Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
  • つみたてNISA
  • つみたてNISAは少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です
積立NISA

【個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)】対【つみたてNISA】徹底比較!どちらを優先すべきか

つみたてNISAとiDeCoどちらを優先?


前回、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)と国民年金基金を比較したところ好評でしたので続いてつみたてNISAと個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を比較してみたいと思います。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)と国民年金基金の比較はこちら

積立NISAとは


つみたてNISAとは来年から始まる制度で通常のNISA(少額投資非課税制度)と比較すると年間投資額120万から40万円に減り、運用期間5年間から20年間へ伸びた制度となっています。つまり、20年間年間40万円までの投資なら運用益が非課税となりますよってことです。通常のNISAは5年でしたのでより長期投資に向いた制度になったといえるでしょう。
積立NISA比較

これは個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)も同様です。

詳しくは下記を御覧ください。




個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)とつみたてNISA比較


次に個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)とつみたてNISAの制度比較です。

大きな違いは控除にあります。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)は小規模企業共済等掛金控除が受けられますので

掛けることで所得税、住民税を下げることができます。

また、地域によっては所得が少なく判定されるため幼稚園や保育園などの代金も減らすことができます。

ここはかなり大きなメリットになるでしょう。

もう一つがつみたてNISAは途中でやめることができるが、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)は原則として60歳まで引き出すことができない点もおおきな違いとしてあります。

その他非課税の運用期間の違いや投資可能商品の違いもあります。

運用についての利益が非課税である部分であったり、長期投資の考え方、選ぶべき運用商品はつみたてNISAも個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)同等と考えられます。

つみたてNISA確定拠出比較

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を優先しよう


所得税や住民税がある人

まず、所得税や住民税がある人は個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を優先したほうが有利と考えられます。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)と積立NISA双方とも運用益はかからない制度です。

しかし、運用益は絶対発生するものでないのに対して、所得税や住民税の節税は所得税や住民税があれば必ず効果がでるのです。

例えば所得税10%、住民税10%の人でも掛金の20%分の税金が安くなるのです。

このメリットは積立NISAと比較するまでもなく大きいでしょう、また確実に発生しますのでこちらを優先するほうが優位です。

ただ、デメリットとして考えられる60歳まで引き出せないという要素もありますので、無理せず60歳まで手がつけれなくても大丈夫な金額に刷る必要があることも抑えておきましょう。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)加入の上で、上限まで掛金を掛けてももう少したくさんの金額を運用したいと考えられる場合は、立NISAを利用するとよいでしょう。その場合、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)と積立NISA双方合わせたアセットアロケーションを考える必要があることも忘れずに。

主婦など所得税や住民税がある人

主婦や住宅控除などで所得税や住民税がない方は個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)のメリットである所得税、住民税の節税効果がつかえません。

そのため、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)よりもつみたてNISAの方を優先したほうがいいでしょう。

つみたてNISAはいつでも途中引き出しができますからお金が必要となったときに使うことができるというメリットがあります。

この場合、年間可能投資額の多い現状のNISAも選択肢にはいるかもしれません。

掛ける金額に応じて選択すればよいでしょう。

まとめ


いかがでしたでしょうか?

まとめると所得税や住民税がある人は個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)がおすすめ

所得税や住民税がない人はつみたてNISAがおすすめです。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入するならこの5社

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を始めるならまずは金融機関を決める必要があります。

たくさんあってどこにしたらよいのかわからない方も多いでしょう。

実は個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の場合、金融機関ごとの違いがとても大きいですから慎重に選びたいところです。

私が今もし、加入するならSBI証券かイオン銀行、楽天証券、マネックス証券、松井証券の5択で決まりですね。

マネックス証券

その中でもマネックス証券 iDeCoが筆頭候補となります。

信託報酬がほとんど最安値水準でスキがありません。

特に下記のeMAXIS Slim先進国株式インデックスが買えるのが大きいですね。

eMAXIS Slimシリーズについてはこちらをご覧ください。

また、最近、一番人気のひふみ年金もラインナップに追加されさらにスキがなくなりました。

松井証券

松井証券のiDeCoは取扱商品が12本と少ないですが、

マネックス証券と同様にeMAXIS Slimシリーズを取り揃え信託報酬が最安値水準となっています。

抑えるところは抑えた感じがあります。

最後発の強みですね。

また、1番人気のひふみ年金の取扱もあるのもポイント高いです。

SBI証券

次はSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」かな。

SBI証券はたくさんの運用商品があり、信託報酬も安いものも多くあります。

そのため選択の楽しさがあるでしょう。

また、ひふみ年金やジェイリバイブのようなアクティブファンド、iFree8資産やダウ、グローバル中小などの人気商品の取扱もポイント高いですね。

あとは確定拠出年金について古くから携わっており5社の中で1番の老舗で安心感が高いのも大きいと思います。

イオン銀行

イオン銀行iDeCoはたわらシリーズが充実していたり、ひふみ年金の取扱があります。

このあたりに興味持つ方は選択肢として全然ありです。

また、イオン銀行だけ他へ移るときの手数料が無料なのも個人的にポイント高いです。

楽天証券

楽天証券 確定拠出年金は楽天スーパーポイントがたまったり、セゾン投信なんかに加入できます。

また、楽天・全世界株式インデックス・ファンドと楽天・全米株式インデックス・ファンドといった人気商品の取扱も魅力です。

総合して考えるとこの5つのどれかに加入すれば後悔はないかなと思います。

他の運営管理機関もぜひがんばってほしいところですね。

つみたてNISAを始めるならSBI証券がオススメ

つみたてNISAは基本的にiDeCoよりも金融機関同士の差は少ないですが、選ぶ際のポイントは取扱商品と注文の仕方です。

それらを勘案すると現状ではSBI証券がちょっと飛び抜けてよい感じがしますね。

ほとんどのつみたてNISAで買える投資信託を取り扱っているため選択の幅がひろいです。

私もSBI証券でつみたてNISAを始めています。

なによりまた、毎日買付けなど注文の自由度がかなり高いのが魅力ですね。

私は毎日積み立てにして1600円ずつ購入しています。

そのため暴落してもそこまで気にならないです。

株価が下がれば安く買えるってことですからね。

SBI証券の資料請求等はこちらから

その他金融機関はこちらをご覧ください。

読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ブロトピ:今日のブログ更新

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。