外貨建てMMF(マネー・マーケット・ファンド)ってなに?一時的な外貨のプール先として最適化かも

先日、楽天証券が投資信託販売でトップになったという報道にSBI証券が噛み付いたという記事を書きました。

その理由としては楽天証券は外貨建 MMF 及び確定拠出年金(DC・iDeCo)を含んで、SBI証券は外貨建 MMF 及び確定拠出年金(DC・iDeCo)を含まず計算されたもので比較されたから平等でないだろってものでした。
その記事を読んだ読者様から外貨建 MMFってなんだっけ?って質問が来ましたので今回は外貨MMFについて解説していきます。

外貨建てMMFとは

外貨建てMMFとは外貨建ての投資信託の一種です。

マネー・マーケット・ファンドの略で変動リスクもありますが、かなり安全運用方法、投資先であるため外貨の一時的なプール先として利用が多くなっていますね。

私も外貨で運用している部分で余ったお金や一時的な乗り換えのタイミングで外貨があるときは外貨建てMMFにしていますね。

外貨建てMMFの投資先

外貨建てMMFの投資先は公社債が中心となっています。

そのためかなり安全な運用が可能です。

元本割れの可能性もないことはありませんが過去に元本割れしたケースはエンロン事件のときに1度だけなんですよ。

しかもすべての銘柄ではなく一部という安全さです。

なお、具体的な運用方法や運用先は外貨建てMMFの種類によって異なります。詳しくは後述します。

外貨建てMMFのメリット

外貨建てMMFの最大のメリットは購入や解約がかなり簡単に行なえることでしょう。

換金性が優れていますので外貨の一時的なプール先として利用しやすいのです。

それでいてそれなりの利回りがありますのでそのまま証券口座にいれっぱなしにしておくよりはいいんですよ。

外貨建てMMFと外貨預金の違い

外貨建てMMFと似た商品で外貨預金があります。

大きな違いは利回りです。

外貨建てMMFのほうが利回りがよくなっているのです。

また、外貨建てMMFのほうが少額から投資が可能というのも魅力ですね。

ただし、前述のように預金と違って元本割れのリスクが多少ある点はデメリットとなるでしょう。

なお、外貨預金も外貨MMFもペイオフの対象外です。

このあたりはリスクでありデメリットとなっています。

ただし、外貨MMFは分別保管の対象となっており、証券会社等が破綻しても資産が失われることはありません。

このあたりは外貨MMFのメリットですね。

外貨建てMMFの手数料

外貨建てMMFの購入時や売却時(解約時)には取引手数料はかかりません。

しかし、為替手数料(スプレッド)が発生します。

また、分配金等については株や投資信託と同じく20.315%の所得税等が掛かってきます。

なお、外貨建てMMFは特定口座で処理されますので確定申告等は不要です。(自動計算で源泉徴収される)

外貨建てMMFのリスク

外貨建てMMFは元本割れの可能性は多少あるくらいです。

しかし、その他にリスクがあります。

それは為替変動リスクです。

例えば1ドル100円のときに1万通貨(100万円分)投資した場合、売却時に1ドル115円になると評価額は115万円となり、15万円の利益となりますが、1ドル95円となった場合は評価額が95万円となり、5万円の損失となります。

米ドルベースで元本割れしてなくても日本円で換算すると元本割れということは起こり得るのです。

ですから外貨建てMMFを利用するなら為替の動向には注意したいですね。

私は外貨建てMMFは一時的なプール先として考えていますので売却(解約)する際に日本円とせず、米ドルのまま保有していますね。

それならその時点の為替変動をそれほど気にしなくても良くなります。

外貨建てMMFはどこで買える?

外貨建てMMFは多くの証券会社などの金融機関で扱いがあります。

ちなみに外貨建てMMFはどこで買っても同じではありません。

前述した為替手数料(スプレッド)が金融機関によりかなり違うんですよ。

オトクに外貨建てMMFを利用するならSBI証券と住信SBIネット銀行を利用するのがおすすめです。

住信SBIネット銀行の為替手数料(スプレッド)は片道4銭からとなっています。

野村證券や大和証券の為替手数料(スプレッド)は片道50銭からです。

SBI証券と住信SBIネット銀行の組合わせなら大手対面証券会社の10分の1位で済むんですよ。

塵も積もれば・・・ではありませんがこういうところから気にしたいところですね。




主な外貨建てMMF(米ドル建て)銘柄

外貨建てMMFといってもいろいろな種類があります。

例えばSBI証券で取引可能な外貨(米ドル)建てMMFは4本もあるんですよ。

利回り等も異なっています。※利回りは時期によりかなり変動しますのでご注意ください

それぞれの特徴を見ておきましょう。

ノムラ・グローバル・セレクト・トラスト(米ドル)

まずは2021年11月30日時点でSBI証券で取引可能な外貨(米ドル)建てMMFで一番利回りが良い「ノムラ・グローバル・セレクト・トラスト(米ドル)」です。

利回り:0.077%(2021年11月30日時点)
あります。
預金と比較すれば高い利率となっていますね。
投資方針としては以下となっています。
元本の確保と流動性の維持を図りつつ、短期金利の水準に沿った安定した収益を追求します。ファンドは、主に、高い信用度と流動性を有する各ファンド通貨建ての公債短期金融商品への分散投資、および現金、預金への投資により、この投資目的の達成を目指します。
出典:ノムラ・グローバル・セレクト・トラスト(米ドル) 目論見書

ニッコウ・マネー・マーケット・ファンド(米ドル)

次は「ニッコウ・マネー・マーケット・ファンド(米ドル)」です。
利回り:0.073%(2021年11月30日時点)
「ノムラ・グローバル・セレクト・トラスト(米ドル)」と利回りはかなりの僅差ですね。
投資方針としては以下となっています。
質の高い金融市場証券に投資することにより、元本を維持し流動性を保ちながら、好収益を得ることを目的とする。管理会社は1口当たり純資産価格を1米セント、1豪セント、1カナダ・セント、1ニュージーランド・セントに維持するよう最善を尽くすものとする。
出典:ニッコウ・マネー・マーケット・ファンド(米ドル) 目論見書

ブラックロック・スーパー・マネー・マーケット・ファンド(米ドル)

次は「ブラックロック・スーパー・マネー・マーケット・ファンド(米ドル)」:です

利回り:0.049%(2021年11月30日時点)
「ノムラ・グローバル・セレクト・トラスト(米ドル)」などと比較すると利回りは低くなっています。
投資方針としては以下です。
アメリカのマネー・マーケット商品群へ投資します。銀行引受手形、債務証書、譲渡性預金証書、短期国債、コール勘定を含みます。 ポートフォリオは、60日以下の加重平均満期および120日以下の加重平均残存年限を維持することを目標とし、発行時の満期または残存期間が397日以下の証券のみに投資します。
出典:ブラックロック・スーパー・マネー・マーケット・ファンド(米ドル) 目論見書

ゴールドマン・サックス(米ドル)

最後は「ゴールドマン・サックス(米ドル)」です。

利回り:0.007%(2021年11月30日時点)
「ノムラ・グローバル・セレクト・トラスト(米ドル)」などと比較すると利回りがかなり低くなっていますね。
10分の1以下となっていますのであえてこれを選ぶ必要はないかと・・・
投資方針としては以下となっています。
購入時において満期まで397日以下の証券、証書および債務に投資し、60日以下の加重平均満期と、120日以下の加重平均残存年限を維持します。受益証券は米ドル建てであり、受益証券1口当たり1米ドルの安定した純資産価格を達成することを目指します。なお、株式への投資は行いません。
出典:ゴールドマン・サックス(米ドル) 目論見書




まとめ

今回は「外貨建てMMF(マネー・マーケット・ファンド)ってなに?一時的な外貨のプール先として最適化かも」と題して外貨建てMMFについて見てきました。

外貨建てMMFは購入や解約がかなり簡単に行なえますし、換金性が優れています。

そのため、外貨で運用している資金の一時的なプール先として最適なんですよ。

一時的でも運用したいって方は利用を検討してみてください。

外貨建てMMFを利用する際も為替手数料や取り扱い種類を考えるとSBI証券がおすすめですね。

SBI証券
5

SBI証券は商品ラインナップや注文の仕方などが優れています。
また、三井住友カードとの連携で投資信託購入でのポイントが貯まるのも嬉しい。
ネット証券開設するなら持っておきたい口座の筆頭でしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

外貨建MMFとは
最新情報をチェックしよう!