イギリスISAと日本のNISA

新NISAはイギリスのISAを模倣せよ。ISAを日本のNISAと比較してみた

先日、日経新聞が報道した新NISA制度。

かなり否定的な意見が多くなっています。

富裕層優遇だという意見が多かったために改定をするはずなのに、制度がより複雑になって投資初心者を寄せ付けないような制度になっています。

また、既存の方からしても投資信託を買わないと株や海外ETFが買えないというかなり使いにくい仕組みとなり改悪に近い状態だからです。

考えた人はどうかしてるじゃ??って思うほどひどい内容となっています。。。(あくまでもまだ案の段階ですが)

新NISA制度について詳しくはこちらの記事を御覧ください。

一方、元々のNISA制度のモデルとなったイギリスのISA制度。

こちらはどんどん使いやすく進化しているのです。

ISAは元々NISAのモデルですし、その進化を単純に模倣するだけでいいじゃん・・・って思ってしまうですよね。

なぜ制度をこねくりかえすのか・・・

今回はそんなイギリスのISA制度について見ていきます。

イギリスのISAとは

イギリスのISA(Individual Savings Account)とは日本とNISAと同様に投資非課税制度です。

元々NISAはイギリスのISAの日本版として誕生しています。

日本のNISAと比較しながらイギリスのISAについて見ていきましょう。

イギリスISAの概要

ISA概要
ISA概要

出所:金融庁「安定的な資産形成に向けた取り組み(金融税制・金融リテラシー関連)」より

ISAといっても実はいろいろな種類があります。預金やMMFに投資ができる預金型、株式、債券、投資信託、保険などに投資ができる株式型、ソーシャルレンディング等に投資ができる社会的投資型、人生設計型とあります。

日本のNISA制度とつみたてNISA制度のように選択制ではなく、預金型ともう一つを併用することも可能です。

さらに未成年向けのジュニアNISA、住宅購入支援ISAというのもあります。

これだけ見ればISAもかなり複雑ですが、仕組み自体はかなりシンプルです。


ISAの非課税保有期間は無制限

着目したいのは非課税保有期間です。

なんと基本的に無制限

日本のように5年だとか20年という制限がないのです。

ずっと保有し続けることもできるんですよ。

長期投資を促すならこれが正しいでしょう。

非課税保有期間が無制限ならつみたてNISAとNISAを分ける必要もなくなりますね。

※スマートフォンの方はスクロールして御覧ください。

ISAつみたてNISANISA/新NISA
非課税期間無制限20年5年

年間拠出限度額も雲泥の差

年間拠出限度額も日本とは雲泥の差です。

ISA制度全体で£20,000(約296万円)となっています。※為替レートは金融庁資料準拠

年間ですからね。これだけ非課税枠があれば老後資金はかなり容易に形成が可能だな・・・って思います。

日本のNISAの120万とかつみたてNISAの40万とはえらい違いですね。

※スマートフォンの方はスクロールして御覧ください。

ISAつみたてNISANISA/新NISA
年間拠出限度額£20,000(約296万円)40万円120万円/122万円

投資対象も大きな違い

投資対象にも大きな差がありますね。

ISAは預金型は預金、MMF、株式化型は株式、債券、投資信託、保険と分かれていますが併用できますので基本的に幅広い投資対象に投資ができることになります。

面白いのが社会的投資型ではソーシャルレンディング等も対象となっていることでしょうか。

日本のNISAはそれなりに幅広く投資できますが、つみたてNISAは基本的に限定された投資信託だけです。

ここにも大きな差がありますね。

途中売却や口座引き出ししても再利用OK

さらにイギリスのISAは2016年4月から途中売却や口座からお金を引き出しても非課税枠の再利用がOKなフレキシブルISAなる制度が導入されています。

年度内の資金引き出し・再拠出可。つまり、売却や一旦引き出しをしても年度内なら枠を消費しないのです。

かなりありがたい話ですね。

ただし、未使用分は翌年以降に繰り越すことは不可です。

このあたりの使い勝手も日本のNISAとは雲泥の差ですね。

日本のNISAは売却した時点で非課税枠はおわってしまいますから・・・
※スマートフォンの方はスクロールして御覧ください。

ISAつみたてNISANISA/新NISA
途中売却・引き出しの扱い引き出しても再拠出で年度内なら非課税枠が再利用可能口座引き出し・口座内売却で再利用不可口座引き出し・口座内売却で再利用不可

>>次はISAの普及具合がすごい

イギリスISAと日本のNISA
最新情報をチェックしよう!