Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
  • iDeCo
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)とは、自分で作る年金制度のこと
為替ヘッジの効果

2月相場で為替ヘッジありの投資信託はどうなった?

2月相場から為替ヘッジの有効性を検証


2月に入り金利上昇懸念から株が世界的に下がりました。

個人型確定拠出年金(iDeCo)をやっている方もはじめたタイミングによっては資産がマイナスとなった方もいるでしょう。

つみたてNISAをはじめた方の大半はまだマイナス状況かもしれません。

カテゴリー別にみると特に株と先進国リートの下げが顕著でしたね。

また、金利の影響だけではなく円高の影響もあり、投資信託は下げています。

下記の2つの記事が好評でしたので、為替ヘッジの有効性について見ていきたいと思います。

2月に入ってからの為替ヘッジありとなしの比較

それでは株価の暴落や円高の始まった2月中の推移を各資産ごとに為替ヘッジの有無で検証してみましょう。

今回もわかりやすいようにSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」で買えるファンドで比較してみたいと思います。

SBI証券では為替ヘッジありの商品も多く取り扱われています。


先進国株式

まずは先進国株式から見ていきましょう。

ニッセイ-DCニッセイ外国株式インデックス(先進国株)

先進国株式のインデックスファンドの「ニッセイ-DCニッセイ外国株式インデックス」の2月に入ってからの推移です。

ベンチマークはMSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース)です。

2/1 12,270→2/9 11,262→2/28 11,668

と推移しています。1番安くなったのが2月9日で2月1日からみると8.3%近くの下げとなります。

2/28日現在はだいぶ盛り返して2月1日からみて4%近くの下げとなっています。

日興-インデックスファンド海外株式ヘッジあり(DC専用)

次は先進国株式の為替ヘッジありです。

前述のニッセイ-DCニッセイ外国株式インデックスと会社は違いますが、ベンチマークは為替ヘッジ有無の違いとなっています。

こちらのベンチマークはMSCIコクサイ・インデックス(円ヘッジあり・円ベース)です。

2/1 27,803→2/9 25,727→2/28 27,038

と推移しています。1番安くなったのが2月9日で2月1日からみるとこちらも7.5%近くの下げとなります。

前述のニッセイ-DCニッセイ外国株式インデックスと比べると0.8%くらい下げは少ないですね。

2/28日現在はだいぶ盛り返して2月1日からみてこちらも2.8%近くの下げとなっています。

こちらもニッセイ-DCニッセイ外国株式インデックスと比べると1.2%くらい下げは少なく収まっています。

つまり、今回の先進国株の投資信託の下げは為替の影響がとても大きかったといえます。

先進国債券

次は先進国債券です。こちらはどうだったのでしょうか?

三井住友・DC外国債券インデックスファンド(先進国債券)

次は先進国債券です。

ベンチマークはFTSE世界国債インデックス(除く日本、円ベース)です。

2/1 19,871→2/19 19,201→2/28 19,220

と推移しています。1番安くなったのが2月19日で2月1日からみるとこちらも3.4%近くの下げとなりました。

為替の影響も大きいですが動きとしてはアメリカの株と似たような感じとなっています。

2/28日現在は少しだけ盛り返して2月1日からみてこちらも3.3%近くの下げとなっています。

インデックスファンド海外債券ヘッジあり(DC専用)(先進国債券為替ヘッジあり)

次は先進国債券の為替ヘッジありです。

ベンチマークはシティ世界国債インデックス(除く日本、ヘッジあり・円ベース)です。

多少ベンチマークは違いますがヘッジありとなしの差を見るのには重便でしょう。

2/1 13,355→2/28 13,294

と推移しています。

こちらは一応マイナスですが0.4%とかなり微減に抑えています。

前述の三井住友・DC外国債券インデックスファンド(先進国債券)と比べると2.9%も違います。

海外債権の下げの大半は為替が理由であったといえますね。

こちらのファンドならリスクヘッジの効果はあったといえます。

SBI-PIMCOジャパン・ベターインカム・ファンド

もう一つ国際債券です。こちらは日系企業が発行する海外の社債等に為替ヘッジし投資をするというちょっと変わった投資信託で前述のインデックスファンド海外債券ヘッジあり(DC専用)(先進国債券為替ヘッジあり)とは少し毛色が違います。

こちらも

2/1 9,662→2/28 9,620

と推移しました。

こちらも一応マイナスですが0.4%とかなり微減に抑えていますね。

まとめ

今回は2月の下げで見てみると金利が上がったことによる株価の影響も大きかったですが為替の影響もとても大きかった事がわかります。

長い目で見れば為替ヘッジ商品は為替ヘッジに掛かる手数料分損だという方も多いですが今回のように為替の変動が大きい時にはリスクヘッジ効果もあるのがわかりました。

もちろん為替が逆に円安になれば逆に動いてしまうのですが・・・

このあたりのことも踏まえてアセットアロケーションを考えておく必要があるかもしれません。

今回の下げを良い教訓にしたいところですね。

また為替ヘッジの有無のメリットデメリットについては下記の記事でも分析していますので合わせてご覧ください

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入するならこの4社

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を始めるにはまずどこの金融機関で始めるのかを決めなくてはなりません。

たくさんの金融機関、証券会社が取扱をはじめていますので迷う方も多いでしょう。

私は今もし、加入するならSBI証券かイオン銀行、楽天証券、マネックス証券の4択で決まりだと思います。

その中でもマネックス証券 iDeCoが筆頭候補となります。
信託報酬がほとんど最安値でスキがありません。

特に下記のeMAXIS Slim先進国株式インデックスが買えるのが大きいですね。

次点がSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」かな。
SBI証券はたくさんの運用商品があり、信託報酬も安いものも多くあります。
そのため選択の楽しさがあるでしょう。
また、ひふみ年金やジェイリバイブのようなアクティブファンド、iFree8資産やダウ、グローバル中小などの人気商品の取扱もポイント高いですね。

イオン銀行iDeCoはたわらシリーズが充実していたり、ひふみ年金の取扱があります。
このあたりに興味持つ方は選択肢として全然ありです

楽天証券 確定拠出年金は楽天スーパーポイントがたまったり、セゾン投信なんかに加入できます。
また、楽天・全世界株式インデックス・ファンドと楽天・全米株式インデックス・ファンドといった人気商品の取扱も魅力です。

総合して考えるとこの4つのどれかに加入すれば後悔はないかなと思います。

他の運営管理機関もぜひがんばってほしいところですね。

松井証券あたりはeMAXIS Slimシリーズの取扱もありこの4社に対抗できるようになりそう

また、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)のおすすめ4社の詳しい解説は下記をご覧ください。





読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
idecoブログランキング
人気ブログランキングへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。