確定拠出年金で定期預金を選択するとどうなるか?(iDeCo、企業型)

ideco積立

確定拠出年金は8割の人が定期預金を選択している


1月に公務員やサラリーマンでも加入できるようになりましたのでiDeCo(個人確定拠出年金)をやっている人はかなりすごい勢いで増えているそうです。

また、企業型確定拠出年金の加入企業も時流に乗って徐々に増えていっています。

しかし、実際やってる人の8割は運用商品として定期預金を選択していると某証券会社の人がおっしゃっています。

今回はもし、全額を8割が選択しているという定期預金などの元本確保型商品を選択した場合、どうなるかを考えて見たいと思います。

SBI証券と楽天証券が手数料無料とうたっているけど・・・


先日、SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」が手数料を無条件でゼロにすると大々的に発表しました。

また、楽天証券 確定拠出年金も対抗して無条件で手数料ゼロとしました。

そのためiDecoに関する諸経費が全て無料になるように勘違いしている人も多いようです。

しかし、それはSBI証券、楽天証券それぞれの証券会社の取り分がゼロなだけです。

実はそれ以外に以下のお金がかかってきます。

まず、加入時、移管時には以下の手数料を国民年金基金に払います。

加入時・移換時の手数料:2,777円(国民年金基金連合会)

多分審査なんかにかかる経費なんでしょうかね・・・

次に加入している最中は以下の経費がかかります。

国民年金基金連合会:103円/月


信託銀行 :64円/月


合計:167円/月

そうです。毎月手数料が最低167円がかかっているのです。

個人的に信託銀行の費用は仕方ないにしても国民年金基金に払う103円は何に使ってるのか謎ですしなんか納得できません(笑)



信託銀行と国民年金基金連合会の取り分がかかる

つまり、運用に成功しようが失敗しようが167円かかるのです。

そのため毎月167円を超えた利益がでないと必ず赤字になってしまいます
私の場合68,000円、上限をiDecoに回しています。

167円の投資額に対しての割合は
167/68000 ⇨0.245%

そうです。放置しておいても0.245%減っていく計算なんです。

公務員の人など上限がもっと低い人や少ない金額を積み立てている方はもっと比率は大きくなります。

 

元本確保型商品を選択すると目減り

ちなみに元本確保型商品はSBI証券では以下の4つが用意されています。

あおぞらDC定期(1年)0.020%

スルガ確定拠出年金スーパー定期(1年)0.010%

有期利率保証型確定拠出年金保険(5年)0.005%

住友生命確定拠出年金保険(単位保険別利率設定型/5年)0.005%

どれも0.245%以下です。

0.245%は月ごとの話ですから多少計算が変わりますが、定期預金にすれば手数料負けして目減りしてしまう計算なのです。

例えばこの中で一番利率の良いあおぞらDC定期(1年)でも0,020%しか利率がありません。

68,000円の投資に対して1年で13.6円しかつかないのです。

もちろん手数料は月に対してかかり、利率は投資金額の残高に対してかかりますが手数料をペイできるのは・・・・。

もちろん節税効果がありますので完全なマイナスではありませんが気持ち悪い話ですよね。。。。

ちなみに楽天証券でも元本確保型は商品及び利率は対して変わりませんので同様の話になります。

 

まとめ


元本確保型商品のみを選択するということは節税効果を得ることはできますが手数料を毎月取られるだけの阿呆らしい選択です。

できれば投資信託を混ぜるなどしましょう。

ある確定拠出年金セミナーで担当者(証券会社やファイナンシャルプランナー)の人へ質問コーナーでおすすめ商品を聞かれたら「なんたら定期預金」が一番おすすめですと答えてました。

その証券会社の担当者やそのファイナンシャルプランナーのレベルが低いのかそれとも知っててそういってるのかはわかりませんがそういうことを言う証券会社及び担当者、ファイナンシャルプランナーとは付き合わない方が正解だと思います(笑)

もしどれを選べばよく分からない方は分散していて信託報酬の安いバランスファンドなんかが良いと思います。

私はこんな感じにしています。

また、アセットアロケーションも考えると良いでしょう。
下記のブログにも書いていますが年金機構や成績のよいバランス型ファンドの真似するのも良いですね。

iDeCo(イデコ)は受け取り方もあらかじめ考えておきましょう

iDeCO始めるならSBI証券がおすすめ

読んで頂きありがとうございます、

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. 初心者におすすめ投資本
    投資の勉強をしよう!! 個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)やつみたてNISAなど…
  2. SBI証券でイデコオススメ運用商品
    激戦の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ) 楽天証券が10万円以上の残高で手数料無料にすると発…
  3. 8月株主優待おすすめ
    2017年8月おすすめ株主優待5選 ふるさと納税、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)、NIS…
  4. 海外ETF
    海外ETFとは 海外ETFとは海外の証券取引所に上場している投資信託のことです。普通の…
  5. スパークス
    SBI証券(iDeCo)スパークス・日本株式スチュワードシップ・ファンドを追加 ただで…
  6. ビットコイン
    チャットするだけで仮想通貨(ビットコイン)を無料で手に入れる 仮想通貨を無料で手に入れる方法はたく…
  7. 税金をクレジットカードで支払う
    住民税(市民税・県民税)税額決定納税通知書到着 住民税(市民税・県民税)税額決定納税通…
  8. お金を貯める小規模企業共済
    節税対策には小規模企業共済という手も このサイトでなんども個人型確定拠出年金(iDeC…
ページ上部へ戻る