個人型確定拠出年金年金(iDeCo/イデコ)11月までの加入者状況が発表。2万7千人が新規加入

毎月恒例となりました個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の11月までの加入者状況が国民年金基金連合会によって発表されましたのでご紹介したいと思います。最近少し伸びが鈍くなってきたものの8月にはとうとう加入者100万人を突破しました。

果たして11月はどうだったでしょうか?

合わせて2018年3月時点の統計データも発表されていますのでこちらもどうぞ

関連記事

久しぶりに運営管理機関連絡協議会の確定拠出年金の統計データが更新されました。 前回発表されたときは預金や保険を選択する人が圧倒的に多く投資信託が35%しかいないというかなり衝撃的なデータでしたね。詳しくは下記記事を御覧ください。 [[…]

イデコ統計データ

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の11月までの加入者推移


11月の加入者の伸びはどうだったのでしょうか?順番に見ていきましょう。

ideco加入者数11月
(出所:国民年金基金イデコWEBページ

平成30年11月時点の加入者は

第一号加入者が140,951人(うち当月新規加入者数3,161人)

第二号加入者918,665人(うち当月新規加入者数23,608人)うち共済組合員221,112人(うち当月新規加入者数6,230人)

第三号加入者が33,190人(うち当月新規加入者数1,157人)

となっています。

トータルでは1,092,806人(うち当月新規加入者数27,926人)

と今月も全体で27,926人の新規加入者がありました。先月は31,984人でしたから1割近く減っていますね。

株式相場があまり良くない状況なのが影響しているのでしょうか?

登録事業者数も378,983事業所とこちらもすこしずつですが増加していますね。

先日、イデハラについて書きましたがここに入っている事業所は問題ないところってことです。

イデハラがなくなればもっと加入者が増えるでしょう。

総務、人事、経理の担当者の方はお願いですから個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の知識をつけてください。

関連記事

先日、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を勧めておいた友人から連絡がありました。 会社の総務担当に話をしたら個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の加入をやめてくれっていってきたとのこと。 詳しく話を聞いてみるとこう言わ[…]

過去のデータから戦争が起こった場合の株価への影響を考える。

ちなみに第一号加入者は自営業の方、第二号加入者は会社員の方、共済組合員は公務員の方、第三号加入者は専業主婦の方です。


個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)掛金額分布

加入者状況と合わせて加入者の掛金額の分布及び平均も発表されていましたので合わせてご紹介します。

ideco11月加入者掛け金
(出典:国民年金基金イデコWEBページ

こちらは先月までとそれほど変わっていませんね。 ただし、ずっとその傾向ですがすこしずつ平均が下がってきています。これは初期に加入した人の方が、意識高いと言うかイデコにより強い興味を示しているため高い金額を掛ける人が多くなるための現象だと思われます。

自営業者である第一号平均がすこし増えて第2号と第3号が少し減った感じです。

第一号加入者は2つの山がある感じですね。

1つは65000円超えのおそらく満額もしくは67000円加入者の方です。

第一号加入者の内20%くらいがこちらとなっています。。

逆に15000円〜10000円の方も22%くらい

10000円〜5000円の方も25%くらいと合わせて半分近くがここに分布されています。

かなり両極端な結果となっています。

おそらく国民年金基金と両方掛けている方もいるようですのでそのあたりもあるかもしれませんね。

個人的には国民年金基金はオススメできかねる商品なんですがね・・・・

第二号加入者は加入できる満額を掛けている方が多いようです。

10000円〜15000円までと20000円から25000円が飛び抜けて多くなっています。

第三号加入者の方も第三号加入者が加入できる最高である20000円〜が7割近くを占めていますね。

第三号加入者は節税にはあまりならない部分もあるので加入する際は少しご注意ください。

関連記事

iDeCo(個人型確定拠出年金)はかなりお得な制度ですので加入者がすごい勢いで伸びています。 また、いろんなところで話題になっていますので飛びついて加入する人も多いでしょう。 しかし、ちょっと冷静になってください。 実はi[…]

iDeCO加入しないほうが良い場合
関連記事

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)と同じ枠で選択をすることになる制度として国民年金基金という制度があります。 そう。優香がCMしているアレです。 個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)をやってらっしゃる方は国民年金基金連[…]

イデコ対国民年金基金

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)掛金の平均

掛金の平均は

第一号 27,411円

第二号 14,217円

企業年金ありの場合は10,610円(上限2万円or上限1万2千円)

企業年金なしの場合は16,177円(上限2万3千円)

共済組合員の場合は11,005円(上限1万2千円)

第三号 15,525円(上限2万3千円)

となっています。

全体平均だと15,963円となっています。

すべてのカテゴリーで掛け金額平均は少し落ちてきましたね。

これは個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)がある程度興味ある人達の加入はおわり、噂を聞きつけて加入する人が増えていることも大きいかもしれません。

ちょっと試しに少額から加入しておこうかってな感じですね。その方たちは投資経験ない方が多いでしょうからそれも一つの方法かもしれませんね。

また、今後は掛け金上限をあげようという話も出ていますので実施されたらどう影響するのか見ものですね。

関連記事

先日、確定拠出年金について新聞各紙で報道がありました。厚生労働省が確定拠出年金の60歳までの加入期間を65歳まで延長する検討に入ったという記事です。具体的に年明けから議論し、2020年の通常国会で改正案を提出する予定とまでなっていますのでそ[…]

確定拠出年金掛金限度額引き上げ

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の年単位拠出

次に今年から可能となった年単位拠出している方の人数を見てみましょう。

ideco年単位化11月

(出典:国民年金基金イデコWEBページ

今の所、年単位拠出をしている方は18,057人(1号1,955人、2号15,473人、3号629人)と全体の1.90%とかなりの少数派になっていますね。

先月と比較すると少し増えています。掛け金が少ない方は手数料負担をへらすことを考えると年単位も検討してみてもよいかもしれませんね。

年単位拠出については下記の記事を御覧ください。

関連記事

iDeCO(イデコ)がとうとう掛金の年単位化に対応 先日ようやく個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の所得控除証明となる平成29年度小規模企業共済等掛金払込証明書確定拠出年金(個人型年金)が届きました。 長い書類名ですね(笑) […]

イデコの掛金年払い化

まとめ

今回は11月の個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入者推移及び掛金額を見てきました。

まだまだ認知ができていないと思われるイデコですが加入者は増え続けていますね。また、つみたてNISAの加入者数が3月までで50万人(イデコと重複が多そうですが)ですから積立投資をする方がどんどん増えているのは確かです。

関連記事

先日、金融庁がつみたてNISA、NISA、職場つみたてNISAの現状についての統計データなどを発表しました。 今回はこの統計データの内容を詳しく見ていきたいと思います。 ちなみにiDeCoの統計情報や、投資信託の統計情報と比べる[…]

つみたてNISA統計データ

現状、株式相場を中心にあまり良い状況ではありませんが、今後20年、30年後を考えると誤差の範囲とも考えられますし、早くに始めるのがおすすめですよ。

今後の超長期的な視点からみた相場予想はこちらをごらんください。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入するならこの5社から選ぼう

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を始めるならまずは金融機関を決める必要があります。

しかし、たくさんあってどこにしたらよいのかわからない方も多いでしょう。

簡単に決めてしまう方もおおいかもしれませんが、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の場合、金融機関ごとの違いがとても大きいですから慎重に選びたいところです。

私が今もし、新たに加入するならSBI証券、マネックス証券、松井証券、イオン銀行、大和証券の5択の中から決めます。

(※私が加入しているのはSBI証券です)

この5つの金融機関は運営管理機関手数料はが無料です。(国民年金基金連合会の手数料等は各社共通で掛かります。)

また、運用商品もインデックスファンドを中心に低信託報酬の商品が充実しています。順番に見ていきましょう。

SBI証券

イチオシはSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」です。

SBI証券は信託報酬も最安値水準のeMAXIS Slimシリーズを始めとしたインデックスファンドから雪だるま全世界株式、ひふみ年金、NYダウ、グローバル中小、ジェイリバイブといった特徴ある商品をたくさんそろえているところが最大の魅力です。

選択の楽しさがありますよね。

また、確定拠出年金の分野を長年手掛けている老舗である安心感も大きいですね。

SBI証券iDeCo
5

SBI証券は運営管理手数料が無条件で0円ですし、なにより運用商品が豊富で選択の幅が広いです。現状最強のラインナップを誇ることになります。
また、他の証券会社に先んじて確定拠出年金の取扱をはじめてますから安心感が強いですね。

マネックス証券

次点はマネックス証券 iDeCoです。

こちらも後発ながらかなりiDeCoに力をいれています。

マネックス証券iDeCo
5

マネックス証券はeMAXIS Slimを多く取り扱っており、信託報酬がほとんど最安値水準でスキがありません。また、iDeCoで唯一eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の取り扱いがあるところも大きなポイントになりますね。

松井証券

松井証券のiDeCoは35本制限まで余裕があるというのは後発の強みですね。

1番人気のひふみ年金の取扱もあるのもポイント高いです。

松井証券iDeCo
5

取扱商品が12本と少ないですが、SBI証券やマネックス証券と同様にeMAXIS Slimシリーズを取り揃え信託報酬が最安値水準となっています。
抑えるところは抑えた感じがありますね。逆に本数が少ないことにより選びやすさは増しており初心者向けの筆頭候補といってもよいかもしれません。

イオン銀行

イオン銀行iDeCoは全国各地に窓口があるのが魅力です。

また、銀行として珍しく良心的な投資信託を用意してくれてるんですよ。

イオン銀行iDeCo
4.5

イオン銀行iDeCo

イオン銀行は実質信託報酬の安いたわら先進国株の取り扱いがあるのが魅力です。ひふみ年金の取扱があります。このあたりに興味持つ方は選択肢として全然ありです。また、イオン銀行だけ他へ移るときの手数料が無料なのも個人的にポイント高いです。

大和証券

大和証券 iDeCoは大手証券会社でありながら、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)にもかなり力を入れています。

他のネット証券と違い店舗が全国各地にたくさんあります。そこに魅力を感じる方にはおすすめできますね。

また、取扱商品もダイワつみたてインデックスシリーズなど信託報酬が安めの商品を取り揃えています。

大和証券iDeCo
4.5

大和証券 iDeCo

運営管理機関手数料が無条件で無料ですし、商品も充実したことで選択肢となりえる金融機関になりましたね。中国株、ロシア株、ブラジル株のファンドへ投資できるなど特徴的な商品があるのが他との差別化要因かな。あとはiFreeシリーズ、とくに米国株さえ入れば十分に他と競争できると思いますので期待したいところです。

総合して考えるとこの5つの金融機関ならどれかに加入すれば大きな後悔はないかなと思います。

他の運営管理機関もぜひがんばってほしいところですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

フェイスブックページ、ツイッターはじめました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

イデコ11月
最新情報をチェックしよう!