Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
  • 財務分析
  • 財務分析をすることで良い企業、悪い企業を炙り出すことができます
QBハウス上場

【キュービーネットホールディングス】新規上場株式(IPO)財務分析。QBHOUSEの運営

キュービーネットホールディングスが3月23日上場


3月23日に東証に新規上場するキュービーネットホールディングスの財務分析をしてみたいと思います。

キュービーネットホールディングスはそれなりに大きめの上場ですから当選確率が高いことが予想されます

なお、財務分析は目論見書で掲載されている直近2年によります。

キュービーネットホールディングスのビジネスモデル


キュービーネットホールディングスの事業はヘアカット専門店チェーン「QBHOUSE」等を運営するキュービーネット株式会社をはじめとしたグループ会社の経営管理全般を行う持株会社です。

QBHOUSEはいろいろなモールなどにありますので見たこと有る方も多いと思います。

格安の美容室、理容室ですね、

利用したことはないのでイメージは湧きませんがシャンプーなどをなしにすることで時間と回転を早くして格安にしたことで受けているようです。

最近は海外にも進出して人気となっているようです。(カンブリア宮殿で見た程度の知識ですが・・・)

キュービーネットホールディングスの経営理念

それではまずキュービーネットホールディングスの経営理念を見ていきましょう。

経営理念と業績に相関関係はないとの話もありますが、ここがちゃんと作られている企業は強い気がします。

経営理念

我々は、お客さまに「ありがとう」と言われる均一で安心感のあるお手軽なサービスを提供し、世界一多くのお客さまから必要とされるヘアカットチェーン店を目指します。

共に働く仲間とは、時間の価値を高めあう存在です。仲間に信頼される、尊敬される人間へと成長し、最高の笑顔で世界を和ますことのできる組織へと進化します。

ありがとう

お客様から「ありがとう」と言われるサービスを実現するためには、まずはサービスを提供する我々の「(ご利用頂き)ありがとうございます」という、心からの感謝の気持ちをお客様に伝え、こころをひらいてもらわなければなりません。心から「ありがとう」を言える人が、心から「ありがとう」と言われる人です。
心を開いてもらえないということは、お客様が期待している仕上がりのイメージをすべて引き出すことが難しいということです。
我々は、「ありがとう」と言われる円満なサービス(入口のイメージと出口のイメージがぴったり一致した円満な円を描く)を実現するために、社会に存在しています。
お客様は、店で働く者同士の会話や動作をよく見ています。共に働く仲間に「ありがとう」という感謝の心で接しているでしょうか。お客様は自らにかけられる「ありがとう」と言う言葉が、心からのものなのか、上辺だけのものなのか、我々の仲間同士の関係を見て判断します。
つまりお客様から心から「ありがとう」と言う言葉を頂けるようになるためには、まずは共に働く仲間に対して心から「ありがとう」と言う言葉をかけられる関係にあるかが非常に大切です。

お手軽さ

組織として働く目的は、経営理念の実現のためです。
組織として栄えるということは、良い点は伸ばし、悪い点は修正し、次の時代への引き継ぎを繰り返すこと。
どのようなお客様に選ばれたいのか、そのお客様は何を求めているのかを常に考えます。 我々は忙しいビジネスマンに選ばれたくて、そのお客様にとって利便性が高く、短時間、低価格な『お手軽』なサービスを提供するのです。
お手軽さは、世界共通に大事にされている価値観であり、対極にあるのが『癒し』の価値観。
前者は『広く』『低く』『均しく』が、後者は『狭く』『高く』『特別な癒し』が重要な選択基準です。スマートフォンが短期間に世界中に広がったのは、ノートパソコンよりも操作が簡単で、いつでもどこでも『お手軽に』インターネットやメールを楽しむことができるからです。
どちらかの価値をぶれずに極め続ける限り、社会に存在し続ける事が可能です。

キュービーネットホールディングスのビジネスの内容

キュービーネットホールディングスは低価格、短時間、高利便性、ヘアカットのみ、予約不要という5つのお手軽さをサービスの軸とし「QBHOUSE」。

QBHOUSEのお手軽さに「Fast Salom for Slow life」という新しいコンセプトの下、20代から40代の男女をターゲットとした「FaSS

というヘアカット(理容、美容室)を手がてけています。

フランチャイズ展開もしているようですね。

昨年12月末の時点で国内544店舗、海外120店舗を展開しています。

カンブリア宮殿でもやっていましたがキュービーネットホールディングスの強みは人を教育することができるシステムですね。

教育研修施設を設けており、ブランクの有る美容師や未経験者を採用して教育しています。

また、モニタリング調査をしており、お客様の顧客満足度も高さを維持できています。

それにより既存店の来店客数も前年比で伸び続けています。

これは地味にすごいことなんですよ。

QBホールディングス事業概要

出所;キュービーネットホールディングス目論見書より



キュービーネットホールディングスの収益性


売上高総利益率

まずは本業の儲けを表す売上高営業利益率から見ていきましょう

2016年6月期22.63%

2017年6月期22.07%

と微減で推移しています。

売上高営業利益率

まずは本業の儲けを表す売上高営業利益率から見ていきましょう

2016年6月期8.49%

2017年6月期8.36%

とこちらも微減です。

上場前は上場に適した人を採用する費用が掛かったりもしますしそのあたりなんでしょうか?

販売費及び一般管理費が少し増えていますね。

売上高経常利益率(米国基準のため税引前利益率)

次に利息や営業外収益を含めた売上高経常利益率をみていきます。

2016年6月期4.93%

2017年6月期7.88%

こちらは大きく上げています。

理由としては金融費用が大きく減ったことに起因しています。

売上伸び率

売上げの伸びはこんな感じです。

2016年6月期7.33%

2017年6月期7.77%

と順調に伸ばしています。

急激な伸びではありませんが堅実に成長している感じですね。

収益性まとめ

売上の伸びは安定して順調に伸ばしている。利益も比較的安定している

キュービーネットホールディングス安全性


流動比率

次に短期的な支払能力をみる流動比率です。

2016年6月期111.99%

2017年6月期101.41%

とこちらは少し悪くなっています。

しかし、流動比率の目安は100%ですから大きな問題はなさそう。

また、大部分が現金及び現金同等物ですし、現金商売ですから問題はありません。

キャッシュフロー

キャッシュフローは2016年6月期は

営業活動がプラス

投資活動がマイナス

財務活動がマイナス

で少し資金が減っていました。

2017年6月期は

営業活動がプラス

投資活動がマイナス

財務活動がマイナスで

で少し現金及び現金同等物が増えていますね。

フリーキャッシュフローは2年ともプラスです。

キャッシュフロー上は問題なさそうです。

キャッシュフロー計算書の簡単な見方はこちらからどうぞ。

安全性まとめ

安全性、キャッシュフローとも問題はなさそう。

キュービーネットホールディングスの株価


PER、PBR

PER、PBRをみると業界の平均程度でそこまで割安感はありません。

既存株主

ベンチャーキャピュタルの保有分があります。

ただし、ロックアップが180日となっており、上場後しばらくは関係ありません。

その他115名と一部の個人株主にはロックアップがかかっていませんが大きな影響はないでしょう。

ストックオプションの未行使残もそれなりにあり行使価格が520円とちょっと気になる点ではあります。

まとめ


今回はキュービーネットホールディングスの財務を中心に分析してみました。

株価的にそこまでの割安感がありません。

また、全数売り出しですからそのあたりがどう出るか・・・

しかし、株主優待や東証1部の可能性もあることから面白いところはあると思われます。

また、他のIPOと違い枚数も多く当選確率も高そうですからSGホールディングスみたいにみんなが何枚かあたり、それなりに儲かる可能性もあります。

主幹事も大和証券と三菱UFJモルガン・スタンレー証券と全く同じですしね。

積極的に参加したい銘柄ですね。長期保有もありかな。

次回は初値予想をしてみたいと思います。

また、IPOをこれから始める方は下記ページを読んでいただくことをおすすめします。


読んで頂きありがとうございます、

参考になった方はぜひポチッとな。
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。