• iDeCo
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)とは、自分で作る年金制度のこと
スルガ銀行手数料値上げ

スルガ銀行が個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)手数料値上げ

手数料が安い元祖スルガ銀行

今までSBI証券、楽天証券、イオン銀行、みずほ銀行と手数料戦争が繰り広げられてきました。

そんななか元々管理手数料が個人別管理資産50万円以上の場合は無料、それ以外の場合は月額270円と安いことで評判のよかったスルガ銀行が口座管理手数料を10月2日から値上げに踏み切ると発表しました、

今後は値下げ競争で無条件無料があたりまえになってくるのかと思っていましたがちょっと意外ですね。

おそらく手数料の安さで口座を増やしていただろうスルガ銀行ですが

SBI証券、楽天証券、イオン銀行と無条件で口座管理手数料を無料とする発表があったことで対抗することをやめたのでしょう。

手数料値上げの内容

従来どうりいけるパターン

すでに当社個人型プランの加入者・運用指図者になっているお客さま
2017年9月29日(金)以前に受付が完了したお客さま

については従来どうりの管理手数料が個人別管理資産50万円以上の場合は無料、それ以外の場合は月額270円

値上げとなるパターン

2017年10月2日(月)受付日分から適用

  • 受付日は、完備された書類がスルガ銀行に到着した日になります。
    (ご提出いただいた書類に不備があり、返却させていただいたときは、
    完備された書類がスルガ銀行に改めて到着した日が受付日になります。)
  • 資料のご請求日とは異なります。

つまり、10月2日以降に手続きが開始した日から値上げとなります。(SBI証券も書類が到着した日が受付日でしたがタイムラグが少しありました)

改定後の手数料

加入者 運営管理手数料:月額270円(年額3240円)

運営指図者 運営管理手数料:月額270円(年額3240円)

年金受給者 運営管理手数料:月額270円(年額3240円)

となります。つまり、個人別管理資産50万円以上の場合は無料という無料化条件がなくなったってことですね。

まとめ

スルガ銀行の今回の値上げ発表はちょっと意外でしたが

手数料戦争はもう行きつくところまできてしまったので今後はサービス合戦となるのかな・・・

使う側からすれば安いほうが良いです。

また、某大手証券会社みたいに高くてもサービスが最低のところもありますので値段が高ければサービス良いというわけでもありません。

それならば手数料と信託報酬、運用商品で決めてしまうのが正解かもしれませんね。

おすすめの機関

スルガ銀行は今回の値上げで他の機関と比べて魅力が大きく下がりましたね。

ですので現状ならば下記の3つの証券会社、銀行の中から選択するのがよいかと思います。
それぞれ特徴がありますので比較検討してみるのをおすすめします。

SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」
イオン銀行
楽天証券 確定拠出年金

また、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)については下記の記事も合わせて読んでいただくと理解しやすいと思います。




読んでいただきありがとうございました。
私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ブロトピ:今日のブログ更新

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。