楽天キャッシュ決済での投信積立が6月19日スタート。キャンペーンも実施中

改悪続く楽天経済圏。

その中で朗報なのが楽天キャッシュ決済での投信積立の開始です。

楽天カード決済とは別枠でカウントされるとのことですから投信積立の枠を広げたい方には嬉しい話ですね。

楽天キャッシュ決済での投信積立が6月19日と発表されました。

そこで今回は楽天キャッシュ決済での投信積立について解説していきます。

また、キャンペーンも実施されていますので合わせてご紹介しましょう。

なお、ユーチューブ版はこちらからご覧いただけます。合わせて御覧ください。

楽天キャッシュ決済での投信積立とは

楽天キャッシュでの投資信託積立

出典:楽天証券 2022年4月以降の新サービス開始および各種ポイントサービス等見直しについて より

ちょっとわかりにくい仕組みですが、簡単に言えば楽天の電子マネー「楽天キャッシュ」で投資信託が買えるようになるということです。

今まで楽天ポイントでは投資信託を買うことが可能でしたが、「楽天キャッシュ」ではできなかったんですよ。

楽天キャッシュは楽天カードからのオートチャージに対応(予定)とのことですから入金の手間がなく、投資信託の積立投資にも使えるんですよ。

初期の設定は必要ですが、その後は楽天カードでの投信積立とほぼ同じ感じに利用ができると思われます。

なお、楽天カードから楽天キャッシュにチャージする際に0.5%のポイントが還元されますので、通常に投資信託を買うよりもお得なんですよ。(後述しますが、キャンペーンで2022年買付分まではさらに0.5%のポイント還元があります)

開始スケジュール

楽天キャッシュでの投信積立の開始スケジュールは以下のとおりです。

・2022年6月19日より楽天キャッシュ決済での投信積立設定を受付開始
なお、買付は2022年8月分から予定とのことです。

メリットは投資枠が増えること

楽天キャッシュ決済で投信積立をできることの最大のメリットは、投信積立の枠が増えることです。

クレジットカードを利用した投信積立は各社横並びで上限が5万円となっています。

もう少し増えると嬉しいという意見をよくみかけますが、それはなかなか厳しいんですよ。

上限が各社共通なのは金融庁がクレジットカードなど与信に基づいて有価証券を購入する場合、「月額10万円まで」「積み立て」を必須条件としているためです。

曜日の関係によっては約定日が同月になるケースがあると月額10万円までに引っかかる可能性があるので上限の半分である月5万円が上限になってしまっているんですよ。

それを回避する策として楽天証券が考え出したものかもしれませんね。

楽天キャッシュ決済での投信積立と楽天カードの投信積立を併用すれば楽天証券だけで毎月10万円まで投信積立ができるようになります。

積立指定日が選べる

他にも小さいですが、メリットがあります。

それは楽天キャッシュ決済の投信積立は積立指定日が1日〜28日の間で選べることです。

クレジットカードだと各社とも決まった日に購入となります。

それが気持ち悪かったり、同じ日に集中しちゃうのは避けたいという方も多いでしょう。

それが避けられるんですね。

これは地味にありがたい話となります。

楽天キャッシュとは

なお、楽天キャッシュとは楽天のオンライン電子マネーのことです。

楽天市場、楽天トラベル、ラクマなどのインターネットサービスと、楽天ペイアプリ加盟店などでお支払いにご利用いただけます。

楽天ポイントと楽天キャッシュで利用できる場面等にはそこまで大きな違いはありません。

出金や送付、受け取りができるかどうかと、有効期限と利用限度額に違いがあるんですよ。

※スマートフォンの方はスクロールしてお読みください。

有効期限利用限度額
楽天キャッシュ10年
ただし、「チャージする、送付する、受け取る」のいずれのご利用があれば有効期限が切れることはありません
月1,000,000円まで(ポイント利用と合算)
楽天ポイント(通常ポイント)1年(ポイントが付与された月の翌年同月の前月末日まで)
ただし、期限までに新たに通常ポイントを獲得すれば有効期限が切れることはありません
ダイヤモンド会員:月500,000ポイントまで
その他:1回30,000ポイント、月100,000ポイントまで

詳しくはこちらの記事を御覧ください。

ちなみに楽天ギフトカードで買えるのも楽天キャシュに変わっています。
うまく買えばお得にできますよ。詳しくはこちらの記事を御覧ください。




楽天キャッシュ決済での投信積立開始を記念したキャンペーン

楽天キャッシュ決済での投信積立開始を記念したキャンペーンがいくつかありますのでご紹介しましょう。

12月買付分まで最大1%還元

まず、キャンペーンで投信積立で楽天キャッシュ利用額に対して0.5%分のポイント還元を追加で提供されます。

キャンペーン期間は以下の通り。

2022年8月買付分〜12月買付分
つまり、元々あるチャージ時の0.5%ポイントと合わせて1%の還元ですね。
前述した楽天カードの投信積立のポイント減に合わせた感じとなっています。
投信積立の決済方法を楽天カードクレジット決済から楽天キャッシュ決済(楽天カードからチャージ)に切り替えることもできますから枠を増やしたくない方はこの楽天キャッシュ決済に切り替えてもよいでしょう。
ポイント還元率の変更スケジュール

出典:楽天証券 2022年4月以降の新サービス開始および各種ポイントサービス等見直しについて より

楽天キャッシュにチャージで1万円分が当たる

次は抽選のキャンペーンです。

投資積立での楽天キャッシュ決済開始直前を記念して、楽天キャッシュに楽天カードからチャージすると抽選で100名に楽天キャッシュ1万円分が当たるというキャンペーンです。

抽選ですから当たればラッキーくらいなもんですけどね。

なお、条件は以下のとおり

キャンペーン期間中に下記①~③を達成した方
①エントリー
②楽天ポイントコース設定
③楽天ペイアプリ上で楽天カードから楽天キャッシュへ1,000円以上チャージ
キャンペーン期間は以下です。
2022年5月23日(月)10:00~2022年6月17日(金)23:59

フォロー&リツィートで10,000円分のギフト券プレゼント

次も抽選のキャンペーンですね、

楽天キャッシュ決済開始直前を記念してフォロー&リツイートでギフト券(giftee Box)がもらえるというものです。

なお、プレゼントされるギフト券の数はリツイートされた合計数に応じて変わります。

  • 合計RT数が5,000RT達成:10,000円分のギフト券を3名様
  • 合計RT数が1万RT達成:10,000円分のギフト券を5名様
  • 合計RT数が2万RT達成:10,000円分のギフト券を10名様

なお、条件は以下のとおり

キャンペーン期間中に、楽天証券公式Twitterアカウント(@RakutenSec)をフォローし、本キャンペーンのツイートをリツイートいただいた方の中から抽選で最大10名様に10,000円分のギフト券(giftee Box)をプレゼント!
キャンペーン期間は以下です。
2022年5月31日(火)16:00 ~ 2022年6月30日(木)23:59




楽天証券+楽天キャッシュの優先度は低めか?

たたし、クレジットカードを使った投信積立は他社もこれだけ参入しています。

SBI証券+三井住友プラチナカード:2%

マネックス証券+マネックスカード:1.1%

SBI証券三井住友カード ゴールド(NL):1%

auカブコム証券+auPayカード 1%

楽天証券楽天カード:1%(2022年8月買付分まで)

SBI証券三井住友カード(NL):0.5%

SBI証券東急カード:0.5%〜3%(東急グループのサービス利用状況等に応じる)

楽天証券楽天カード(楽天キャッシュ利用):0.5%

・tsumiki証券+エポスカード:0.5%

楽天証券楽天カード:1%or0.2%(2022年9月買付分から)

・高島屋ファイナンシャルパートナーズ+高島屋カード:1年目0.1%、3年目以降0.2%、5年目以降0.3%

セゾンポケット+セゾンカード:つみたて累計6回で5,000円について1ポイント

ですから楽天証券にこだわらないなら楽天キャッシュを始めるよりも他の証券会社を選択したほうがお得かもしれません。

上記の通り、還元率から考えて他よりも優先度は低めなんですよ。

クレカ投信積立に参入してない松井証券も5%還元のキャンペーンやってますしね。

私はどうするか・・・

個人的には現在、マネックス証券+マネックスカード5万円、SBI証券+三井住友カードゴールド(NL)5万円、auカブコム証券+auPayカード5万円、楽天証券+楽天カード5万円の合計20万円をクレジットカードで毎月投信積立をしています。

そこに楽天証券+楽天キャッシュ決済5万円を追加しようか迷っているところです。

楽天証券+楽天カードの条件は2022年9月買付分から改悪しますので、楽天証券+楽天カードよりも多くのインデックス型の投資信託なら楽天証券+楽天キャッシュ決済の方がお得ですからそちらに乗り換えるのも手かもしれません。

楽天証券+楽天キャッシュ決済を追加するか、楽天証券+楽天カードを楽天証券+楽天キャッシュ決済に入れ替えるかどちらかですね。

なお、楽天証券+楽天カードの改悪の内容はこちらの記事を御覧ください。




まとめ

今回は「楽天キャッシュ決済での投信積立が6月19日スタート。キャンペーンも実施中」と題して楽天キャッシュでの投信積立をご紹介しました。

通常に投資信託を買うよりもお得ですから選択肢の一つにはなりそうですね。

ただし、前述したとおり、現状は他のクレジットカードを利用した方がお得なので、自身の投資額と相談して検討してみてください。

具体的な設定方法等はこちらの記事で解説しております。

お知らせ:You Tubeはじめました。

You Tube「お金に生きるチャンネル」をはじめました。

You Tubeでも少しでも皆様のお役に立てる動画を定期的に発信していきますのでチャンネル登録をぜひよろしくお願いいたします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

楽天キャッシュ決済での投信積立が6月19日スタート
最新情報をチェックしよう!