iDeCo加入者増加中

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の11月までの加入者推移。70万人突破!!

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の11月までの加入者推移

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の11月までの加入者状況が国民年金基金によって発表されましたのでご紹介したいと思います。

iDeCo加入者数推移

(出典:国民年金基金イデコWEBページ)

平成29年11月時点の加入者は

第一号加入者が108,999人(うち当月新規加入者数3,193人)

第二号加入者585,815人(うち当月新規加入者数22,356人)うち共済組合員124,162人(うち当月新規加入者数5,880人)

第三号加入者が17,267人(うち当月新規加入者数1,112人)

となっています。

トータルでは712,081人(うち当月新規加入者数26,661人)

と今月も全体で26,661人もの新規加入者がありました。

今年からサラリーマンや公務員などが加入できるようになりどんどん加入者が増えてきています。

少し落ち着き始めた感もありますがそれでもすごい伸びですね。

また、面白いのが元々加入ができた第一号加入者も大きく増えていることです。

おそらく第二号加入者の門戸が大きく開いたことで知名度があがり、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を知ったかたも多いのかもしれませんね。

登録事業者数も291,236事業所とこちらもすこしずつですが増加していますね。

先日、イデハラについて書きましたがここに入っている事業所は問題ないところってことです。

イデハラがなくなればもっと加入者が増えるでしょう。

総務、人事、経理の担当者の方はお願いですから個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の知識をつけてください。

関連記事

先日、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を勧めておいた友人から連絡がありました。 会社の総務担当に話をしたら個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の加入をやめてくれっていってきたとのこと。 詳しく話を聞いてみるとこう言わ[…]

イデハラに悩む女子社員

ちなみに第一号加入者は自営業の方、第二号加入者は会社員の方、共済組合員は公務員の方、第三号加入者は専業主婦の方です。


個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)掛金額分布

加入者状況と合わせて加入者の掛金額の分布及び平均も発表されていましたので合わせてご紹介します。

iDeCo加入者の掛金額分布

(出典:国民年金基金イデコWEBページ)

こちらは先月までとそれほど変わっていませんね。

自営業者である第一号平均がすこし増えて第2号と第3号が少し減った感じです。

第一号加入者は2つの山がある感じですね。

1つは65000円超えのおそらく満額もしくは67000円加入者の方です。

第一号加入者の内20%くらいがこちらとなっています。。

逆に15000円〜10000円の方も22%くらい

10000円〜5000円の方も25%くらいと合わせて半分近くがここに分布されています。

かなり両極端な結果となっています。

おそらく国民年金基金と両方掛けている方もいるようですのでそのあたりもあるかもしれませんね。

個人的には国民年金基金はオススメできかねる商品なんですがね・・・・

第二号加入者は加入できる満額を掛けている方が多いようです。

10000円〜15000円までと20000円から25000円が飛び抜けて多くなっています。

第三号加入者の方も第三号加入者が加入できる最高である20000円〜が7割近くを占めていますね。

第三号加入者は節税にはあまりならない部分もあるので加入する際は少しご注意ください。

関連記事

iDeCo(個人型確定拠出年金)はかなりお得な制度ですので加入者がすごい勢いで伸びています。 また、いろんなところで話題になっていますので飛びついて加入する人も多いでしょう。 しかし、ちょっと冷静になってください。 実はi[…]

iDeCO加入しないほうが良い場合
関連記事

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)と同じ枠で選択をすることになる制度として国民年金基金という制度があります。 そう。優香がCMしているアレです。 個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)をやってらっしゃる方は国民年金基金連[…]

イデコ対国民年金基金

掛金平均

掛金の平均は

第一号 27,170円

第二号 14,440円

企業年金ありの場合は10,554円

企業年金なしの場合は16,123円

共済組合員の場合は11,159円

第三号 16,564円

となっています。

全体平均だと16,440円となっています。

まあ、12000円しか掛けれない方も多いですのでこんなもんでしょうか。

こちらはすこし平均が減ってきている感じですね。

1号(自営業者)の平均は上がっていますが、2号(サラリーマンなど)が減っている感じですね。

全体が下がっているのは特に掛金が少ない方(第二号)の加入が増えていることも大きいと思われます。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入するならこの4社から選ぼう

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を始めるにはまずどこの金融機関で始めるのかを決めなくてはなりません。

たくさんの金融機関、証券会社が取扱をはじめていますので迷う方も多いでしょう。

私は今もし、加入するならSBI証券かイオン銀行、楽天証券、マネックス証券の4択で決まりだとおもいます。

その中でもマネックス証券 iDeCoが筆頭候補となります。
信託報酬がほとんど最安値でスキがありません。

特に下記のeMAXIS Slim先進国株式インデックスが買えるのが大きいですね。

関連記事

eMAXIS Slim先進国株式インデックス信託報酬値下げ すごいニュースがでました。 先日速報でお知らせしたEXE-Iつみたて先進国株にeMAXIS Slim先進国株式インデックスが対抗してきました。 今回はこの件をみていき[…]

先進国株式値下げ

次点がSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」かな。
SBI証券はたくさんの運用商品があり、信託報酬も安いものも多くあります。
そのため選択の楽しさがあるでしょう。
また、ひふみ年金やジェイリバイブのようなアクティブファンド、iFree8資産やダウ、グローバル中小などの人気商品の取扱もポイント高いですね。

イオン銀行iDeCoはたわらシリーズが充実していたり、ひふみ年金の取扱があります。
このあたりに興味持つ方は選択肢として全然ありです

楽天証券 確定拠出年金は楽天スーパーポイントがたまったり、セゾン投信なんかに加入できます。
また、将来的に楽天・全世界株式インデックス・ファンドと楽天・全米株式インデックス・ファンドといった人気商品の取扱も期待できます。

総合して考えるとこの4つのどれかに加入すれば後悔はないかなと思います。

他の運営管理機関もぜひがんばってほしいところですね。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)については下記の記事も合わせて読んでいただくと理解しやすいと思います。

関連記事

iDeCo(個人型確定拠出年金)は何度かブログで紹介しておりますが大変お得な制度です。 しかし、全く勉強しなくてもOKというものでもありません。 そうはいってもなかなかこのために勉強するのって大変ですよね。 そこで私がオス[…]

ideco読んでおきたい本
関連記事

1月に公務員やサラリーマンでも加入できるようになりましたのでiDeCo(個人確定拠出年金)をやっている人はかなりすごい勢いで増えているそうです。 また、企業型確定拠出年金の加入企業も時流に乗って徐々に増えていっています。 しかし[…]

iDeCoで定期預金
関連記事

アセットアロケーションをどうするかで投資結果の9割が決まると現代ポートフォリオ理論では言われています。 デイトレードやIPO投資などの短期的な投資の場合はそうでもないと思いますが、個人型確定拠出年金(iDeCo)やつみたてNISAは長[…]

アセットアロケーション
関連記事

急に寒くなってきましたね。寒くなってくるとやってくるのが年末調整です。 めんどくさいな・・・って思う方も多いかもしれません。 しかし税金が戻ってくる方が多いでしょうからちゃんとやってきましょう。 ※加筆修正を加えました。 […]

イデコの年末調整・確定申告の方法
関連記事

年末調整編に続いて今回は個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の確定申告編です。 サラリーマンの方などで年末調整を会社が行ってくれる方で他に特別な事項がなければ確定申告はいりません。 しかし、自営業の方や年末調整で個人型確定拠[…]

イデコの確定申告方法
また、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)のおすすめ4社の詳しい解説は下記をご覧ください。
関連記事

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の競争が小休止? 今回は楽天証券の魅力について見ていきたいと思います。 最近はつみたてNISAの受付が始まり、そちらに各社力を入れているためか個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の競争がち[…]

楽天証券イデコの魅力
関連記事

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の競争は一段落? 今回はSBI証券のイデコついての魅力について考えてみたいと思います。 つみたてNISAの受付が始まり、そちらに各社力を入れているためか個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)[…]

SBI証券イデコの魅力
関連記事

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の競争は一段落? 今回はマネックス証券の魅力について考えてみたいと思います。 最近はつみたてNISAの受付が始まり、そちらに各社力を入れているためか個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の競[…]

マネックス証券のイデコ
関連記事

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の競争が小休止? つみたてNISAの受付が始まり、そちらに各社力を入れているためか個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の競争がちょっと小休止した感があります。 最近、新しい商品の追加や新し[…]

イオン銀行イデコ
読んでいただきありがとうございました。

 

iDeCo加入者増加中
最新情報をチェックしよう!