SBI証券のIPOチャレンジポイントのインフレ再び?IPO・PO銘柄購入でIPOチャレンジポイントゲットキャンペーン

SBI証券が期間限定で大きなキャンペーンを実施します。

公募増資・売出(PO)でIPOチャレンジポイントがプレゼントされるのです。

これはかなりのチャンスなんですよ。

逆に言えばポイントのインフレが懸念されますので、このキャンペーンに参加しない人には不利に働くという部分も・・・

今回はSBI証券の「IPO・PO銘柄購入でIPOチャレンジポイントゲット」キャンペーンについて見ていきます

IPOチャレンジポイントとは

まずは、今回の話の前提となっているIPOチャレンジポイントについてから解説しておきましょう。

IPOとは新規に上場する株のことでかなりリスクが小さく大きく儲けられる投資対象。

割安で上場することや新規性から人気となりやすいためです。

しかし、当選確率がかなり低いんですよ。お金掛けずに参加できる宝くじみたいなレベル・・・

ちなみに私の2021年の当選は以下の通り。ほぼ全部に挑戦してこれだけしか当たっていません。

それだけ競争が激しいんですね。

年々IPOの参加者が増えて競争が激しくなっている感はあります。

SBI証券ならだれでもいつか当選が可能

しかし、SBI証券ではだれでもいつか当選できるようにと「IPOチャレンジポイント」というものを設けています。

IPOチャレンジポイントは、IPOの抽選に応募して外れた場合に付与

IPO応募時に使用すると当選しやすくなるので、IPOチャレンジポイントを貯めていけばいつか当選することが出来るようになっているのです。

今回のキャンペーンはそんなIPOチャレンジポイントが一気に貯められるのです。




IPO・PO銘柄購入でIPOチャレンジポイントゲットの概要

それでは本題の今回のキャンペーン「IPO・PO銘柄購入でIPOチャレンジポイントゲットキャンペーン」の概要を見ておきましょう。

対象期間

対象期間は以下のとおりです。

2022/11/4(金)~2023/1/31(火)
※上記の期間内に新規上場株式(IPO)および公募増資・売出(PO)の購入意思表示期限が到来する銘柄が対象となります。

過去にも同様のキャンペーンは何度か実施されていますが、ここまで長い期間のものは私の記憶にはありませんね。

公募増資・売出(PO)はそれなりにでてきますので、かなりのIPOチャレンジポイントが動きそうな予感です。

対象者・条件・特典

対象者や条件は以下の通り

本キャンペーンにご参加いただくにはエントリーが必要です。

インターネットコース、ダイレクトコース、IFAコースのお客さまで、期間中にログイン後の当社WEBサイトより新規上場株式(IPO)もしくは、公募増資・売出(PO)のブックビルディングに申し込み、「当選(補欠当選)購入した方」「補欠当選し、購入意思確認をしたが繰上当選にならなかった方および公募増資・売出(PO)の申込で落選した方」を対象にIPOチャレンジポイントをプレゼントいたします。

新規上場株式(IPO)の申し込みで落選した方が獲得されるIPOチャレンジポイントは、キャンペーン対象期間中は通常の2倍になります。

普段参加されてない方だとちょっとわかりにくいですが、今回のキャンペーン2つの要素があります。

まずひとつ目はIPOの抽選に外れるともらえていた1ポイントが、期間中は2ポイントに増えます。

さらに当選者や補欠当選で繰り上げ当選となった場合も1ポイント付与されるようになります。

つまり外れると2ポイント、当たると1ポイントもらえるってことですね。

また、通常はポイントが付与されない、PO(公募増資・売出し)銘柄もポイント付与の対象になります。

過去にもこの手のキャンペーンは何度か実施されていますが、このキャンペーンをやるパターンは大きめのPOが実施されるケースが多いですね。(売れ残り防止?)

例えば2020年に実施されたときはソフトバンクのPOが実施されていました。

前回までと違って1単元ごとではない?

ただし、前回までと少しルールが違う可能性があります。

2020/8/18(火)~2020/12/30(水)に同様なキャンペーンが実施されたときは以下のような条件でした。

SBI証券のIPOチャレンジポイントゲットキャンペーン

出所:SBI証券「IPOチャレンジポイントプレゼントゲット」

しかし、今回はこちらのような表記となっています。

IPO・PO銘柄購入でIPOチャレンジポイントゲットキャンペーン

出典:SBI証券「IPO・PO銘柄購入でIPOチャレンジポイントゲットキャンペーン」

ちょっとわかりにくいですが、前者は当然及び補欠当選の付与ポイントが1ポイント×ご購入単元数(上限50単元)とあります。

しかし、後者は1ポイントとなっております。

つまり、単元ごとに付与されるのではなくなっているぽいですね。

ですからIPOポイントのインフレはそこまででないかもしれません。

逆に落選時のポイントが増えていますね。




まとめ

今回は「SBI証券のIPOチャレンジポイントのインフレ再び。IPO・PO銘柄購入でIPOチャレンジポイントゲットキャンペーン」と題してSBI証券のキャンペーンについてご紹介しました。

前回までのような極端なインフレは生まないとは思いますが、参加しているかどうかは大きいですね。

忘れずに参加しておきましょう。

CHECK!   SBI証券

お知らせ:You Tubeはじめました。

You Tube「お金に生きるチャンネル」をはじめました。

You Tubeでも少しでも皆様のお役に立てる動画を定期的に発信していきますのでチャンネル登録をぜひよろしくお願いいたします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
SBI証券のIPOチャレンジポイントのインフレ再び。IPO・PO銘柄購入でIPOチャレンジポイントゲットキャンペーン
最新情報をチェックしよう!