子育てエコホーム支援事業、先進的窓リノベ2024など住宅省エネ2024キャンペーンがスタート

このサイトでも何度か書いてきましたが、国土交通省、経済産業省、環境省の3省で住宅省エネ2024キャンペーンとして「子育てエコホーム支援事業」や「先進的窓リノベ2024」、「給湯省エネ2024」、「賃貸集合給湯省エネ2024」が開始されました。

今回は住宅省エネ2024キャンペーンについて見ていきます。

住宅省エネ2024キャンペーンの概要

それぞれの補助金の内容について順番に見ていきましょう。

子育てエコホーム支援事業

子育てエコホーム支援事業は「こどもみらい」や「こどもエコすまい」の後継となる事業です。

高い省エネ性能を有する住宅の新築を支援する補助金となります。

具体的な補助額(支援額)は以下の通り。

  • 長期優良住宅の場合は100万円/戸、ZEH住宅の場合は80万円/戸
前回の「こどもエコすまい」はZEHで100万円の補助でしたから少し条件が厳しくなっていますね。
あとの世帯条件や着工日の条件などは問題が発生した「こどもみらい」の反省を踏まえて「こどもエコすまい」に似た形となっています。
なお、予算はかなり多くなっています。
「こどもみらい」、「こどもエコすまい」とも予算が尽きてしまったということもありますのであらかじめ増やしたのでしょう。
「こどもみらい」は1,142億円(追加分含む)だったのが、2,100億円と倍近くなっています。
詳しくはこちらの記事を御覧ください。

ZEHとは

なお、ZEH(ゼッチ)とは以下のような住宅のことを指します。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略。年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅のこと。

つまり、太陽光発電などを利用してエネルギーを創って家庭で使用するエネルギーを賄うことができる住宅のことです。

なお、こちらの補助金はZEHだけでなく、Nearly ZEH、ZEH Ready又はZEH Orientedなどが対象となります。

ZEH ReadyなんかはZEHにする準備ができていますよってことですので、太陽光発電を付けてなくても取ることができますね。

長期優良住宅

今回の補助金で新たに加わった長期優良住宅とは、長期にわたり良好な状態で使用するための措置講じられた優良な住宅のことです。

建築及び維持保全の計画を作成し、所管行政庁に申請することで認定を受けることができます。

具体的には以下のような条件を満たしていると認定を受けることができます。

  1. 住宅の構造および設備について長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられていること。
  2. 住宅の面積が良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること。
  3. 地域の居住環境の維持・向上に配慮されたものであること。
  4. 維持保全計画が適切なものであること。
  5. 自然災害による被害の発生の防止、軽減に配慮がされたものであること。

長期優良住宅は大手ハウスメーカーやしっかりした工務店でははじめから当たり前に認定を受けるケースが多いですね。

ただし、ローコストハウスメーカーなど価格が安いハウスメーカーの場合には長期優良住宅の取得できなかったり、取得はオプションとなっており、結構な追加費用がかかる場合がありますのでご注意ください。

ちなみに知り合いが某大手ローコストハウスメーカーで家を建てていますが、長期優良住宅の取得には追加で50何万円掛かると言われたそうで必要かな?って相談を受けました・・・

先進的窓リノベ2024

次は先進的窓リノベ2024です。

名前の通り、窓を改善するために補助がでるものです。

2023年もありましたが、その2024年版ですね。

あまり意識していない方も多いのですが、実は窓って暑さ、寒さにとても影響がある部分なんですよ。

日本建材・住宅産業協会のデータによると日本で一般的に使われているアルミフレームの複層ガラスの窓の場合、窓からの熱の流入出は夏が73%、冬が58%になるそう。

断熱窓の効果断熱窓の効果夏

出典:日本建材・住宅産業協会

つまり、夏は熱くなる原因ですし、冬は寒くなる原因となっているんです。

家の中で一番熱の出入りが激しいんですよ。

節電策の一つにエアコンを省エネタイプに変えるというのはありますが、それよりも安く効果があるのは実は窓の変更なんです。

窓で部屋の温度がそれほど変わらなくなるならエアコンの設定温度なども変えられますからね。

こちらの方が節電効果が高いという話もあるくらいです。

個人的にも家を新築後、1年経つとこの補助金が利用できるとのことなので内窓設置を計画しています。

補助額は窓のランク、サイズなどで定額支給

なお、補助額は5万円から最大で200万円、窓のランクに応じて定額支給となっています。

実施する補助対象工事の内容に応じて定額(一戸当たり、5万円から最大200万円まで補助)
ちょっとわかりにくいですが、内窓設置なら、以下のように窓のサイズと窓の性能で補助金額が決められているんですよ。
先進的窓リノベ2024補助金額
出典:窓リノベ2024事業 対象工事の詳細 より
窓って意外と高いのですが、この補助金をうまくつかうとかなり安くいれることができるようになりますね。
窓の性能については具体的な商品ごとに性能区分が設定されていますのでご確認ください。
なお、後述する子育てエコホーム支援事業のリフォームでも窓に対する補助金があります。
同じ窓で併用はできませんのでどちらがオトクなのかはあらかじめ確認しておくとよいでしょう。

給湯省エネ2024

次は給湯器に関する補助金。

エコキュートやエネファームを設置すると補助が受けられるというものです。

こちらも2023年でもでていましたね。

一定の基準を満たした高効率給湯器を導入する場合、機器・性能ごとに設けられた定額を支援となっています。

具体的には以下の通りです。

高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー推進事業費補助金

出典:資源エネルギー庁 令和5年度補正「高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー推進事業費補助金」について

賃貸集合給湯省エネ2024

既存賃貸集合住宅において、一定の基準を満たしたエコジョーズまたはエコフィールに取り替える場合の支援同様に実施されます。

具体的な補助額は

・追い焚き機能なしエコジョーズ/エコフィールへの取替:5万円/台
・追い焚き機能ありエコジョーズ/エコフィールへの取替:7万円/台
となっています。

リフォーム

前述した子育てエコホーム支援事業と同じ予算枠内でリフォームに対しての補助もあります。

具体的には住宅の開口部・壁等に対する一定の断熱改修やエコ住宅設備の設置等の省エネリフォームを行う場合の条件は以下の通り。

1))子育て世帯又は若者夫婦世帯の場合
・既存住宅の購入を伴う場合は最大60万円/戸
・長期優良リフォームの場合は最大45万円/戸
・上記以外のリフォームを行う場合は最大30万円/戸
2))その他の世帯の場合
・長期優良リフォームの場合は最大30万円/戸
・上記以外のリフォームを行う場合は最大20万円/戸
また、住宅の子育て対応改修、バリアフリー改修、空気清浄機能・換気機能付きエアコン設置工事等を行う場合に追加の補助もあります。



まとめ

今回は「子育てエコホーム支援事業、先進的窓リノベなど住宅省エネ2024キャンペーンがスタート」と題して新たな補助金についてみてきました。

どれもかなりオトクな補助金です。

家の新築予定がある方はもちろん、それ以外の方も窓の改善やリフォームをするチャンスですよ。

なお、これら補助金を貰う場合は確定申告にお気をつけください。

詳しくはこちらの記事でまとめております。

お知らせ:You Tubeはじめました。

You Tube「お金に生きるチャンネル」をはじめました。

You Tubeでも少しでも皆様のお役に立てる動画を定期的に発信していきますのでチャンネル登録をぜひよろしくお願いいたします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ネット銀行で住宅ローンを借りるのは危険???変動金利が短期プライムレートに連動していないってホント?
最新情報をチェックしよう!