Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
  • IPO
  • IPOとは新規上場株式のこと
  • HOME
  • ブログ
  • IPO
  • 【IPS(アイ・ピー・エス)】新規上場株式(IPO)情報。IPS細胞じゃないよ。国際通信だよ。
IPS上場情報

【IPS(アイ・ピー・エス)】新規上場株式(IPO)情報。IPS細胞じゃないよ。国際通信だよ。

またまたまたIPOの新情報(上場承認)が出ました。

上場ラッシュですね。

今度は6月27日に東証マザーズ上場に上場するIPS(アイ・ピー・エス)です。

今回はIPSについて見ていきましょう。

IPS(アイ・ピー・エス)が6月27日に上場決定


主幹事はみずほ証券で東証マザーズ上場です。

事業内容はフィリピンでのケーブルテレビ事業者向けの国際通信サービスの卸提供及び法人向けインターネット接続サービス(ISP)の提供、日本国内での主としてコールセンターを対象とした音声通信事業、在留外国人を対象とした人材紹介・人材派遣及び求人広告等の提供及びフィリピンでの眼科を中心としたクリニックの運営となっています。

【事業内容】フィリピンでのケーブルテレビ事業者向けの国際通信サービスの卸提供及び法人向けインターネット接続サービス(ISP)の提供、日本国内での主としてコールセンターを対象とした音声通信事業、在留外国人を対象とした人材紹介・人材派遣及び求人広告等の提供及びフィリピンでの眼科を中心としたクリニックの運営
【主幹事】 みずほ証券
【幹事】 SBI証券、マネックス証券、SMBC日興証券、岡三証券、むさし証券
【仮条件】6月7日
【申込み期間(BB)】6月11日~6月15日
【上場日】 6月27日
【公募株式数】 公募320,000株 売り出し0株
【OA】48,000株
【想定価格】3,730円
【吸収価格】13.7億円
【時価総額】86.4億円
【資金用途】全額を連結子会社であるInfiniVAN, Inc.への関係会社投融資に充当する予定(フィリピンにおいてインターネット接続のための光ケーブルの敷設やサービス提供のための機器。個人向けインターネットサービス提供のためのWi-Fi発信装置

6月11日BBが開始されます。


IPSのビジネスについて

IPS(アイピーエス)はフィリピンでのケーブルテレビ事業者向けの国際通信サービスを手がけている会社で、今後はマニラ首都圏地域において、オフィス・住居向けに光インターネットサービスを提供する予定となっています。

結構ニッチなビジネスの会社ですね

もともとは国際電話の代理店事業からスタートして現在では今のビジネスに落ち着いているようです。

ビジネスは多岐に渡っていますが、ドメインの中心はフィリピンにありそうです。

企業理念

企業理念としては下記を掲げています。

私たちは、いまだ誰も突破できていない障壁のある生活に密着した分野で、誰よりも先んじて事業機会を創造し、事業を展開し、産業構造を変え、あるべき社会を実現してまいります。

海外通信事業

フィリピンのケーブルテレビ事業者に対して、インターネットと接続できる、香港までの回線を提供、マニラ首都圏地域において、オフィス・住居向けに光インターネットサービスを提供する予定

国内通信事業

大手電話会社2社の通信回線サービスを、秒単位で課金するサービスを提供、

MVNO事業者様に対して、格安な通話サービスを実現できるシステムをOEM形態で提供

コールセンター運営用ソフトウェアで、全世界で4,000社以上導入実績があります。秒課金サービスと合わせると通話料削減可能

電気通信事業者として各電気通信事業者に接続している強みと、小回りの利く交換機器を利用し、通信サービスをOEM形態で提供

海外のメガキャリアが日本に立ち上げたデータセンターを取得し、運営

国際人材事業

在日フィリピン人をはじめとする在留外国人の方を、多様な業種の企業様へご紹介

在日フィリピン人の方を中心に介護・医療施設様へ人材紹介および人材派遣

在日フィリピン人向け新聞発行。ポータルサイト、外国人向け求人サイトを運営

企業様と在日フィリピン人とのマッチングの場を提供する様々なイベントを企画・開催

日本に暮らすフィリピン人を対象とする、介護スタッフ育成学校

日本に暮らすフィリピンの方々のためのTVプログラム

医療・美容

SHINAGAWA Lasik & Aesthetics(レーシックでは世界で最多のレーシック手術を行ったクリニック)をマニラにて開院

現在では日本中に47の支店

IPSの業績について

IPSの売上げはそれなりに伸びています。特にここ3年程度はよく伸びていますね。

利益も単独で見るとここ2年、155.5%、238.5%と急激に伸びてきています。

連結で見ても2017年で139.8%と急伸しています。

今後の伸びについては事業展開も含めて財務分析をしてみないとわかりませんが・・・

IPSの株主について

IPSの株主を見ていきましょう。

気になるのがベンチャーキャピュタルの持ち分です。

それなりにベンチャーキャピュタルがいますね。

ロックアップはかかっていますが90日or1.5倍となっています。

社長を含め個人の持ち分も多いですが、殆どの方が90日or1.5倍となっていますね。

IPSの当選のための攻略法

IPOを当選したいなら主幹事から申し込むのは定石ですね。

メルカリと比較するとかなり株数が違いますのでなかなか当選確率は低そうです。

そのためまずは主幹事のみずほ証券で申し込むのは必須でしょう。

また、他の幹事も大手を中心にIPOに力をいれているところが多いですので全部申し込むのは当然でしょう。

IPOをこれから始める方は下記ページを読んでいただくことをおすすめします。

IPOの抽選にハズレたらセカンダリに無理に挑戦するよりもこんな方法もあります。


最後まで読んで頂きありがとうございます、

参考になった方はぜひポチッとな。
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。