私ならこれを選ぶイオン銀行の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)おすすめ配分。運用商品を比較してみた

今回はわたしがイオン銀行でiDeCoをはじめるならどの運用商品を選ぶのかを考えてみて見たいと思います。

もちろん投資は自己責任なのでどこに投資するのはご自身でよく考えてくださいね。

私の選んだ運用商品で損がでたとしても保証はいたしかねます。

他の証券会社で私が運用商品を選ぶ場合はこちらからどうぞ

関連記事

シリーズものとして定期的に投稿してきました 「私ならこれを選ぶ◯◯の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)おすすめ配分。運用商品を比較してみた」 ですがかなりのページ数になり、わかりにくくなってしまいましたのでここら辺でまとめ[…]

イデコ運営管理機関まとめ

イオン銀行の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の運用商品

まずはイオン銀行の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)運用商品を見てみましょう。

注目のポイントは他のSBi証券や楽天証券のiDeCoと比較して信託報酬の安い国内株式のDIAM DC 国内株式インデックスファンドです。

また、SBI証券iDeCoで現在2番人気となっているひふみ年金、楽天証券iDeCoで1番人気となっているたわらノーロード先進国株式でしょう。

ちなみにSBI証券iDeCoの1番人気はたわらノーロード先進国株式と同様のベンチマークのインデックスファンドであるDCニッセイ外国株式インデックスです。

これは同じベンチマークですのでそれほどかわらないでしょう。

実質の手数料はたわらノーロード先進国株式の方が多少安いようですが。

つまり、SBI証券や楽天証券のイデコで人気となっている商品もかえるってことです。

カテゴリー 商品名 信託報酬
国内株式 DIAM DC国内株式インデックスファンド 0.1674%
国内株式 ひふみ年金 0.8208%
国内株式 フィディリティ・日本成長株 1.674%
先進国株式 たわら先進国株式 0.243%
先進国株式 ピクテグローバルインカム株式 1.05732%
新興国株式 DIAM新興国株式インデックスファンド 0.5886%
国内債券 たわら国内債券 0.162%
先進国債券 たわら先進国債券 0.216%
先進国債券 たわら先進国債券(為替ヘッジあり) 0.216%
新興国債券 三菱UFJ DC新興国債券インデックスファンド  0.5616%
国内REIT たわらノーロード国内リート 0.3240%
 先進国REIT たわらノーロード先進国リート 0.3780%
バランス マイバランス30 0.2376%
バランス マイバランス50 0.2484%
バランス マイバランス70 0.2592%
バランス イオンバランス戦略ファンド 0.9504%
預金 イオン銀行iDeCo定期預金5年 0.05%



私ならこれを選ぶ運用商品。リスク高めを許容できる人

iDeCoにかぎらずリスクを高めればそれだけリターンの金額もあがると予想されます。
つまり、ハイリスクハイリターンを考える方です。

リスクを取る場合私ならこういう運用商品を選択します。

イオン銀行イデコアセットアロケーション

国内株式:5% DIAM DC国内株式インデックスファンド
国内株式:5% ひふみ年金
先進国株式:60% たわらノーロード先進国株式
新興国株:30% DIAM新興国株式インデックスファンド

すべて株式となりますので少しリスクは大きくなります。

この割合なのは世界経済インデックスファンドを参考にしています。

ちなみに世界経済インデックスファンドのアセットアロケーションは日本株10%、先進国株60%、新興国株30%となっています。

日本人ですから日本にもう少し比重をおいてと感じるかもしれませんが、個人的に日本の株式にそこまで将来性を感じていないのでこの比率にしています。
世界の経済全体からみて日本が占める割合も5%から10%と言われていますのでそれを考えても妥当といえるかもしれません。

また、基本的に長期投資でアクティブ投信は選択しないほうがよいと言われています。

それは信託報酬が高い割にリターンが高いとは限らないためです。

ひふみ年金はアクティブ投信ですがひふみの場合には実際に現地に赴き社長と話したり実際に見学して投資判断をしています。

そのような事ができますので日本国内の株式においてはある程度アクティブで投資信託でもいいと思います。

実際にひふみ年金はインデックスファンドより好成績ですしね。

今回新興国株を30%ほど組み込んでいますがイオン銀行の新興国株のDIAM新興国株式インデックスファンドはちょっと信託報酬が高めなので新興国株はNISAや積立NISAで買うのも選択肢としては良いと思います。

私ならこれを選ぶ運用商品。リスク低めにしか許容できない人

次にリスクをあまり取りたくない場合は私ならこうします。

イオン銀行イデコアセットアロケーションリスク低め

国内株式:5% DIAM DC国内株式インデックスファンド
先進国株式:30% たわらノーロード先進国株式
新興国株:15% DIAM新興国株式インデックスファンド
国内債券:10% たわら国内債権
先進国債券:15% たわら先進国債券
先進国債券:15% たわら先進国債券(為替ヘッジあり)
新興国債券:10% 三菱UFJ DC新興国債券インデックスファンド

こちらは半分を株式、半分を債権としています。

多少比率は違いますがバンガード・グローバルバランスを意識した構成となっています。

関連記事

セゾン投信がiDeCoで買えるのは楽天証券だけ iDeCo(個人型確定拠出年金)は手数料も商品ラインナップもSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」と楽天証券 確定拠出年金の2つが抜けてきました。 もう手数料[…]

セゾン投信を真似る

ポイントはたわら先進国債権の為替ヘッジを先進国債権の半分としているところでしょう。

本来はもう少し、国内債権を増やせばリスクは下がると思いますが、

日本国内はマイナス金利で債権にはあまり期待できません。

また、先進国債権であっても為替リスクが結構ありますのでそれを減らす意味でも為替ヘッジとしています。

NISAや積立NISAを個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)と合わせて使うなら債権部分やちょっと信託報酬が高めの新興国系はNISAや積立NISAで購入するのもありでしょう。

私はそんな感じで運用しております。

ちなみに国民年金や厚生年金を運用するGPIFはこちらと同様に株式50%、債権50%ですがもう少し国内債券の比率が大きくなっていますね。

ちなみにGPIFの基本ポートフォリオは国内債券 25%、国内株式25%、海外債券25%、海外株式25%です。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

公的年金の積立金の管理・運用を行う機関のGPIF(年金積立管理運用独立行政法人)が2020年度第一四半期(2020年4月〜6月)の運用実績を発表。 なんと過去最高益の+8.3%、収益額12兆4,868億円というとんでもない数字を叩き出[…]

公的年金を運用するGPIFが 過去最高益。 iDeCoでGPIFの運用を 真似してみよう。

まとめ

今回は私がもしイオン銀行でiDeCoをはじめるならこの運用商品を選択するという記事でした。いかがでしたでしょうか?

イオン銀行は運営管理手数料が無条件で0円ですし、運用商品の信託報酬の安い魅力的なのが多いのでSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」楽天証券 確定拠出年金マネックス証券 iDeCoと並んでオススメできます。

イオン銀行のideco詳細はこちらからどうぞ

イオン銀行イデコ

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)については下記の記事も合わせて読んでいただくと理解しやすいと思います。

関連記事

iDeCo(個人型確定拠出年金)は何度かブログで紹介しておりますが大変お得な制度です。 しかし、全く勉強しなくてもOKというものでもありません。 そうはいってもなかなかこのために勉強するのって大変ですよね。 そこで私がオス[…]

ideco読んでおきたい本
関連記事

iDeCo(個人型確定拠出年金)はかなりお得な制度ですので加入者がすごい勢いで伸びています。 また、いろんなところで話題になっていますので飛びついて加入する人も多いでしょう。 しかし、ちょっと冷静になってください。 実はi[…]

iDeCO加入しないほうが良い場合
関連記事

1月に公務員やサラリーマンでも加入できるようになりましたのでiDeCo(個人確定拠出年金)をやっている人はかなりすごい勢いで増えているそうです。 また、企業型確定拠出年金の加入企業も時流に乗って徐々に増えていっています。 しかし[…]

iDeCoで定期預金
関連記事

アセットアロケーションをどうするかで投資結果の9割が決まると現代ポートフォリオ理論では言われています。 デイトレードやIPO投資などの短期的な投資の場合はそうでもないと思いますが、個人型確定拠出年金(iDeCo)やつみたてNISAは長[…]

アセットアロケーション
関連記事

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の競争が小休止? つみたてNISAの受付が始まり、そちらに各社力を入れているためか個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の競争がちょっと小休止した感があります。 最近、新しい商品の追加や新し[…]

イオン銀行イデコ
読んでいただきありがとうございました。

イオン銀行イデコ
最新情報をチェックしよう!