成功報酬制の信託報酬 おおぶねグローバル(長期厳選)は買い?

【おおぶねグローバル(長期厳選)】レビュー。信託報酬は運用会社の基準報酬ゼロで実績報酬型

またもや面白い投資信託が登場しました。

農林中金バリューインベストメンツの「おおぶねグローバル(長期厳選)」です。

設定日は3月19日で4月1日からはSBI証券と楽天証券で取り扱いが開始されます。

信託報酬は運用会社の基準報酬がゼロで、実績報酬制度である「ハイ・ウォーターマーク方式」を採用する投資信託となります。

つまり、簡単に言えば運用会社分については基本料金を取らず、実績に応じて信託報酬が決まる成功報酬のような仕組みとなります。

先日、ご紹介した「野村スリーゼロ先進国株式投信」は10年間信託報酬がゼロでしたがそれとはまた違ったアプローチの仕方ですね。

今回は「おおぶねグローバル(長期厳選)」についてレビューしていきます。

おおぶねグローバル(長期厳選)とは

それでは「おおぶねグローバル(長期厳選)」について詳しく見ていきましょう。

おおぶねグローバル(長期厳選)は農林中金バリューインベストメンツの新しいタイプの投資信託です。

最大の特徴は信託報酬の運用会社取り分の基本報酬がゼロであることでしょう。

そして成功報酬として実績報酬制度として「ハイ・ウォーターマーク方式」採用して実績に応じて信託報酬が決まってきます。


おおぶねグローバル(長期厳選)の投資先

おおぶねグローバル(長期厳選)はアクティブ型の投資信託です。

以下の方針で投資先が決定されます。

・圧倒的な競争力を有する企業への長期厳選投資
・北米・欧州・日本の上場株式が主要投資対象
・海外及び国内の深い企業調査を通じ①付加価値の高い産業、②圧倒的な競争優位性、③長期的な潮流の3つの基準を満たす「構造的に強靭な企業」を選定。確信度が高いと考えられる20〜30銘柄を厳選し長期投資を行う
・為替ヘッジなし
出所:農林中金バリューインベストメンツ 有価証券届出「おおぶねグローバル(長期厳選)」より

つまり、「付加価値の高い産業」、「圧倒的な競争優位」、「長期的な潮流」の3つの基準で北米・欧州・日本の上場株式の中から20〜30銘柄を厳選し、長期投資をするってことですね。

参考:長期厳選投資おおぶねの投資先

ちなみに似たコンセプトの投資信託があります。

同じく農林中金バリューインベストメンツの「長期厳選投資おおぶね」です。

こちらは北米株を対象に「付加価値の高い産業」、「圧倒的な競争優位」、「長期的な潮流」の3つの基準に銘柄選定を行う投資信託で直近の投資先は26銘柄で上位10銘柄は以下の通りです。(2020年1月31日基準日)

※スマートフォンの方はスクロールしてお読みください。

銘柄名 業種 組入比率
COLGATE-PALMOLIVE CO 生活必需品 7.6%
THE WALT DISNEY CO. コミュニケーションサービス 7.4%
VISA INC-CLASS A SHARES 情報技術 7.2%
BECTON DICKINSON & CO ヘルスケア 7.2%
TEXAS INSTRUMENTS INC 情報技術 6.0%
3M CO 資本財・サービス 5.7%
CHURCH & DWIGHT CO INC 生活必需品 4.5%
CLOROX COMPANY 生活必需品 4.4%
MCCORMICK & COMPANY 生活必需品 4.4%
SHERWIN-WILLIAMS CO/THE 素材 4.2%

出所:長期厳選投資おおぶね 運用レポート2020年2月17日より

「付加価値の高い産業」、「圧倒的な競争優位」、「長期的な潮流」の3つの基準に銘柄選定を行うという点は同じですから「おおぶねグローバル(長期厳選)」の選ぶ投資先も似た傾向になる可能性が高いでしょう。

投資先が長期厳選投資おおぶねは米国株のみ、おおぶねグローバル(長期厳選)は北米・欧州・日本という違いはありますが・・・

おおぶねグローバル(長期厳選)の手数料

次におおぶねグローバル(長期厳選)の手数料を見ておきましょう。

なお、信託財産留保額はありません。

買付手数料

買付手数料は上限1.65%(税抜1.5%)です。

ただし、最近は買付手数料を取らないところが多いですから多くの金融機関はこちらの投資信託も無料で扱うと思われます。

実際に前述した「長期厳選投資おおぶね」も買付手数料ゼロとしている証券会社がほとんどです。

信託報酬

信託報酬はちょっとややこしい仕組みとなっています。

基準報酬

まず基本報酬は以下のとおりとなります(4月1日以降)

委託会社の取り分がゼロであるところが最大の特徴でしょう。それだけ運用に自信があるんでしょうね。

ただし、委託会社分がゼロでも年0.300%の信託報酬(500億円未満)があります。

先進国株全般に投資をする<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドの信託報酬が0.1023%以内ですからすでに負けてしまっているのが気になるところです。(インデックス型とアクティブ型で単純な比較は出来ませんが)

※スマートフォンの方はスクロールしてお読みください。

合計 委託会社 販売会社 受託会社
500億円未満の部分 年0.300% 0% 年0.271% 年0.029%
500億円以上1,000億円未満の部分 年0.275% 0% 年0.246% 年0.029%
1,000億円以上の部分 年0.250% 0% 年0.221% 年0.029%

出所:農林中金バリューインベストメンツ 有価証券届出「おおぶねグローバル(長期厳選)」より

成功報酬
おおぶねグローバル(長期厳選)成功報酬イメージ
おおぶねグローバル(長期厳選)成功報酬イメージ

出所:農林中金バリューインベストメンツ 有価証券届出「おおぶねグローバル(長期厳選)」より

委託者は基準報酬がゼロの代わりにハイ・ウォーターマーク方式(HWM)を用いた成功報酬を受領します。

成功報酬額は、毎営業日に、当該営業日の基準価額がHWMを超えた場合に、その超過額に10.0%(税抜)を乗じて得た額に1万で除した額に当該営業日の受益権口数を乗じた額となります。

ちょっとややこしいですが、最高値を更新するとその上昇分に10.0%(税抜)を乗じたものが成功報酬となるってことですね。

逆に言えばずっと最高値を超えなければ成功報酬が発生しないということになります。どんどん最高値を更新している場面では高めの信託報酬となってきますね。

相場の状況により信託報酬が大きく変わってくる投資信託です。

おおぶねグローバル(長期厳選)は買いなのか?

>>次はおおぶねグローバル(長期厳選)は買いなのか?

成功報酬制の信託報酬 おおぶねグローバル(長期厳選)は買い?
最新情報をチェックしよう!