんの金融機関、証券会社が取扱をはじめていますので迷う方も多いと思います。

私が今もし、加入するならSBI証券かイオン銀行、楽天証券、マネックス証券の4択で決まりだとおもいます。

その中でもマネックス証券 iDeCoが筆頭候補となります。
信託報酬がほとんど最安値でスキがありません。

次点がSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」かな。
SBI証券はたくさんの運用商品があり、信託報酬も安いものも多くあります。
そのため選択の楽しさがあるでしょう。
また、ひふみ年金やジェイリバイブのようなアクティブファンド、iFree8資産やダウ、グローバル中小などの人気商品の取扱もポイント高いですね。

イオン銀行iDeCoはたわらシリーズが充実していたり、ひふみ年金の取扱があります。
このあたりに興味持つ方は選択肢として全然ありです

楽天証券 確定拠出年金は楽天スーパーポイントがたまったり、セゾン投信なんかに加入できます。
また、楽天・全世界株式インデックス・ファンドと楽天・全米株式インデックス・ファンドといった人気商品も取扱があります。

総合して考えるとこの4つのどれかに加入すれば後悔はないでしょう。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)のおすすめ4社の詳しい解説は下記をご覧ください。




つみたてNISAを始めるならSBI証券がオススメ

節税で浮いた分を投資するのに最適なのがつみたてNISAです。
つみたてNISAはイデコのように節税効果はありませんが、20年間は非課税で運用することができる制度です。

こちらもどこの金融機関で始めるのかを決める必要があります。

選ぶ際のポイントは取扱商品注文の仕方です。

それらを勘案すると現状SBI証券がちょっと飛び抜けてよい感じがしますね。

ちなみに私もSBI証券でつみたてNISAを始めています。

取扱商品数が最大で、なにより注文の自由度がかなり高いです。

SBI証券の資料請求等はこちらから

その他金融機関はこちらをご覧ください。

まとめ

今回はタバコやお菓子を辞めてその部分を投資に回したら?というお話でした。

タバコやお菓子にかぎらずギャンブル辞めるのでもいいでしょうし、コーヒー一杯をやめること、ランチのランクを落とすのでも良いでしょう。

それらをすることで1日に500円を浮かすことができれば今回のような事が可能となります。

500円が無理なら1日100円でもある程度の効果は見込めます。

ぜひ検討してみてくださいね。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)については下記の記事も合わせて読んでいただくと理解しやすいと思います。





読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
idecoブログランキング
人気ブログランキングへ

ピックアップ記事

  1. COMSAでICO
    日本でICOができるCOMSA ビットコインが分割イベントが終わっての安堵感から急上昇…
  2. おすすめ投資商品
    今投資するならこれだ! 今年に入り株式相場の乱高下がすごいですね。 そんな環境下…
  3. イデコ運営管理機関変更
    個人型確定拠出年金(iDeCO)の加入対象範囲から1年 個人型確定拠出年金(iDeCO…
  4. 松井証券ideco参入
    松井証券がとうとう個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に参入 最近競争も一段落した…
  5. 20代でイデコに入る
    年代ごとに違う個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)のおすすめ iDeCoはこのペー…
  6. 年金受給額
    個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)にいくら掛けるか問題 個人型確定拠出年金(iD…
  7. 50代からのideco
    年代ごとに違う個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)のおすすめ iDeCoはこのペー…
  8. スタバ指数
    今日のモーニングサテライトで変わった言葉がでてきました「スタバ指数」です。 今回はこのスタバ指…
ページ上部へ戻る