新ふるさと納税は楽天ふるさと納税一択

【新ふるさと納税】6月以降は楽天ふるさと納税一択か?ポイント還元を最大化する方法

このサイトで何度もお伝えしてきたように令和元年6月からふるさと納税が大きく変わりました。ふるさと納税の対象の自治体を総務省が指定できるように改正されたのです。

それにより自治体は総務省が指示するルールを厳守する必要がでてきます。もし守らないとふるさと納税の制度から排除される可能性がありますからね。そうなればお得な返礼品も少なくなることは確実です。

それでも消費者側からすれば少しでもお得にふるさと納税したいですよね。

そんなときにおすすめは楽天ふるさと納税です。

楽天以外のふるさと納税ポータルサイトは6月以降かなり条件を改悪してきましたが、楽天はどうやらそのままの条件で行くようなのです。

今回は少しでもお得にふるさと納税をするために楽天ふるさと納税でポイント還元を最大化する方法を考えて見たいと思います。

ふるさと納税が6月からどう変わったのか?

令和元年6月からふるさと納税の対象の自治体を総務省が指定できるように改正されました。今までの総務省の指示は通達レベルで拘束力がなかったんですね。

しかし、今回の改正で総務省の要求するルールは絶対となったといってもよいでしょう。

ふるさと納税で総務省が要求する3つのルール

ちなみに総務省が要求するふるさと納税のルールで大きいのは以下のとおりです。

返礼品は寄付額の30%以下(還元率3割以内)
返礼品は地場産品のみ
返礼品+経費が納税額の5割以下

つまり、返礼品の上限が押さえられ、その地区に地場産品のみが対象となるということですね。

総務省が要求するルールについて詳しくはこちらの記事を御覧ください。

関連記事

ふるさと納税の制度が6月から大きく変わります。ふるさと納税の対象の自治体を総務省が指定できるように改正されたのです。今までもふるさと納税は総務省が後出しで様々なルールを課してきました。しかし、それは通達レベルで拘束力がなかったんです[…]

2019年のふるさと納税は5月中がおすすめ

ですから今まで人気となっていた金券などが返礼品に登場することはまずないでしょう。

この影響はすでにでています。「返礼品+経費が納税額の5割以下」や「返礼品は寄付額の30%以下」を守るために返礼品の内容が悪くなったり、返礼品は変わらなくても寄付額が上がったりする自治体が続出しているのです。

ふるさと納税対象外となる自治体

新ルールではすでにいくつかの自治体がふるさと納税の対象外となりました。

除外されるのが4自治体、自体したのが1自治体となります。除外される4自治体はすべてふるさと納税で人気の自治体ですね。人気のあるところを狙い撃ちされた感じになっています。

大阪府泉佐野市
和歌山県高野町
静岡県小山町
佐賀県みやき町
東京都
東京都は辞退をしています。もともとふるさと納税では出ていかれるだけでもらう方はほとんどなかったそうですからね。
辞退をしても東京都在住の人がふるさと納税をするのに問題はありません。

ふるさと納税ポータルサイトの特典が改悪

また、返礼品+経費が納税額の5割以下の影響なのかふるさと納税ポータルサイトの条件もかなり改悪されております。

6月2日今日現在の特典を見ておきましょう。

ふるさと納税ポータルサイト名特典
ふるなびAmazonギフト券1%
ふるさとチョイスなし
Wowma!ふるさと納税Wowma!購入金額の5%ポイント追加
ふるさと本舗なし
ふるさとプレミアムAmazonギフト券2% (6月30日まで)
さとふるなし

ふるなびとふるさとプレミアムはかろうじてアマゾンギフト券1%、2%を実施していますが、その他はポータルサイト利用での還元がほぼなくなってしまいました。

ほとんどのポータルサイトは5月末まで3%〜5%のアマゾンギフト券の還元をやっていましたから寂しい限りですね。

そんな中、唯一そのままポイント還元を実施しているポータルサイトがあります。

それが楽天ふるさと納税なのです。

楽天ふるさと納税でよりお得にふるさと納税をする方法

楽天ふるさと納税は他のふるさと納税ポータルサイトと違い楽天グループ(楽天経済圏)としての活動の一環としてポイント還元を実施しています。

そのため今回の「返礼品+経費が納税額の5割以下」というルール変更にも影響を与えられず実施できるのでしょう。

つまり、同じ返礼品に寄付するなら他のポータルサイトでするよりも楽天ふるさと納税でしたほうがお得ということになります。

楽天SPU(スーパーポイントアップ)を意識しよう

楽天でふるさと納税でよりお得にふるさと納税をするためには楽天SPUをうまく使うことが必須です。

楽天SPU(スーパーポイントアップ)とは楽天グループのサービスを使うとそれに伴いポイントがアップしていく仕組みです。

具体的には下記のように各サービスの利用状況に応じて倍率がついてきます。全部利用するといつでも最大で15倍の楽天スーパーポイントが付きます。

つまり、これらサービスを一つでも多く利用するのが重要となるのです。さらに7月1日からは新たに2つのサービスが加わり最大16倍となるそうです。

サービス倍率達成条件
ポイント付与対象ポイント付与日月間獲得上限
楽天カード+2楽天カード(種類問わず)を
利用して楽天市場でお買い物
楽天市場での
カードご利用額
楽天プレミアムカード
楽天ゴールドカード
+2楽天カード(プレミアム・
ゴールド)を利用して
楽天市場でお買い物
楽天銀行楽天カード+1楽天銀行の口座から楽天カード
ご利用分を引き落とし
楽天市場アプリ+1楽天市場アプリでのお買い物楽天市場アプリでのお買い物金額
楽天証券
+1月1回500円以上のポイント投資
※楽天スーパーポイントコースへの
設定・再設定が必要
楽天市場での
お買い物金額
楽天モバイル
+2通話SIMご利用
楽天TV+1楽天TVのNBAまたはパ・リーグSpecialご加入・契約更新
楽天ブランドアベニュー+1月1回以上のお買い物
楽天ブックス+0.5月1回1注文1,000円以上
お買い物
楽天KOBO
+0.5電子書籍を月1回1注文1,000円以上
楽天トラベル
+1対象サービス・
対象期間のご利用
予約申込み月の
楽天市場でのお買い物金額
楽天ビューティ
+1月1回1,500円以上のご利用

これをすべて満たして楽天ふるさと納税をすればそれだけで15%還元が増えることになります。

特に楽天カード、楽天銀行、楽天証券は条件を満たすのも簡単ですしおすすめですね。

こんなお得な方法もあります。

関連記事

つみたてNISA関連の記事はかなり網羅してきました。しかし、ずっと書くか迷って後回しにしてきた内容があります。それが今回ご紹介する楽天証券・楽天銀行を連携させて毎日積立をする方法です。これは最強な裏技すぎて広まれば改悪される[…]

つみたてNISAは楽天証券が最強

楽天のセール日を狙う

また、楽天では定期的に様々なセールやポイント還元が行われています。

その際に楽天ふるさと納税をすればさらに還元率を上げることができます。

代表的なのが以下のセールです。

楽天スーパーセール

まずは楽天の目玉のセールである「楽天スーパーセール」です。

楽天スーパーセールはだいたい3ヶ月毎に行われているようです。

内容はその都度微妙に変わっていますが、たいてい買い回りでポイントアップを行っています。

買い周りは複数の店舗で購入するとその都度ポイントが1倍ずつ増えて最大10ショップで購入すれば10倍ポイントがプラスされるのです。

これは楽天ふるさと納税も同様で自治体ごとに1ショップとして扱われますので10自治体に寄附をすればそれだけでポイントが10倍プラスされます。

前述のSPUと併用されますので30%還元でも楽天SPU15倍、楽天スーパーセール10倍で合計最大で55%の還元を得られることになります。

ちなみに直近だと6月4日から楽天スーパーセールが実施されますね。

>>楽天スーパーセール

お買い物マラソン

楽天スーパーセールが行われていない時期に実施されるのが「お買い物マラソン」です。

こちらも楽天スーパーセールと同様に買い回りでポイントアップが行われます。

最大10倍ポイントがアップされるのです。

楽天イーグルス・ヴィッセル神戸が勝つ

また、楽天イーグルスやヴィッセル神戸が勝利した次の日にはポイントアップ2倍されます。

エントリーが必要ですからチェックしておきたい所。

>>買ったら倍

毎月5と0のつく日

楽天カード利用者限定ですが、毎月5と0がつく日にはポイントが増量されます。

楽天市場でお買い物した場合の通常ポイント1倍とSPU(スーパーポイントアッププログラム)の楽天カード特典分(「楽天カードご利用でポイント+2倍」)に本キャンペーン(毎月5と0の付く日は楽天カードご利用でポイント5倍)特典の+2倍分を合計して5倍

こちらもエントリーが必要ですからやっておきましょう。

>>毎月5と0のつく日

まとめ

今回は「【ふるさと納税】6月以降は楽天ふるさと納税一択か?ポイント還元を最大化する方法」と題して楽天ふるさと納税についてみてきました。

まとめると以下の通りです。

楽天ふるさと納税は今後もお得が続きそう
楽天SPUをフル活用
楽天のセール日を狙おう

楽天ふるさと納税はこちらからどうぞ

>>楽天ふるさと納税

最後まで読んでいただいてありがとうざいます。

読んでいただきありがとうございました。

フェイスブックページ、ツイッターはじめました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

新ふるさと納税は楽天ふるさと納税一択
最新情報をチェックしよう!