年金定期便の見方

自分が年金をいくらもらえるかわかる「ねんきん定期便(年金定期便)」の見方

このサイトでも何度か老後資金について見てきました。

なんだかんだいっても老後資金の中心的な資金源は国民年金や厚生年金など公的な年金に違いありません。

しかし、自分がどれだけの公的な年金をもらえるのか意外に知らない方が多いのです。

そこで今回は自分が年金をいくらもらえるかわかる「ねんきん定期便(年金定期便)」の見方について見ていきたいと思います。

※加筆修正を加えました。

「ねんきん定期便(年金定期便)」とは


ねんきん定期便とは厚生年金や国民年金の加入者の方に毎年誕生日月に送られてくる年金加入記録を確認することができる書類のことです。

一時期年金の問題が多発したときに自分の年金記録が間違えていないか確認するために発行されるように成りました。

このねんきん定期便よくみるといろんなことがわかる書類なのです。


「ねんきん定期便(年金定期便)」の見方


それではねんきん定期便の見方について見ていきましょう。

ねんきん定期便は、その書類をもらうときの年齢に応じて4つのパターンがありますので分けて見ていきます。

50歳未満の人に届く「ねんきん定期便(年金定期便)」の見方

まずは50歳未満の人に届くねんきん定期便の見方からいきましょう。

50歳未満の方には以下の様式で送付されてきます。(はがき)

ねんきん定期便-50歳未満

出所:日本年金機構 ねんきん定期便本体解説 著者加筆

50歳未満の人に届く「ねんきん定期便(年金定期便)」に書いてある内容

50歳未満のねんきん定期便には以下の内容が書いてあります。

これまでの年金加入期間
これまでの加入実績に応じた年金額
・(参考)これまでの保険料納付額

※厚生年金保険の保険料は被保険者負担分のみ表示しています。厚生年金保険料は、各被保険者の標準報酬月額および標準賞与額に、その当時の保険料率を乗じて計算し、事業主と被保険者で折半して納めることになっています。被保険者負担額は、一般的には事業主が報酬または賞与から控除し、事業主がまとめて納めます。

最近の月別状況
A欄

まずはA欄です。

A欄には各年金実施機関に問い合わせるための番号が書いてあります。

なにかねんきん定期便の内容におかしな点があったときはとりあえず確認してみることをおすすめします。

私も一番始めに勤めた会社で厚生年金登録をしたときに年金事務所が名前の読み方を間違えていてその間の登録が別人扱いになっていたことがありました・・・。そんなこともあり得ますのでぜひ疑問を感じたらとりあえず連絡してみましょう。

ねんきん定期便称号番号

出所:日本年金機構 ねんきん定期便本体解説

B欄

次がB欄です。

現時点(誕生日の2ヶ月前)での国民年金や厚生年金の加入期間が記載されるのがB欄です。

厚生年金は公務員や私立学校の勤務があれば別途記載されます。

こちらも自分が掛けてきた期間と相違がないか一応確認しておくと良いでしょう。

ねんきん定期便これまでの年金加入期間

出所:日本年金機構 ねんきん定期便本体解説

C欄

最後がC欄です。

ここにはこれまでの加入実績に応じた年金額と今までの保険納付額の累計額(本人負担分のみ)が記載されます。

つまり今の時点なら年金がいくらもらえるのかはこのC欄を見ればわかるのです。

ねんきん定期便加入実績に応じた年金額

出所:日本年金機構 ねんきん定期便本体解説

裏面

裏面には自分の年金情報をウェブ上で見ることができる「ねんきんネット」へ登録するために必要なアクセスキー

直近1年間の年金納付状況が記載されています。

50歳以上の人に届く「ねんきん定期便(年金定期便)」の見方

次に50歳以上の人に届くねんきん定期便の見方からいきましょう。

50歳以上の方は以下の様式で送付されてきます。(はがき)

ねんきん定期便50歳以上-min

出所:日本年金機構 ねんきん定期便本体解説 著者加筆

50歳以上の人に届く「ねんきん定期便(年金定期便)」に書いてある内容

50歳以上のねんきん定期便には以下の内容が書いてあります。

これまでの年金加入期間
老齢年金の年金見込額

※既に老齢年金を受け取られている方にはお知らせしていません。

・(参考)これまでの保険料納付額

※厚生年金保険の保険料は被保険者負担分のみ表示しています。厚生年金保険料は、各被保険者の標準報酬月額および標準賞与額に、その当時の保険料率を乗じて計算し、事業主と被保険者で折半して納めることになっています。被保険者負担額は、一般的には事業主が報酬または賞与から控除し、事業主がまとめて納めます。

最近の月別状況
A欄

A欄は50歳未満の方と全く同じで各年金実施機関に問い合わせるための番号が書いてあります。

問い合わせする際に必要になります。

ねんきん定期便称号番号

出所:日本年金機構 ねんきん定期便本体解説

B欄

B欄も50歳未満の方とおなじですね。

現時点(誕生日の2ヶ月前)での国民年金や厚生年金の加入期間が記載されます。

合っているか一応確認しておきましょう。

ねんきん定期便これまでの年金加入期間

出所:日本年金機構 ねんきん定期便本体解説

C欄

最後がC欄です。

50歳未満の方と違うのがここですね。

ねんきん定期便老齢年金の種類と見込額

出所:日本年金機構 ねんきん定期便本体解説

こちらには年金をもらえる種類と見込額が記載されます。

特別支給の老齢年金と行って65歳より前にもらえる分と65歳からの金額に分けて記載されます。

裏面

裏面には自分の年金情報をウェブ上で見ることができる「ねんきんネット」へ登録するために必要なアクセスキー

これまでの年金保険料の納付額、直近1年間の年金納付状況が記載されています。


35歳、45歳、59歳の方に届く「ねんきん定期便(年金定期便)」の見方

35歳と45歳、59歳の方には特別なねんきん定期便が届きます。

通常ははがきですが、この年には封書で届きます。

35歳、45歳の人に届く「ねんきん定期便(年金定期便)」に書いてある内容

35歳、45歳の人に届くねんきん定期便には以下の内容が書いてあります。

これまでの年金加入期間
これまでの加入実績に応じた年金額
・(参考)これまでの保険料納付額

※厚生年金保険の保険料は被保険者負担分のみ表示しています。厚生年金保険料は、各被保険者の標準報酬月額および標準賞与額に、その当時の保険料率を乗じて計算し、事業主と被保険者で折半して納めることになっています。被保険者負担額は、一般的には事業主が報酬または賞与から控除し、事業主がまとめて納めます。

これまでの年金加入履歴
これまでの厚生年金保険における標準報酬月額などの月別状況

※厚生年金保険の加入履歴がある方のみにお知らせしています。

これまでの国民年金保険料の納付状況
※国民年金の加入履歴がある方のみにお知らせしています。

50歳未満の方に届くのと比較して年金加入履歴や月別状況がわかります。

納付漏れがないかおかしなところがないか確認しておきましょう。

これまでの年金加入履歴

上記3つは50歳未満のねんきん定期便と内容は同じですので割愛します。

これまでの「年金加入履歴」は過去にどの年金制度に加入したかわかります。

会社を転職していればここに記載されてきます。

確認しておきたいのは所属した会社の記録があるのか、資格を取得した年月日、資格を失った年月日、加入月数が合っているかです。

これまでの年金加入履歴

出所:日本年金機構 ねんきん定期便本体解説

これまでの厚生年金保険における標準報酬月額などの月別状況

次が厚生年金保険における標準報酬月額などの月別状況です。

これはたまにあるのが会社が給料からは適正額を徴収しているのに社会保険事務所などに嘘の報告をして少なく納めているなどがあったときに確認しておきたいところです。

よほどないとは思いますが自分の給料などと大きくずれがないかだけはチェックしておきたい所ですね。

標準報酬月額などの月別状況

出所:日本年金機構 ねんきん定期便本体解説

これまでの国民年金保険料の納付状況

こちらは国民年金保険料の納付状況です。

納付状況が誤っていないか確認しておきたいところ。

これまでの国民年金保険料の納付状況

出所:日本年金機構 ねんきん定期便本体解説

59歳の人に届く「ねんきん定期便(年金定期便)」に書いてある内容

59歳の人に届くねんきん定期便には以下の内容が書いてあります。

内容は35歳、45歳の方と老齢年金の年金見込額以外は同じです。

老齢年金の年金見込額の見方は50歳以上のねんきん定期便と同じですからそちらを参照ください。

・これまでの年金加入期間
・老齢年金の年金見込額
※既に老齢年金を受け取られている方には、老齢年金の見込額はお知らせしていません。
・(参考)これまでの保険料納付額
※厚生年金保険の保険料は被保険者負担分のみ表示しています。厚生年金保険料は、各被保険者の標準報酬月額および標準賞与額に、その当時の保険料率を乗じて計算し、事業主と被保険者で折半して納めることになっています。被保険者負担額は、一般的には事業主が報酬または賞与から控除し、事業主がまとめて納めます。
・これまでの年金加入履歴
・これまでの厚生年金保険における標準報酬月額などの月別状況
※厚生年金保険の加入履歴がある方のみにお知らせしています。
・これまでの国民年金保険料の納付状況
※国民年金の加入履歴がある方のみにお知らせしています。

「ねんきん定期便(年金定期便)」のポイント

これまでねんきん定期便の見方をみてきましたが、重要なポイントを纏めておきましょう。

もらえる年金額はいくらか?

まずはいちばん重要なのが自分がいくら年金をもらえる予定なのかを確認していきましょう。

とくに受給までそれほど時間がない方は今後の老後生活にとても重要な意味を持ちます。

もし老後資金が足りないようなら下記の裏技を考えて見てください。

老後資金を増やす裏技についてはこちらをご覧ください、

関連記事

今後年金の受給年齢が68歳になる可能性があるなど厳しい環境が予想されています。しかし、殆どの方の老後資金の中心は年金になるでしょう。今回はそんな年金を少しでも増やすための裏技を10つほどご紹介します。ほとんど知ってな[…]

年金を増やす

漏れがないか?

最近はよほど大丈夫になってきているとは思いますが、一応漏れが無いかを確認しておくことは重要です。

とくに35歳、45歳、59歳のねんきん定期便には過去のすべての年金記録が記載されてきます。

ちゃんと確認しておきたいところですね。

下記の記事のように給料から天引きされているはずなのに加入処理されていないようなこともありますからね。

関連記事

先日、厚生労働省から厚生年金に加入できる資格があるのに未加入となってしまっている方が156万人いるとの推計が発表されました。実に国民年金加入者の1割に当たるんですよね・・・・事業所としては約40万件あります。厚生年金は条件を満たせば強制加入[…]

厚生年金加入漏れ

年金の加入期間

年金は加入期間でいろいろな意味を持ちます。

ギリギリ足りないようなケースなどは退職日をずらすなど考えることにも繋がりますので意識しておきたいところです。

とくに意識しておきたいのは下記の3つの期間です。

ギリギリ足りないようなら任意加入という方法もあります。

10年(国民年金がもらえるか否か)
25年(遺族年金がもらえるか否か)
厚生年金20年(振替加算、加入年金の有無)

まとめ

今回は老後資金の要である年金がいくらもらえるかがわかる「ねんきん定期便」の見方について見てきました。

毎年1度来ますのでしっかり確認しておきたいところですね。

老後資金対策はこちらをご覧ください。

関連記事

会社員や公務員やフリーランスや自営業の方と比較すると老後資金はある程度確保されているといえます。厚生年金ですし、企業年金や退職金がある会社も多いです。しかし、それだけでは足りない方も多いのは事実です。今回はそんな会社[…]

会社員公務員の老後対策
関連記事

自営業者・フリーランスは自分で老後対策が必要自営業者(個人事業主)やフリーランスは自由度はとても高いです。しかし、その分サラリーマンと違って老後の対策は自分である程度行っていく必要があります。実際にはほとんど[…]

自営業者フリーランスの老後対策
関連記事

おひとりさま(単身世帯)が増加しています。すでに日本ではおひとりさま(単身世帯)の比率が全世帯の3分の1を超えています。離婚率、未婚率の上昇、出生率の低下、平均寿命の上昇など様々な要因によるものと言われていますね。最[…]

おひとりさまの老後資金対策
関連記事

最近多くなっていると言われているのがDINKS世帯と言われる家族です。DINKS世帯のお金の貯め方おすすめ今回はこのDINKS世帯が老後を考えたときにどれだけ貯めておく必要があるのかや上手に貯める方法を考えてみたいと思います。[…]

DINKS世帯の老後資金

また、今後の老後資金を増やすためにはおすすめは個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)です。

入らないと損なレベルにお得な商品ですよ。

詳しくはこちらをご覧ください。

関連記事

個人型確定拠出年金(イデコ/iDeCo)とは、毎月決まった金額を積み立てることで老後の生活に備えるための公的な制度です。この制度最大の特徴は税金面で様々な優遇措置が取られていることです。他にもメリット・デメリットがありますの[…]

株価晴れる

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入するならこの6社から選ぼう

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を始めるならまずは金融機関を決める必要があります。

しかし、たくさんあってどこにしたらよいのかわからない方も多いでしょう。

簡単に決めてしまう方もおおいかもしれませんが、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の場合、金融機関ごとの違いがとても大きいですから慎重に選びたいところです。

私が今もし、新たに加入するならSBI証券、楽天証券、マネックス証券、松井証券、イオン銀行、大和証券の6択の中から決めます。

この6つの金融機関は運営管理機関手数料は無料です。(国民年金基金連合会の手数料等は各社共通で掛かります。)

また、運用商品もインデックスファンドを中心に低信託報酬の商品が充実しています。順番に見ていきましょう。

SBI証券

イチオシははSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」です。

SBI証券はたくさんの運用商品があり、信託報酬も安いものも多くあります。

そのため選択の楽しさがあります。

また、ひふみ年金やジェイリバイブのようなアクティブファンド、iFree8資産やダウ、グローバル中小などの人気商品の取扱もポイント高いですね。

また、2018年11月からセレクトプランなる新しいプランができました。

こちらではeMAXIS Slimなども取り扱いがあり、信託報酬にも他に負けないだけのものになりましたね。

ちなみに既存加入者も無料でプラン変更可能となっています。

私も先日セレクトプランに変更しました。

また、SBI証券は確定拠出年金について古くから携わっており、1番の老舗で安心感が高いのも大きいと思います。

筆頭候補はSBI証券で決まりでしょう。

まずはこちらを検討してみてください。

マネックス証券

次点はマネックス証券 iDeCoです。

信託報酬がほとんど最安値水準でスキがありません。

特にeMAXIS Slim先進国株式インデックスが買えるのが大きいですね。

また、最近、一番人気のひふみ年金もラインナップに追加されさらにスキがなくなりました。

松井証券

松井証券のiDeCoは取扱商品が12本と少ないですが、SBI証券やマネックス証券と同様にeMAXIS Slimシリーズを取り揃え信託報酬が最安値水準となっています。

抑えるところは抑えた感じがありますね。逆に本数が少ないことにより選びやすさは増しており初心者向けの筆頭候補といってもよいかもしれません。

また、35本制限まで余裕があるというのは最後発の強みですね。

1番人気のひふみ年金の取扱もあるのもポイント高いです。

イオン銀行

イオン銀行iDeCoはたわらシリーズが充実していたり、ひふみ年金の取扱があります。

このあたりに興味持つ方は選択肢として全然ありです。

また、イオン銀行だけ他へ移るときの手数料が無料なのも個人的にポイント高いです。
イオン銀行iDeCo

楽天証券

楽天証券 確定拠出年金は人気のセゾン投信なんかにも加入できます。

また、楽天・全世界株式インデックス・ファンドと楽天・全米株式インデックス・ファンドといった自社の人気商品の取扱が魅力です。

今後は楽天SPUの対象になったり、つみたてNISAのように楽天カードでポイントが貯まるようになるようでしたらかなり面白いです存在ですね。

大和証券

大和証券 iDeCoは大手証券会社でありながら、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)にもかなり力を入れています。

他のネット証券と違い店舗が全国各地にたくさんあります。そこに魅力を感じる方にはおすすめできますね。

また、取扱商品もダイワつみたてインデックスシリーズなど信託報酬が安めの商品を取り揃えています。

また、UBS中国株式ファンド、ブラックロック・インド株ファンド、ダイワ・ロシア株ファンド、ダイワ・ブラジル株式ファンドといった他の金融機関ではみかけないその国特化のファンドなんかもあるのがおもしろいですね。

大和証券 iDeCo

総合して考えるとこの6つの金融機関ならどれかに加入すれば大きな後悔はないかなと思います。

他の運営管理機関もぜひがんばってほしいところですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

フェイスブックページ、ツイッターはじめました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

年金定期便の見方
最新情報をチェックしよう!