• IPO
  • IPOとは新規上場株式のこと
SGホールディングス初値予想

【SGホールディングス(佐川急便)】新規上場株式(IPO)初値予想。今年最大の注目新規上場株

SGホールディングス(佐川急便)が12月13日に上場


12月13日に東証一部に上場するSGホールディングス(佐川急便)の初値予想をしたいと思います。

SGホールディングス(佐川急便)が上場する同じ週はヴィスコSGホールディングスグローバルリンクマネジメントエルティエスアルヒイオレHANATOURJAPANマツオカコーポレーションと全部で9社上場します。

SGホールディングス以外にも大型株がそれなりにありますので資金分散の可能性もあるでしょう。

まあ、SGホールディングスは今年最大の新規上場株ですし佐川急便の知名度は段違いですのであまり影響はないと思いますが他の株は影響を受けそうな気もしますね。

今回はこのSGホールディングスの初値予想をしていきます。

予想はあくまでも私の独断での予想ですので投資は自己責任でお願い致しますね。

SGホールディングスは一般貨物自動車運送事業等を行うグループ会社の経営管理及びそれに付帯又は関連する業務等を行っている会社です。

みなさんご存知の佐川急便を子会社に持っています。

SGホールディングスの想定価格、仮条件及び公開価格

想定価格 1,580円 (同業種の株価など種々の条件を勘案して主幹事等が決める仮の価格)

仮条件 1,540円〜1,620円 (投資家に提示する値幅)

公開価格 1,620円(仮条件の中から実際に決まった金額)

想定価格と仮条件の関係

想定価格を真ん中にした金額となっています。

ここから中立な姿勢を感じますね。

仮条件と公開価格の関係

仮条件の上限で決まりました。

投資家の引き合いが強かったといえます。

SGホールディングスの吸収価格及び時価総額

時価総額も吸収金額もかなり大きいです。

今年最大の新規上場です。

吸収価格1244億円

時価総額は5059億円


SGホールディングスの経営指標

経営指標をみると売上の伸び等は止まっていますが同業他社と比較しても収益性は高いです。

今年度以降価格を値上げをしたことがどのように影響してくるかでしょうね。

たぶん良い方向に向かいそうな予感

安全性は特に問題ありません。

SGホールディングスの詳しい財務分析は下記ページをご覧ください。

既存株主状況

SGホールディングスは全数売出しです。

しかし、売り出し先はベンチャーキャピュタル等ではなく持株会で印象は悪くありません。

既存株主にベンチャーキャピュタルがいなく既存の株主もロックアップが180日となっており、上場後の売りはほぼ公募組みに限られます。

また、大手証券会社ばかりを幹事にしてましたし上場後すぐの売りは少ない可能性が高そう。

(ネット証券の人の方が初値売りが多い)

かなりの大型株でありながら人気で入手もそれなりに難しかった模様。

それらを勘案すると需給面は大型ですがかなり良さそうな予感がします。

そのほかの要件

そのほかの要件として

  • 北朝鮮問題
  • モリカケ問題
  • トランプ問題

があります。

まあ、このあたりはいつ上場してもタイミング次第では関係ありますので運的なところも大きいですね。

SGホールディングスの初値予想

想定価格、仮条件、公開価格の関係からそれなりに強気であること

時価総額、吸収価格は超大規模であること

同じ週に9社が上場する過密日程であること

今年最大の上場で注目度がかなり高いこと

業種的にネット通販の台頭で需要がかなり高い業種であること

業績の伸びは止まっていますが同業他社と比較しても収益性が高いこと

安全性は問題ないこと

需給面は超大型株の割に良さそうなこと

これらを勘案して初値は結構上がりそうな予感

初値2,200円

と予想します。

これはあくまで私の予想です。信じるか信じないかはアナタ次第です。

また、TOPIX買いも期待できますので下記の記事も合わせてご覧ください。

参考になった方はぜひポチッとな。
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。