「PayPay投信NYダウインデックス」レビュー。 NYダウ投資信託の本命となるか?

最近の米国株人気すごいですね。

また、新たなインデックスファンドが誕生します。

アストマックス投信投資顧問株式会社※の「PayPay投信 NYダウインデックス」です。

PayPay投信 日経225インデックス」と同時に発表されました。

業界最低水準の運用コストを目指すということで大きな話題となりそうです。

今回は「PayPay投信 NYダウインデックス」について見ていきましょう。

※アストマックス投信投資顧問株式会社は2021年3月8日付で「PayPayアセットマネジメント株式会社」に変更予定とのことです。

PayPay投信 NYダウインデックスの概要

それではまずPayPay投信 NYダウインデックスの概要について見ていきましょう。

なお、下記情報はアストマックス投信投資顧問株式会社から提出された有価証券届出書がソースとなっています。

興味ある方は有価証券報告書等の開示資料を閲覧するサイトであるEDINETからPayPay投信 NYダウインデックスと検索してみてください。

※スマートフォンの方はスクロールしてお読みください。

ファンドの名称 PayPay投信 NYダウインデックス
運用会社 アストマックス投信投資顧問株式会社
運用方針 ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価(配当込み、円ベース)に連動する投資成果をめざして運用を行います。
設定日 2021年3月8日

名前のとおり、ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価(NYダウ、ダウ平均とも称される)に連動することを目指すインデックスファンドです。

PayPay投信 NYダウインデックスの手数料

次に手数料を見ていきましょう

信託報酬率は同ベンチマーク対象ファンドで最安値

PayPay投信 NYダウインデックスの信託報酬率は

年率0.198%(税込)
となっています。
ちなみに同じNYダウをベンチマークとした投資信託の中で最安値となっていますね。
なお、信託報酬率、純資産は2021年2月19日現在のものとなります。
※スマートフォンの方はスクロールしてお読みください。
ファンド名 信託報酬率(税込) 純資産 設定日
PayPay投信 NYダウインデックス 0.198% 2021年3月8日
NZAM・ベータ・NYダウ30 0.231% 497百万円 2020年3月12日
iFree NYダウ・インデックス 0.2475% 21,584百万円 2016年9月8日
たわらノーロード NYダウ 0.2475% 3,797百万円 2017年3月21日
SMT ダウ・ジョーンズインデックスオープン 0.5500% 16,329百万円 2013年11月19日
eMAXIS NYダウインデックス 0.6600% 18,837百万円 2013年8月7日
SMT AMダウ・ジョーンズインデックスファンド 0.759% 49,440百万円 2009年4月30日
SMT AMダウ・ジョーンズインデックスファンド(為替ヘッジあり) 0.759% 4,069百万円 2011年2月15日

NYダウをベンチマークとした投資信託はそれほどまだ出ていませんが、PayPay投信 NYダウインデックスの登場で競争が激しくなる予感がありますね。

eMAXIS Slimシリーズやニッセイ<購入・換金手数料なし>シリーズに期待したいところ。

購入時手数料

購入時手数料は
なし
となっています。

信託財産留保額

信託財産留保額は

なし
となっています。
ただし、信託財産留保額はなしが得とは一概には言えない部分もあります。

取り扱い金融機関

PayPay投信 NYダウインデックスの2021年2月19日時点での取り扱い予定金融機関は以下の2つです。
  • SBI証券
  • ジャパンネット銀行(2021年4月5日よりPayPay銀行)

PyaPay銀行に名称するジャパンネット銀行で取り扱いの他、SBI証券で取り扱いがあります。

同じくPayPay証券に変更になるOneTapBUYではいまのところ取り扱い予定とはなっていません(後に扱うとは思いますが)

取り扱い開始日は明記されていませんでしたが設定日は3/8ですからそのあたりから始まると思われます。

ちなみに1月13日に新規設定されたiFreeNEXT NASDAQ 次世代50のSBI証券での取り扱いは設定日当日、楽天証券は設定日翌日でしたね。

NYダウとは

今回、ベンチマークとなる「ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価(以下NYダウ)」について解説もしておきましょう。

NYダウはウォール・ストリート・ジャーナルを発行するダウ・ジョーンズ社が発表する平均株価指数で、ニューヨーク証券取引所やナスダック市場に上場している代表的な30銘柄の推移をもとに算出した指数となります。

30銘柄の株価の平均値に特殊な修正を加えて算出(加重平均)されます。

S&P500などと比較して対象となるのが30銘柄とかなり絞られているのが特徴ですね。

NYダウ対象銘柄

2021年2月19日現在でNYダウの対象となっているのは以下の30銘柄です。

すべて米国を代表する企業で日本でもおなじみですね。

アップル、アメリカン・エキスプレス、ボーイング、キャタピラー、シスコシステムズ、シェプロン、ウォルトディズニ、ダウ、ゴールドサックス、ホーム・デポ、IBM、インテル、ジョンソンアンドジョンソン、JPモルガン、コカ・コーラ、マクドナルド、3M、メルク、マイクロソフト、ナイキ、P&G、トラベラーズ、ユナイテッド・ヘルス、ビザ、ベライゾン、ウォルグリーン、ウォルマート、セールスフォース、アムジェン、ハネウェル・インターナショナル

なお、銘柄は定期的に入れ替えが行われており、NYダウの水準を維持する原動力となっています。

ちなみにNYダウはグーグル(アルファベット)やアマゾン、フェイスブック、パークシャハサウェイ(ウォーレンバフェットの会社)なんかは採用されていないんですよ

これはバランスを考えてのことのようです。

これらの株が採用されると寄与度が高くなってしまって1社の影響が大きくなってしまうなんてことがあるようです。

少し前にAppleが株式分割したときもかなりこのあたりの話が考慮されていましたね。

NYダウの過去成績

NYダウの過去成績はかなり高くなっていますね。

下記は過去6年の騰落率の推移ですが、日本株や先進国株よりも大きく上回っているのがわかりますね。

NYダウ過去成績

出典:アストマックス投信投資顧問株式会社 PayPay投信NYダウインデックス 有価証券届出書より

NYダウをベンチマークとした投資信託の成績

それでは実際にNYダウをベンチマークとした投資信託の成績を見てみましょう。

2021年1月31日時点の成績は以下のとおりです。

※スマートフォンの方はスクロールしてお読みください。
ファンド名 トータルリターン6ヶ月 トータルリターン1年 トータルリターン3年(年率) トータルリターン5年(年率)
NZAM・ベータ・NYダウ30 16.79%
iFree NYダウ・インデックス 17.08% 3.27% 5.89%
たわらノーロード NYダウ 17.06% 3.38% 5.88%
SMT ダウ・ジョーンズインデックスオープン 17.01% 3.25% 5.79% 12.41%
eMAXIS NYダウインデックス 16.81% 2.82% 5.43% 12.01%
SMT AMダウ・ジョーンズインデックスファンド 16.88% 3.02% 5.54% 12.14%
SMT AMダウ・ジョーンズインデックスファンド(為替ヘッジあり) 16.54% 6.22% 4.98% 13.56%

同じベンチマークを対象とした投資信託ですが、成績はかなりばらつきがありますね。(方向性は同じですが)

基本的には信託報酬率が低いほうが成績がよい傾向にありますが、今まで最安値だったNZAM・ベータ・NYダウ30はまだ資金が集まっていないこともあるのかあまり成績は奮っていません。

トータルリターン 1年と5年では一番信託報酬率が高いSMT AMダウ・ジョーンズインデックスファンド(為替ヘッジあり)の成績が一番高いのが面白いところです。

為替の影響が大きかったってことですね。

まとめ

今回は「「PayPay投信NYダウインデックス」レビュー。 NYダウ投資信託の本命となるか?」と題してePayPay投信NYダウインデックスのレビューを見てきました。

結論としては以下のとおりです。

NYダウ対象のインデックスの本命?
投資と猫
koge

評価:5最近、人気が高まっている米国株(NYダウ)をベンチマークとした投資信託の本命となりえる商品が登場しました。すでに純資産が多く集めているiFree NYダウ・インデックスやSMT AMダウ・ジョーンズインデックスファンドにどこまで迫れるかが注目ですね。
ただし、NZAM・ベータ・NYダウ30の例もありますので実際の成績などがどうなるのかも確認したいところ・・・

なおPayPay投信NYダウインデックスの取り扱いはSBI証券とジャパンネット銀行(2021年4月5日よりPayPay銀行)です。

利便性を考えるとSBI証券がおすすめですね。

CHECK!   SBI証券

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

「PayPay投信NYダウインデックス」レビュー
最新情報をチェックしよう!