韓国を投資先から除外

韓国には投資したくない!投資信託(インデックスファンド)の投資対象から韓国を外す方法をご紹介

今までもいろいろなゴタゴタがありましたが、最近は特に日本と韓国の間がかなりきな臭くなってきました。

日本がフッ化ポリイミドとレジスト、フッ化水素を輸出規制をすることで韓国経済への影響もかなり大きくなってくると思われます。

それが大きいのでしょう、下記のような質問をいただきましたので回答させていただきます。

先日からつみたてNISAに加入しました
購入しているのはeMAXIS Slimシリーズの先進国と新興国です。
しかし、投資対象を見ると韓国が入ってしまっています。
これをなんとか韓国を外せる商品とかないのでしょうか?
どうしても韓国には投資したくないんですよ。

今回は投資信託(インデックスファンド)で韓国を投資対象から外す方法をご紹介します。

韓国は投資信託により先進国、新興国に含まれる

まず、韓国を投資対象から外すために押さえておきたいのはどの商品に韓国が入っていて、どの商品に韓国が入っていないのかです。

実は韓国株は投資信託によって先進国に入っている場合もあれば、新興国に入っていたりするんですよ。


全世界株投資信託(インデックス型)

まずは全世界の株へ投資をする商品から見ておきましょう。

代表的な投資信託は以下のものがあります。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)
楽天・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))
eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)
SBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(全世界株式))
野村つみたて外国株投信

これらは全世界へ投資をする商品ですから当然韓国も含まれてきます。

例えばeMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)の場合には2019年4月25日現在だと81.1%が先進国株、11.7%が新興国株、7.1%が日本株への投資となっています。

韓国は新興国株に含まれておりそのうちの14.5%が韓国となっています。

つまり、全体から見れば1.6965%が韓国への投資となります。

商品によってその比率は微妙に変わってきます。

例えば同じeMAXIS Slim シリーズのeMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)は日本がない分だけ多く1.827%となっています。

具体的には以下の比率です。

なお、割合は最新の運用報告書により私が計算したものになります。ですから多少誤差がある場合がありますがご勘弁ください。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)楽天・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)SBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(全世界株式))野村つみたて外国株投信
韓国への投資割合1.827%1.5%1.6965%1.71%1.5%

先進国株投資信託(インデックス型)

次に先進国株です。

先進国株へ投資する代表的な投資信託は以下のものがあります。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
たわらノーロード 先進国株式
SBI・先進国株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(先進国株式))

先進国株は韓国が含まれている商品、含まれていない商品があります。

簡単に言えばベンチマークが「MSCI コクサイ インデックス」となっている投資信託は韓国を含んでいません。

逆に「FTSEデベロップド・オールキャップ・インデックス」となっている投資信託は韓国を含んでいます。

上記の4つだと「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」と「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」、「たわらノーロード 先進国株式」は「MSCI コクサイ インデックス」ですから韓国を含んでいません。

「SBI・先進国株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(先進国株式))」は「FTSEデベロップド・オールキャップ・インデックス」ですから韓国を含んでいます。

具体的には以下の比率です。

なお、割合は最新の運用報告書により私が計算したものになります。ですから多少誤差がある場合がありますがご勘弁ください。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドたわらノーロード 先進国株式SBI・先進国株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(先進国株式))
韓国への投資割合なしなしなし2.088%

新興国株投資信託(インデックス型)

次に新興国株へ投資をする投資信託です。

新興国株へ投資する代表的な投資信託は以下のものがあります。

eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
SBI・新興国株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(新興国株式))
楽天・新興国株式インデックス・ファンド
たわらノーロード 新興国株式
<購入・換金手数料なし>ニッセイ新興国株式インデックスファンド

新興国株も韓国が含まれている商品、含まれていない商品があります。

簡単に言えばベンチマークが「MSCIエマージング・マーケット・インデックス」となっている投資信託は韓国を含んでいます。

逆に「FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ」となっている投資信託は韓国を含んでいません。

さっきの逆ですね。

上記の5つだと「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」と「<購入・換金手数料なし>ニッセイ新興国株式インデックスファンド」、「たわらノーロード 新興国株式」は「MSCIエマージング・マーケット・インデックス」ですから韓国を含んでいます。

「SBI・新興国株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(新興国株式))」と「楽天・新興国株式インデックス・ファンド」は「FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ」ですから韓国を含んでいません

具体的には以下の比率です。

なお、割合は最新の運用報告書によるものです。

eMAXIS Slim 新興国株式インデックスSBI・新興国株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(新興国株式))楽天・新興国株式インデックス・ファンドたわらノーロード 新興国株式<購入・換金手数料なし>ニッセイ新興国株式インデックスファンド
韓国への投資割合14.4%なしなし14.1%12.8%

韓国を投資先から除外するには

今まで見てきたように投資信託により韓国を含むもの、含まないものそれぞれあります。

そこをうまく利用すれば韓国へ投資せずそれ以外の全世界への投資も可能です。

まず、全世界株となっている商品はすべて韓国が含まれてしまっていますので除外です。

先進国株は「MSCI コクサイ インデックス」をベンチマークとしている商品を選択します。

MSCI コクサイ インデックスでは韓国は新興国の扱いとなっているため含まれないのです。

逆に新興国株は「FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ」をベンチマークとしている商品を選択します。

FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップは逆に韓国は先進国の扱いとなっているため含まれません

つまり、先進国株は「MSCI コクサイ インデックス」、新興国株は「FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ」をベンチマークとしている投資信託を選べば韓国を除外して世界へ投資することが可能となります。


韓国を除外した投資信託ポートフォリオ例

それでは実際に韓国を除外する場合の投資信託のポートフォリオを見てみましょう。

日本を入れないポートフォリオ

まずは日本をいれないパターンです。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 87.4%
SBI・新興国株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(新興国株式)) 12.6%

2つの投資信託に「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」87.4%、「SBI・新興国株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(新興国株式))  」12.6%投資をすれば韓国を除いた「eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)」と同じようなポートフォリオとなります。

日本を入れるポートフォリオ

日本を入れる場合は以下のようにするとよいでしょう。

eMAXIS TOPIXインデックス 7.39%
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 81.58%
SBI・新興国株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(新興国株式))11.06%

上記の3つの投資信託に「eMAXIS TOPIXインデックス」7.39%「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」81.58%、「SBI・新興国株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(新興国株式))  」11.06%投資をすれば韓国を除いた「eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)」と同じようなポートフォリオとなります。

まとめ

今回は「韓国には投資したくない!投資信託(インデックスファンド)の投資対象から韓国を外す方法をご紹介」と題してインデックス投資をする場合に韓国を除外する方法をみてきました。

私個人としては政治的な問題や感情的な問題を抜きにしても韓国を投資対象と考えていません。あまり知られていませんが、韓国は日本より出生率が低く将来的には日本よりも少子高齢化が進むとの予想もあるんですよ。人口減や少子高齢化は経済にとってかなりマイナスですから長期的に見て魅力的な投資先とは見れないからです。輸出が強いといってもそれだけでは・・・

人口減の与える影響については下記記事を御覧ください。

関連記事

先日、総務省が住民基本台帳に基づく2019年1月1日時点の人口動態調査を発表しました。これによると日本人の人口は約1億2477万人と前年から約43万減少となっています。10年連続の下げで下げ幅は過去最高です・・・また[…]

人口減少で株への影響

また、韓国は年金問題も日本よりかなり厳しいのです。

関連記事

金融庁が出した年金だけでは2000万円足りない問題を発端とした年金不安が広がっています。それもあってか証券会社や銀行に行って投資を始める人が増えています。また、ネット証券会社のつみたてNISA、イデコを始める人も急増しているそうです[…]

韓国の国民年金が破たん

ただし、全世界株の投資信託でも韓国の占める比率1.5%前後とかなり少ないですから韓国が投資先として別に入ってても別によいかな・・・って感じですね。

韓国が入っているのがどうしても気になる方は今回の記事を参考にされるとよいでしょう。

韓国をインデックスファンドの投資から外す方法をまとめると以下のとおりです。

先進国株は「MSCI コクサイ インデックス」をベンチマークとした投資信託を選ぶ
新興国株は「FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ」をベンチマークとしている投資信託を選ぶ

つみたてNISAなら上記を問題なく実行できます。

しかし、個人型確定拠出年金(iDeCo)の場合には35本制限もあり掛けられる投資信託がかなり限られていますので上記を実行するのはほとんどの証券会社で無理ですね・・・ちなみにSBI証券の場合にはオリジナルプランなら実行可能ですが、セレクトプランだと「FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ」をベンチマークとしている新興国株ファンドが取り扱われておらずできません。

なお、それぞれの投資信託の特徴や信託報酬などはこちらの記事を御覧ください。

関連記事

投資信託は本当にたくさんの種類があります。本当におすすめしたい優良なものから、買ったらだめ絶対!!なものまで玉石混淆です。そこで今回は投資信託のうち初心者にやさしいインデックスファンドのなかからおすすめをまとめてみます。つみたてNI[…]

【2019年版】おすすめ投資信託(インデックスファンド)まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

フェイスブックページ、ツイッターはじめました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

韓国を投資先から除外
最新情報をチェックしよう!