国民年金基金合併

【国民年金基金】47都道府県の地域型国民年金基金、22の職能型国民年金金が合併へ

国民年金基金が合併へ


国民年金基金の合併が発表されました。

分かりにくいですが国民年金ではなく国民年金基金です(笑)

国民年金基金は個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)と同様に国民年金などの上乗せとして加入する年金制度の一種です。

国民年金基金は準備金不足や天下りの問題、世代間格差などいろいろな問題を抱えていましたがこの合併でそれらが解消されるのか注目したいところです。

今回はこの国民年金基金の合併の件を掘り下げてみたいと思います。

合併の概要

合併の目的は・・・

合併の目的は基金からの発表としては以下です。

加入員や受給者の利便性

国民年金基金は県や職によって移動が面倒なルールとなっています。
例えば職業を変更すれば脱退するか他に加入する必要があったり、隣の県に引っ越したときも同様な手続きが必要になります。

そのためかなり利便性が悪かったのですがそれがなくなるということです。

今までできないのが不思議なレベルですけどね(笑)

普通の企業ではありえない話です。

事業運営基盤の強化

合併して規模を大きくすることで規模の経済をうもうということでしょうか。

っていうかいままでが本当に無駄だったってことです。

私も国民年金基金から複数回勧誘を受けたことがありますがそれもお粗末なものでした・・・


事業運営の効率化

これも今まで無駄でしたってことですね。

47都道府県、22の職能があれば重複している仕事が山ほどあります。

それをそれぞれがやっていたのでしょうからかなり無駄が生じていたと思われます。

また、それぞれ事務所を借りて運営していたでしょうからそちら人件費の削減にもつながるでしょう。

職員の方はリストラとなるのでしょうかね?

私の予想

私が考える本当の目的は準備金不足の解消でしょうね。

前述のように重複する作業が多く無駄だらけな上に天下りの役員がたくさんいる団体なようなのでそこの負担も大きかったのでしょう。

また、過去にかなり高い利率で契約してしまった方も多くいます。(国民年金基金は確定給付)

それにより準備金がかなり不足してしまっています。

そのため、どんどん条件を悪くして募集を掛けています。

それにより世代間格差がひどいのです・・・

現在加入すれば1.5%の利率ですが、過去の方は5.5%等となっています。

さすがに醜すぎますよね・・・

しかも、条件がわるいためもあるでしょうが、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)や小規模企業共済とくらべて加入者が伸びておらず苦しい環境が続いています。

そんな事情もあっても合併と予想します。

合併後の名前

「全国国民年金基金」です

合併の時期

平成31年4月1日予定(合併契約締結は平成29年10月5日)

となっています。

厚生労働大臣の認可が必要とのことで時間がかかるのでしょうか・・・

合併の基金一覧

地域型国民年金基金(47)+職能型国民年金基金(22)

職能型は25あるようなので3つは合併に参加しないようですね。

このあたりはどうなっているのでしょうか・・・

もしかしたら資金状況がよい職能型国民年金基金だけ合併せず単独運営するのでしょうかね。

合併で期待すること

合併によりまずは準備金不足の解消が先決でしょう。

そのためにも単なる形ばかりの合併ではなく

拠点の廃止、無駄な人員の削減、重複する作業の削減、経費の削減なども合わせて行っていただきたいとおもいます。

また、今時、紙ベースでの郵送による申し込み方法など改善の余地があるでしょう。

販促面でもWEBをみても加入促進への効果が疑問なドラマ作ったり、ヨイショブログ書かせたりしています。

CMをみてもこれで加入したいと思えないだろうって内容ばかりです。

また、私の家にも何度もDMが来ますし電話での勧誘も来ましたがパンフレット送ってくるだけで誰が加入するのか疑問ですね・・・

そのあたりも改善の余地があるのではないでしょうか?

まとめ

今回は国民年金基金の合併の件をみてみました。

国民年金基金って制度は準備金不足、世代間格差など問題が多いです。

この合併でそのあたりが解消されれば検討の余地はあると思うのですが・・・

様子をみたいところですね。

ただし、今の状態なら同じ枠である個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入する方が断然おすすめですね。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)との比較は下記を御覧ください。

関連記事

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)と同じ枠で選択をすることになる制度として国民年金基金という制度があります。そう。優香がCMしているアレです。個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)をやってらっしゃる方は国民年金基金連[…]

イデコ対国民年金基金

今イデコに加入するならこの4社から選ぼう

私は今もし、加入するならSBI証券、イオン銀行、楽天証券、マネックス証券の4択で決まりだとおもいます。

ちなみに私はSBI証券に入っています。
マネックス証券 iDeCo
SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」
イオン銀行
楽天証券 確定拠出年金
また、SBI証券、イオン銀行、楽天証券に加入した場合私ならこの運用商品に投資するのかは下記を御覧ください。

関連記事

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)は2017年から会社員の方にも開放されると各社が参入し激戦の様相となっています。そんな個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の運用機関の中でもおすすめはSBI証券です。今回はSBI証[…]

SBI証券でイデコオススメ運用商品
関連記事

すごい反響!イオン銀行の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)先日イオン銀行が個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)への参入したのはこのサイトでもお伝えしました。それがすごい反響です。アクセスもすごいですし、このサイ[…]

イオン銀行イデコ
関連記事

先日イオン銀行が個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)への参入したのはこのサイトでもお伝えしました。また、マネックス証券、松井証券も新しく参入しました。激戦の様相の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)少し前のSBI証券と楽[…]

楽天証券イデコ
また、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)については下記の記事も合わせて読んでいただくと理解しやすいと思います。
関連記事

iDeCo(個人型確定拠出年金)は何度かブログで紹介しておりますが大変お得な制度です。しかし、全く勉強しなくてもOKというものでもありません。そうはいってもなかなかこのために勉強するのって大変ですよね。そこで私がオス[…]

ideco読んでおきたい本
関連記事

iDeCo(個人型確定拠出年金)はかなりお得な制度ですので加入者がすごい勢いで伸びています。また、いろんなところで話題になっていますので飛びついて加入する人も多いでしょう。しかし、ちょっと冷静になってください。実はi[…]

iDeCO加入しないほうが良い場合
関連記事

1月に公務員やサラリーマンでも加入できるようになりましたのでiDeCo(個人確定拠出年金)をやっている人はかなりすごい勢いで増えているそうです。また、企業型確定拠出年金の加入企業も時流に乗って徐々に増えていっています。しかし[…]

iDeCoで定期預金
関連記事

アセットアロケーションをどうするかで投資結果の9割が決まると現代ポートフォリオ理論では言われています。デイトレードやIPO投資などの短期的な投資の場合はそうでもないと思いますが、個人型確定拠出年金(iDeCo)やつみたてNISAは長[…]

アセットアロケーション

読んでいただきありがとうございました。

 

国民年金基金合併
最新情報をチェックしよう!