信託報酬年0.05775%の米国株ファンド「<購入・換金手数料なし>ニッセイ・S米国株式500インデックスファンド」爆誕

新しいNISAが始まる来年に向けて各社が囲い込みなのか続々と新しい投資信託を発表しています。

しかも信託報酬率の最安値を更新するような商品がいろいろ出てきてくれているんですよ。

今度は米国株を対象とするファンドとしては信託報酬率が最安値となる「ニッセイ・S米国株式500インデックスファンド」が報道されています。

今回は「<購入・換金手数料なし>ニッセイ・S米国株式500インデックスファンド」について見ていきましょう。

ニッセイ・S米国株式500インデックスファンドの概要

それでは詳しく見ていきましょう。

なお、本日現在ではニッセイアセットマネジメントから正式発表されたものではなく、日経新聞の情報がソースとなっています。

詳しい部分は正式発表が出次第追記いたします。※追記:EDINETが公開されましたのでEDINETの内容をもとに追記しております。

ファンドの名称 <購入・換金手数料なし>ニッセイ・S米国株式500インデックスファンド
運用会社 ニッセイアセットマネジメント
ベンチマーク ソラクティブGBS米国500指数連動
設定日  2023年11月13日

本投資信託は米国株のファンドですが、あまり聞き慣れない「ソラクティブGBS米国500指数連動」がベンチマークとなっているようです。

詳しくは後述します。

ニッセイ・S米国株式500インデックスファンドの手数料

次に手数料を見ていきましょう

信託報酬率

ニッセイ・S米国株式500インデックスファンドの信託報酬率は

年率0.05775%程度(税込)
となっています。
これは米国株を対象としたファンドとしては最安値ですね。
ただし、前述したようにベンチマークが他と違っているのがポイントとなりそうです。

主なライバルとなる投資信託と比較してみましょう。

※スマートフォンの方はスクロールしてお読みください

ァンド名 信託報酬率(年率、税込) ベンチマーク
PayPay投資信託インデックス アメリカ株式 0.0806% CRSP USトータル・マーケット・インデックス
PayPay投信 米国株式インデックス 0.0915% Morningstar 米国ターゲット・マーケット・エクスポージャー指数
eMAXIS Slim 全米株式 0.09372% MSCI USA インベスタブル・マーケット指数(配当込み)
楽天・S&P500インデックス・ファンド 0.09372% S&P500
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 0.09372% S&P500
たわらノーロードS&P500 0.09372% S&P500
はじめてのNISA・米国株式インデックス(S&P500) 0.09372% S&P500
SBI・V・S&P500インデックス・ファンド 0.0938%程度 S&P500
iシェアーズ 米国株式(S&P500)インデックス・ファンド 0.0938%程度 S&P500
SBI・V・全米株式インデックス・ファンド 0.0938%程度 CRSP US トータル・マーケット・インデックス

ニッセイ・S米国株式500インデックスファンドは他とベンチマークが多少違いますので単純比較はできませんが、一気に信託報酬率が下がったのがわかりますね。

なお、他社に対抗すると言っているeMAXIS Slim ですが、今までベンチマークが違う商品には対抗していないので、今回のニッセイ・S米国株式500インデックスファンドの信託報酬率には静観しそうな予感・・・

購入時手数料

購入時手数料は

ありません

となっています。

信託財産留保額

信託財産留保額は

なし
となっています。
ただし、信託財産留保額はなしが得とは一概には言えない部分もあります。



ニッセイ・S米国株式500インデックスファンドの取り扱い金融機関

ニッセイ・S米国株式500インデックスファンドの取り扱い金融機関はEDNETの提出時点では下記です

SBI証券
マネックス証券
楽天証券
日本生命

ニッセイアセットマネジメントは他でも展開されていますので今後増えていくのでしょう。

ソラクティブGBS米国500指数とは

今回のニッセイ・S米国株式500インデックスファンドの最大のポイントはベンチマークがソラクティブGBS米国500指数であることでしょう。

あまりメジャーではありませんが、ドイツの指数算出会社ソラクティブが提供する指数で、S&P500と同様にアメリカを代表する500社の指数とのこと。

ニッセイアセットマネジメントはS&P500と相関性も高いため、指数として「十分に代替可能」と判断しているとのこと。

おそらく指数の使用料がS&P500よりもソラクティブGBS米国500指数の方が低いのでしょうね。

たしかに過去の成績を見てもかなり似た動きとなっています。

STRV(ソラクティブGBS米国500指数)とVOO(S&P500)を比較してみると下記のとおりです。

ソラクティブGBS米国500指数の成績

出典:etf.com

多少STRVの方が多少成績は良くなっていますが、グラフでみるとわからないレベルで大きな差はありませんね。

なお、ニッセイアセットマネジメントはソラクティブが提供する指数の商品を追加投入する予定とのこと。

ニッセイアセットマネジメントといえば<購入・換金手数料なし>シリーズが有名ですが、ソラクティブが提供する指数の商品は「<購入・換金手数料なし>ニッセイ・Sシリーズ」として売っていくのでしょうか。

ちなみにソラクティブについてはあまり調べてでてきませんが、たわらノーロードのアセットマネジメントONEが「Oneフォーカス」という同社のベンチマークを活用するファンドを発売しており、以下のような解説をしていますね。

Solactive社は、2007年に設立されたドイツ・フランクフルトに本社がある、世界的な指数提供会社です。ドイツ国内ではベルリンやドレスデン、その他にはカナダや香港にオフィスを構えています。同社は幅広い種類の指数を、AIの活用などで、費用を抑えつつ高品質で提供しており、歴史は浅い企業ながら、すでに多くのETFに採用されるなど、世界の金融機関から高い評価を得ています。

出典:アセットマネジメントONE




まとめ

今回は「信託報酬年0.05775%の米国株ファンド「<購入・換金手数料なし>ニッセイ・S米国株式500インデックスファンド」爆誕」と題して新たなファンドの情報を見てきました。

新しいNISAに向けてどんどん魅力的なファンドが登場してきており嬉しいところですね。

お知らせ

You Tube「お金に生きるチャンネル」をはじめました。

You Tubeでも少しでも皆様のお役に立てる動画を定期的に発信していきますのでチャンネル登録をぜひよろしくお願いいたします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

PayPayカード ゴールドが爆誕。1
最新情報をチェックしよう!