ローソン銀行レビュー

ローソンをメインコンビニにしているならおすすめ。ローソン銀行レビュー。メリット・デメリットは?

銀行業界も再編が進む中、ネット銀行は続々登場しています。

利用者も用途に応じて銀行を使い分ける時代に来ているのかもしれません。

今回はローソンが三菱UFJ銀行と立ち上げたネット銀行「ローソン銀行」についてご紹介します。

ローソンをメインのコンビニとして使っている方にとっては魅了的な銀行ですね。

ローソン銀行の概要

まずはローソン銀行の概要から見ていきましょう。

名前の通り、ローソンのネット銀行です。

2018年10月からスタートしています。

基本的な機能は他のネット銀行と大きく変わりません。

特徴としては以下の点が挙げられます。

ポイントサービス

ローソン銀行の利用に応じてPontaが貯まります。

後述するローソンPontaプラスや各種キャンペーンでポイントを貯めることができるのです。

これは他の銀行にない特色ですね。

ローソン銀行ダイレクトアプリ

ローソン銀行ダイレクトアプリを使って、カンタン、スピーディーにローソン銀行ダイレクトにログインすることができます。

この辺りはネット銀行特有のありがたい仕組みですね。

ネット入金サービス

証券会社やFX会社などに入金が簡単に行えるネット入金サービスも対応しています。

現状は外為ファイネスト株式会社、ヒロセ通商株式会社、JFX株式会社が対象です。

今後は対象となる証券会社などが増えると便利になりますね。

ネット入金サービスについて詳しくはこちらの記事を御覧ください。

振込手数料

振込手数料は以下のとおりです。

比較的安めですね。ただし、無料条件等はないようです。

個人のお客様
ローソン銀行の口座あて 55円(税込)
他の金融機関の口座あて 220円(税込)

金利

通常時の金利は目立ったところはありませんね。ネット銀行としては普通の水準でしょうか。

楽天銀行のように証券口座と紐付けて高い金利なんてことはできないので仕方ないのかもしれませんけどね。

今後に期待です。

普通預金金利

2018年9月10日以降、12月16日現在

残高 金利
10万円未満 年0.001%
10万円以上 年0.001%
30万円以上 年0.001%
50万円以上 年0.001%
100万円以上 年0.001%
300万円以上 年0.001%
1,000万円以上 年0.001%

スーパー定期金利

2019年8月30日以降、12月16日現在

預入期間 金利
300万円未満 300万円以上
1ヵ月 年0.030% 年0.030%
2ヵ月 年0.030% 年0.030%
3ヵ月 年0.030% 年0.030%
6ヵ月 年0.030% 年0.030%
1年 年0.030% 年0.030%
3年 年0.030% 年0.030%
4年 年0.030% 年0.030%
5年 年0.030% 年0.030%
6年 年0.030% 年0.030%
7年 年0.030% 年0.030%
8年 年0.030% 年0.030%
9年 年0.030% 年0.030%
10年 年0.030% 年0.030%

期日指定定期預金金利

2018年9月10日以降、12月16日現在

預入期間 金利
1年以上2年未満 年0.030%
2年以上3年以下 年0.030%

ローソン銀行のメリット

それではローソン銀行についてメリットを見ていきましょう。

ローソンの利用で最大6%還元

ローソン銀行最大の魅力はローソンでお得であるってことがあるでしょう。

ローソンでの支払いをローソン銀行のローソンPontaプラスで決済すれば2020年6月まで実施されるキャッシュレス消費者還元事業対象店舗なら最大6%の還元となります。

※キャッシュレス消費者還元事業の対象か否かはポスターでご確認ください。中小企業がFC(フランチャイズ)としてコンビニを運営していると対象となります。直営店は対象外です。

キャッシュレス消費者還元事業の対象外の店舗でも最大4%の還元となります。

最近はQR決済の還元も落ち着いて来ましたのでローソンで常にこれだけ還元を受けられるのは魅力的ですね。

各種キャンペーンの実施

ローソン銀行ではローソンと組んでいろいろなキャンペーンが実施されています。

例えばからあげクンの半額クーポンが貰えるキャンペーンであったり、ローソンお買い物券がプレゼントされたりなどです。

今後もローソンでの還元はいろいろでてくるでしょう。

ローソンをよく使っている人はローソン銀行は作っておきたいところですね。

口座開設だけでPonta

ローソン銀行の口座開設するだけで100Pontaポイントプレゼントされます。

しかもローソン銀行はかなり簡単に口座開設が可能ですよ。

さらに現在は下記のキャンペーンも実施中となっています。

支店名が異様に可愛い

ローソン銀行の支店は誕生月で決まります。

1月:おもち支店
2月:チョコ支店
3月:おすし支店
4月:カフェ支店
5月:おにぎり支店
6月:サラダ支店
7月:アイス支店
8月:フルーツ支店
9月:パスタ支店
10月:おべんとう支店
11月:スープ支店
12月:デザート支店

ビジネスで使うとちょっと恥ずかしいですが、個人で利用するなら可愛らしくて良いですね。

ローソン銀行のデメリット

ローソン銀行にはもう少し頑張ってほしいな・・・っていうデメリットもいくつかあります。

ATMの無料時間

ローソン銀行は当然、ローソンで24時間365日ATMが利用可能です。

しかし、ちょっともう少し頑張れよ・・・って思う点があります。

それは無料で使える時間が短いことです。

ATM利用 0時〜7時 7時〜19時 19時〜24時
入出金手数料 110円 0円 110円

預け入れ・引き出しが無料でできるのは7:00〜19:00のみなのです。

それ以外は110円掛かります。

最近は低金利、マイナス金利の影響もあり銀行も厳しいのでしょうがこの辺りは頑張って欲しいところですね。

口座引き落とし未対応

今後改良されていくとは思いますが、現状ではローソンPontaプラス以外の口座引き落としは未対応となっています。

今の時点ではメインとしては使いにくくなってしまっています。

当行の普通預金口座は現在、公共料金等の各種口座振替の引落口座にご指定いただけません。

出所:ローソン銀行 各種口座振替について より

口座管理手数料

個人的にちょっと嫌だな・・・ってのが口座管理手数料ですね。

最近取るところもでてきていますがネット銀行としては珍しいです。

以下の条件で毎年1,320円(消費税込)発生しますのでお気をつけください。

回避する条件は厳しくありません。

当行の普通預金は、最後のお預入れまたは払戻し(該当普通預金のお利息の元本への組入れおよび未使用口座管理手数料の引き落としを除きます)から2年以上、一度もお預入れまたは払戻しがない場合、未使用口座としてお取扱いします。未使用口座となった場合は、Eメールまたは文書にて「ご案内」を差し上げます。その後、3ヵ月経過後もお取引き(ローソン銀行ダイレクトへのログインを含みます)がなく、またご連絡もない場合は、3ヵ月経過後の月末日に毎年1,320円(消費税込)の未使用口座管理手数料をご負担いただきます。
出所:ローソン銀行 未使用口座管理手数料について より

ローソン銀行のキャンペーン

ローソン銀行では現在定期預金キャンペーンを開催中です。

スーパー定期・スーパー定期300の金利が以下のようになります。

1ヵ月もの 年0.25%(税引後 年0.199%*)
2ヵ月もの 年0.25%(税引後 年0.199%*)
3ヵ月もの 年0.25%(税引後 年0.199%*)

2019年12月16日(月)0:00~2020年1月30日(木)23:59までですので興味がある方はこちらから御覧ください。

アプリ・Webでの口座開設には、2週間程度、口座開設申込書でのお申込みの場合は、さらにお手続きに時間がかかるとのことなので早めが吉ですね。

ローソン銀行まとめ

今回は「ローソンをメインコンビニにしているならおすすめ。ローソン銀行のメリット・デメリット」と題してローソン銀行について見てきました。

まだできて1年くらいの銀行ですからまだまだこれからの部分も多いですが、ローソンをよく使う方は作っておいても損はないでしょうね。

ローソンメインで使っているなら作っておきたいサブ銀行
投資と猫
koge

評価:3.5現状は、口座引落に対応してなかったりしますのでメインでは使いづらいですが、ローソンでのポイント還元やキャンペーンには魅力があります。ローソンの利用頻度が高い方は作っておきたいサブ銀行ですね。ただし、口座管理手数料がありますので適度に使っておく必要があることは忘れずに。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

フェイスブックページ、ツイッターはじめました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

ローソン銀行レビュー
最新情報をチェックしよう!