住信SBIネット銀行が6月からプレミアムサービス開始。加入すべきか否かを考えてみる

住友ネット銀行プレミアムサービス

ネット銀行の大手である住信SBIネット銀行が6月からプレミアムサービスを開始します。

これはあまり他の銀行にないおもしろいサービスですがちょっと複雑で加入すべきなのかしないほうがよいのか迷われている方も多いでしょう。

今回はこの住信SBIネット銀行のプレミアムサービスのサービス概要、メリット、デメリット加入すべきか否かについて考えてみたいと思います。

住信SBIネット銀行のプレミアムサービスとは?


プレミアムサービスは、住信SBIネット銀行の口座を持っている個人が対象となった有料サービスです。

日々の取引の参考となる金融・経済分野のニュース、ポイント還元がアップなどが主なメリットです。

住信SBIIネット銀行はSBI証券との連動性がよいためSBI証券で株取引をしている方の大半が利用していると思われます。

もちろん私も使っています。

それでは今回のプレミアムの内容について具体的に見ていきましょう。


日経Deep Oceanによる金融経済に関する情報提供

日経Deep Oceanは人工知能(AI)を活用した金融・経済分野の情報提供サービスです。

AIを使って自分が興味関心があるであろう、ニュースをリアルタイム配信してくれます。

こちらのプレミアムサービスと同時期の2018年6月からスタートする新サービスであるため具体的にどのようなニュースが配信されるかはまだわかりません。

Visaデビットカードのポイント還元率が0.4%アップ

Visaデビットカードの通常の還元率は0.6%ですが、プレミアムサービス加入者は月末時点の確定金額に0.4%分のスマプロポイントが還元されます。

普段からVisaデビットカードを使っている方には結構魅力的かもしれませんね。

ただ、合わせて1%ですから普通のクレジットカードなら当たり前にあるレベルと言えばレベルです。

ミライノカード(JCB)のポイント還元率が0.4%アップ

ミライノカードは還元率が1%のクレジットカードです。

それがプレミアムサービスに加入すると追加で当月確定(翌月引き落とし)の金額の0.4%分のスマプロポイントが還元されます。

つまり、1.4%のクレジットカードと同様になるってことですね。

1%還元のクレジットカードは多いですが1.4%は他のクレジットカードと比較してもかなり魅力的ではないでしょうか?

ロボアドバイザーの手数料20%還元

今話題のロボアドバイザーで資産運用「Wealth Naviの手数料が20%還元されます。

ロボアドバイザーとは、下記記事でもご紹介しましたが、AIが自動的に資産運用をしてくれるサービスです。

どうしても人間が資産運用を行うと心理的な障壁がありうまくいかないことが多いです。

しかし、AIならばそのあたりの壁を超えることができますので淡々と取引を行ってくれるのです。

また、手間も掛かりませんのでほったらかしの投資が可能となります。

Wealth Naviでは運用残高の年間1%の手数料が発生します。

それの20%がバックされるようになります。

つまり0.2%のバックとなります。

THEOも同様にポイントが還元されます。

プレミアムサービスの手数料

プレミアムサービスの手数料は月額540円(税込)です。

日経Deep Oceanに月額540円以上の価値を感じれば迷わず入ることができるでしょう。

ポイントバック目的で加入するとすれば

Visaデビットカードやミライノカードならば540円÷0.04で月額135000円の利用が必要です。

また、ロボアドバイザーで同様に手数料をカバーしようとすると540円✕12÷0.02%で資産残高が324万円以上必要となります。

すでにロボアドバイザーで324万円以上運用している方は入らないと損ってことですね。

もちろんそれぞれの特典は併用も可能ですからロボアドとクレジットカードを使っている方なら結構な割合で540円ならペイできる気がします。

プレミアムサービスの開始時期

プレミアムサービスは6月から開始を予定しています。

まだ少し先ですね。それに伴い事前登録キャンペーンもあります。

事前登録キャンペーン

キャンペーン期間

2018年3月19日~2018年5月31日

キャンペーン特典

2018年3月~5月の期間のVisaデビットカードのご利用に対して、プレミアムサービス特典「2. Visaデビットカードポイント還元率 +0.4%」を適用

キャンペーン付与時期

2018年7月末頃

つまり、事前申込みをしておけばプレミアムサービスの特典の1つであるVisaデビットカードのポイント還元がサービスが始まる前から受けられるってことですね。

どうせ6月からはじめようと思ってらっしゃる方は事前申し込みをしておくのがよいかもしれませんね。

詳しくは下記リンクをご覧ください。

住信SBIネット銀行のプレミアムサービス

まとめ

今回は住信SBIネット銀行のプレミアムサービスを見てきました。

クレジットカードやデビットカードを月額135000円以上使う方、ロボアドバイザーをすでに324万円以上運用している方は加入しないと損な制度ですからぜひ加入してくださいね。

個人的には日経Deep Oceanが気になるところです。

住信SBIネット銀行はSBI証券との相性がとてもよいですので合わせて利用するとよいと思いますよ。

SBIハイブリット預金にしておけば預入れたお金は、SBI証券口座の買付余力に自動的に反映し、株式や投資信託、債券などの証券取引に利用できます。
また、証券取引に伴う精算代金は、受渡日にSBIハイブリッド預金とSBI証券口座との間で自動的に資金振替を行います。(自動スウィープサービス)

預金の利率も高いですしね。

SBI証券口座開設

読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
idecoブログランキング
人気ブログランキングへ

ピックアップ記事

  1. マネックス証券のイデコ
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の競争は一段落? つみたてNISAの受付が始まり、そちらに…
  2. トンチン年金
    長生きに備える保険「トンチン年金」 あまり聞き慣れないかもしれませんが「トンチン年金」(トンチン保…
  3. イデコ運営管理機関まとめ
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)のシリーズ企画まとめ シリーズものとして定期的に投稿してき…
  4. 松井証券つみたてNISA
    松井証券がつみたてNISA取扱商品を発表 松井証券がつみたてNISAの受付を開始。取扱商品を発表し…
  5. 振込手数料節約
    振込手数を節約する方法 IPOなどで複数の証券会社を使っている場合に証券会社から証券会…
  6. 大和証券イデコ
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)にも力をいれている大和証券 大和証券は証券大手であり、個人…
  7. セルインメイ
    株式の有名な格言にセル・イン・メイ SELL IN MAY(株は5月に売れ)というのがあります。 …
  8. ダウの下げ幅
    今回のダウの下げは過去の暴落と比較するとそこまで大きくはなかった 昨日は反発しましたが…
ページ上部へ戻る