割引期間が過ぎた楽天モバイル「スーパーホーダイ」を使ってる人は要注意。UQモバイルやワイモバイル、Rakuten UN-LIMIT Vに乗り換えた方が得かも

格安SIMやセカンドキャリアを利用している方増えています。

NTTドコモ、au、ソフトバンクの3大通信キャリアと比較するとかなり節約になるからです。

しかし、意外な盲点が・・・

それは多くの格安SIMやセカンドキャリアの割引は半年だったり、1年だったりするケースがあるのです。

気づいたら携帯電話料金が上がってしまっているようなケースも・・・

私もメインで楽天モバイル(格安SIM)「スーパーホーダイ」を利用していましたが、割引期間が過ぎて料金があがってきたのでauのセカンドキャリアの「UQモバイル」に乗り換えました。

※楽天モバイルの1年無料のRakuten UN-LIMIT Vは副回線として利用しています。

今回はまだまだ多くの人が利用してる楽天モバイルの格安SIM時代の「スーパーホーダイ」プランの方はそろそろ乗り換えた方が得かもって話をしたいと思います。

楽天モバイルスーパーホーダイの割引期間が過ぎたら乗り換えた方がお得

NTTドコモ、au、ソフトバンクの3大通信キャリアと比較すると安くなるのでそれほど意識していない方が多いのですが、多くの格安SIM、セカンドキャリアは割引期間がかなり限定的なケースがあります。

その場合、割引期間が終わると少し高くなってしまうのです。

現在は乗り換えも費用がかからなくなっているところが多いですから、割引期間が終わってしまったなら乗り換えた方がお得なのです。

例えば私が今まで使っていた楽天モバイル(格安SIM)の例をみてみましょう。

楽天モバイルのスーパーホーダイ料金体系

楽天モバイル(格安SIM)は楽天が自社回線に切り変えていますので現在新規受付は終了していますが「スーパーホーダイ」がメインの料金プランでした。

まだ、楽天の自社回線Rakuten UN-LIMIT Vはエリアが狭いため、楽天モバイル(格安SIM)「スーパーホーダイ」をそのまま利用している方も多いでしょう。

私もその一人でした。

しかし、多くの方は割引期間が終了して料金が上がってしまっているんですよ。

スーパーホーダイの価格は以下のとおりです。

楽天モバイルスーパーホーダイ料金プラン
楽天モバイルスーパーホーダイ料金プラン

出所:楽天モバイル スーパーホーダイ

2年間はプランSなら1,480円(ダイヤモンド会員なら1年間980円)とかなり激安です。

しかし、2年間や1年間の割引期間が終わるとそれほど安くはないんですよ。

そろそろ契約のタイミングによっては2年間や1年間の割引期間が終わってしまっている方も多くなっているのです。

つまり、プランSなら2GBで2,980円(税別)、プランMなら6GBで3,980円(税別)となっているんですよ。

この価格は他のセカンドキャリアと比較しても高い・・・

つまり、2年間の割引期間が終了しているなら楽天の自社回線Rakuten UN-LIMIT Vもしくは他の格安SIMやセカンドキャリアに乗り換えしたほうがお得なんです。

楽天モバイルスーパーホーダイからの乗り換え先候補を考える

楽天モバイルは自社回線のRakuten UN-LIMIT V に移行してほしいため、楽天モバイル(格安SIM)の新規受付を終えています。

そのため、現状は他社と比較してちょっと料金プランが劣ってしまっているのです。

出た当時は画期的に利用価値があるプランだったんですが・・・

割引期間が終わった状況でそのまま契約している意味はあまりないかもしれませんね。

それでは乗り換え先の候補を見ておきましょう。

楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT V

まずは最有力候補は同じ楽天モバイルの自社回線であるRakuten UN-LIMIT V です。

こちらは他社と比較してもかなりお得な料金プランとなっているんですよ。

特徴は以下の通り。

  • 月額2,980円
  • 1年間無料(300万名まで)
  • 全国どこでもデータ使い放題(楽天回線エリア内)
  • 楽天エリア外はauの回線5GB/月、5GB超過後は最大1Mbps使い放題
  • 専用アプリ利用で国内通話かけ放題
  • 海外でもそのまま使える
  • 料金そのままで4G+5Gが使える

かなりお得なサービスとなります。

特にポイントは月額2,980円で楽天回線エリア内なら全国どこでもデータ使い放題という点でしょう。

さらに5Gまで利用可能という点でしょう。

まだ楽天回線エリアでないところでもauの回線5GB/月、5GB超過後は最大1Mbps使い放題ですから既存の格安SIMと比較しても劣っていませんしね。

楽天回線エリアさえ広がってくれれば無敵に近いかもしれません。

ただし、まだまだ楽天回線エリアは広くありませんしエリア内でも電波が弱いのが弱点ですね。

私は1年間無料なので副回線として利用しています。

エリアが安定してこればこちらをメインにすることを検討していますね。

詳しくはこちらを御覧ください。

ワイモバイル スマホベーシックプラン

次はワイモバイルです

ワイモバイルのメイン料金プランは下記のスマホベーシックプランです。

料金プランはちょっと複雑になっています。

ワイモバイル料金表
ワイモバイル料金プラン

出典:ワイモバイル スマホベーシックプラン

プランSは4GBで標準料金2,680円、半年間1,980円、更に家族割引や光セットなら1,480円となります。

楽天モバイルのスーパーホーダイプランSと比較するとこちらの方がデータ容量も多くお得ですね。

ただし、データ容量超過後の速度は楽天モバイルのスーパーホーダイに部がありますが。。。

プランMになるとデータ容量超過後の速度は同じでデータ容量が13GBと同価格帯の楽天バイルスーパーホーダイプランMの6GBと比較して倍以上ありお得度は段違いとなります。

詳しくはこちらを御覧ください。

UQモバイル スマホプラン

UQモバイル料金プラン
UQモバイル料金プラン

出典:UQモバイル スマホプランより

UQモバイルはかなりシンプルな料金プランとなっています。

データ容量4GB(通話オプション付けて、au ID登録した場合)のSプランで1,980円、2台目以降は1,480円です。

データ容量12GB(通話オプション付けて、au ID登録した場合)のRプランで2,980円、2台目以降は2,480円です。

特に割引期限が区切っているわけではありませんから基本この料金なんですね。

割引期間が終わった楽天モバイル(格安SIM)と比較するとかなりお値打ちですね。

楽天モバイル(格安SIM)に標準で付いている国内通話10分かけ放題を付けてもUQモバイルの方が安いです。

詳しくはこちらを御覧ください。

Rakuten UN-LIMIT VとワイモバイルとUQモバイルの比較

楽天モバイル「スーパーホーダイ」のプランMとを同価格帯のプランで比較してみましょう。

※スマートフォンの方はスクロールしてお読みください。

楽天モバイル
スーパーホーダイM
楽天モバイルRakuten UN-LIMIT V ワイモバイル M UQモバイル
プランR
価格 3,980円 2,980円 3,680円 2,980円
データ容量 6GB 無制限:エリア外auの回線5GB/月 10GB(1年増量キャンペーンで13GB) 10GB(通話OPつけると1年間12GB)
通話 10分かけ放題 楽天エリア内 かけ放題 10分かけ放題 10分かけ放題 別途700円
回線 ドコモ回線 楽天回線(エリア外au回線) ソフトバンク回線 au回線
割引 2年間1,500円割引 1年間無料(300万人) 半年間最大1,200円割引
2台目500円割引(家族割)
2台目500円割引(家族割)
データ繰り越し あり なし なし あり
シェアプラン あり なし あり なし
その他 楽天SPUで楽天市場利用がポイントアップ 楽天SPUで楽天市場利用がポイントアップ PayPayモールでの還元 au Payモールがお得

3社ともプランがかなり違いますので単純比較は難しい所があります。

まず大きな違いは通話です。Rakuten UN-LIMIT Vはエリア内なら通話し放題、ワイモバイルは国内通話10分かけ放題が標準で付いています。

対してUQモバイルは通話OPは別途料金が必要です。

国内通話10分かけ放題付けるとUQモバイルもワイモバイルと同額の3,680円となりますので、価格は同じで多少ワイモバイルのほうが容量が多い形ですね。

国内通話10分かけ放題が必要なければUQモバイルのほうが安く国内通話10分かけ放題をつけるなら多少ワイモバイルの方が多少お得な形です。

ただし、ワイモバイルは余ったデータ容量を翌月に繰り越せませんが、UQモバイルは繰越ができます。

一方、ワイモバイルはスマートフォンのデータ通信容量をタブレットなどの別の端末で効率良く分け合うことができる子回線専用のプラン(シェアプラン)があるのが魅力です。

Rakuten UN-LIMIT Vはエリア内ならデータ容量無制限ですからエリアでの活動が多いならかなりお得となります。

また、その他項目としてワイモバイルはPayPayモールなどで還元もあります。

PayPayモールをよく使うならワイモバイルの方がお得、楽天をよく使うならRakuten UN-LIMIT Vがお得って感じですね。

UQモバイルとワイモバイルは2台目500円割引(家族割)があります。

つまり、3社それぞれメリット・デメリットがありますので自分の利用状況に応じてどれを選択するのがお得なのか変わってくる感じですね。

3社ともお得なことに変わりはありません。

キャンペーンも充実

また、3社とも乗り換え時のキャンペーンに力を入れていますね。

例えば楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Vでは申込みで最大8000ポイント還元、スマホも一緒ならさらに最大20,000ポイント還元となっています。

UQモバイルオンラインショップで契約するとSIMのみ購入で10,0000円キャッシュバック。

ワイモバイルも5の付く日や日曜日にオンラインショップで契約すると14,000円相当のPayPay残高(PayPayボーナスライト)をプレゼントしています。

まとめ

今回は「割引期間が過ぎた楽天モバイル「スーパきゃんイ」を使ってる人は要注意。UQモバイルやワイモバイル、Rakuten UN-LIMIT Vに乗り換えた方が得かも」と題して楽天モバイルの「スーパーホーダイ」で割引が終了している方は乗り換えた方が得ですよって話をみてきました。

まとめると以下の通り。

  • 楽天モバイルの「スーパーホーダイ」の割引期間2年が過ぎてるなら乗り換えを検討しよう
  • おすすめ候補はRakuten UN-LIMIT VとワイモバイルとUQモバイル
  • 楽天自社回線エリアでの活動が多いならRakuten UN-LIMIT V
  • PayPayモールをよく使ったり、タブレットなどでもSIMを利用したいならワイモバイル
  • 繰り越しが欲しかったり、電話をあまり使わないならUQモバイル

プラン内容など詳しくは各社のサイトを御覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

割引期間が過ぎた 楽天モバイル 「スーパーホーダイ」を 使ってる人は要注意
最新情報をチェックしよう!