【個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)】対【積立NISA】徹底比較!どちらを優先すべきか

積立NISA

来年から始まる積立NISAとiDeCoどちらを優先?


前回、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)と国民年金基金を比較したところ好評でしたので続いて積立NISAと個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を比較してみたいと思います。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)と国民年金基金の比較はこちら

積立NISAとは


つみたてNISAとは来年から始まる制度で通常のNISA(少額投資非課税制度)と比較すると年間投資額120万から40万円に減り、運用期間5年間から20年間へ伸びた制度となっています。つまり、20年間年間40万円までの投資なら運用益が非課税となりますよってことです。通常のNISAは5年でしたのでより長期投資に向いた制度になったといえるでしょう。
積立NISA比較

これは個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)も同様です。

詳しくは下記を御覧ください。




個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)と積立NISA比較


次に個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)と積立NISAの制度比較です。

大きな違いは控除にあります。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)は小規模企業共済等掛金控除が受けられますので

掛けることで所得税、住民税を下げることができます。

また、地域によっては所得が少なく判定されるため幼稚園や保育園などの代金も減らすことができます。

ここはかなり大きなメリットになるでしょう。

もう一つが積立NISAは途中でやめることができるが、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)は原則として60歳まで引き出すことができない点もおおきな違いとしてあります。

その他非課税の運用期間の違いや投資可能商品の違いもあります。

運用についての利益が非課税である部分であったり、長期投資の考え方、選ぶべき運用商品は積立NISAも個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)同等と考えられます。

積立NISA確定拠出比較

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を優先しよう


所得税や住民税がある人

まず、所得税や住民税がある人は個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を優先したほうが有利と考えられます。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)と積立NISA双方とも運用益はかからない制度です。

しかし、運用益は絶対発生するものでないのに対して、所得税や住民税の節税は所得税や住民税があれば必ず効果がでるのです。

例えば所得税10%、住民税10%の人でも掛金の20%分の税金が安くなるのです。

このメリットは積立NISAと比較するまでもなく大きいでしょう、また確実に発生しますのでこちらを優先するほうが優位です。

ただ、デメリットとして考えられる60歳まで引き出せないという要素もありますので、無理せず60歳まで手がつけれなくても大丈夫な金額に刷る必要があることも抑えておきましょう。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)加入の上で、上限まで掛金を掛けてももう少したくさんの金額を運用したいと考えられる場合は、立NISAを利用するとよいでしょう。その場合、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)と積立NISA双方合わせたアセットアロケーションを考える必要があることも忘れずに。

主婦など所得税や住民税がある人

主婦や住宅控除などで所得税や住民税がない方は個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)のメリットである所得税、住民税の節税効果がつかえません。

そのため、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)よりも積立NISAの方を優先したほうがいいでしょう。

積立NISAはいつでも途中引き出しができますからお金が必要となったときに使うことができるというメリットがあります。

この場合、年間可能投資額の多い現状のNISAも選択肢にはいるかもしれません。

掛ける金額に応じて選択すればよいでしょう。

まとめ


いかがでしたでしょうか?

まとめると所得税や住民税がある人は個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)がおすすめ

所得税や住民税がない人は積立NISAがおすすめです。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)オススメ証券会社

今、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入されるなら以下の3つの証券会社を選択しておけば間違いないでしょう。

手数料体系はまったく一緒で違いは運用商品です。

SBI証券はたくさんの運用商品があります。

なかにはNYダウをベンチマークとしたものや投資信託で一番人気となっているひふみ投信のひふみ年金などもあります。

たくさんの運用商品の中から選びたい方はSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」がおすすめですね。

対して楽天証券は必要最小限に運用商品が絞ってあります。

そのため投資初心者でも迷うこと無く商品を選べるでしょう。

また人気のセゾン投信が買えるのは楽天のみです。

シンプルに投資したい人は楽天証券 確定拠出年金がオススメですね。

今月から受付の始まったイオン銀行も楽天と同様にシンプルな商品で信託報酬が安いものがそろっていますのでおすすめできます。
また、9月から受付をはじめるマネックス証券にも期待したいところですね。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)については下記の記事も合わせて読んでいただくと理解しやすいと思います。



積立NISAへの取り組みについてはまだ証券各社が発表しておりませんが、SBI証券か楽天証券を選んでおけば間違いはないと思われます。

読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ブロトピ:今日のブログ更新

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. 国民年金基金合併
    国民年金基金が合併へ 国民年金基金の合併が発表されました。 分かりにくいですが国…
  2. マネックス証券のイデコ
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の競争は一段落? つみたてNISAの受付が始まり、そちらに…
  3. DINKS世帯の貯金
    DINKS世帯のお金の貯め方おすすめ 最近多くなっていると言われているのがDINKS世帯と言われる…
  4. セルインメイ
    株式の有名な格言にセル・イン・メイ SELL IN MAY(株は5月に売れ)というのがあります。この…
  5. つみたてNISAまとめ
    つみたてNISA証券会社のシリーズ企画まとめ シリーズものとして定期的に投稿してきました 「…
  6. 税金をクレジットカードで支払う
    住民税(市民税・県民税)税額決定納税通知書到着 住民税(市民税・県民税)税額決定納税通…
  7. 年金受給額
    個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)にいくら掛けるか問題 個人型確定拠出年金(iD…
  8. 家計簿ソフト
    家計簿アプリ「マネーフォワード」は便利 「マネーフォワード」なる家計簿アプリを使い始め…
ページ上部へ戻る