【自営業、フリーランス必見】個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の隠れたメリット

自営業者、フリーランス必見。iDeCoの隠されたメリット

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)にはもう1つ隠されたメリットがあることをご存知でしょうか?

今回はこの隠されたメリットについて見ていきたいとおもいます。

とくに自営業者の方必見ですよ。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)以外の自営業向けの年金対策はこちらを御覧ください。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)とは

まずは、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)とはなにかについて見ていきましょう。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)は簡単に言えば国民年金や厚生年金とは別に個人で入る年金制度のことです。

メリットとしては

掛け金が全額所得控除(小規模企業共済等控除)であるため節税効果があること
運用で利益がでても非課税であること
受け取るときも一時金なら退職金控除、年金なら公的年金控除を受けれること

があります。

かなりメリットが大きい制度ですので入らない手はありませんよね。

詳しくは下記のページを御覧ください。

実は前述のメリット以外にも自営業者は考えて置きたいメリットがあるのです。

自己破産で没収されない

もう一つの隠されたメリットとして自己破産しても没収されないということがあります。

自営業者の場合に銀行の融資を受ける際などに社長個人の保証を付けさせられることが多いと思います。

そのため、会社をたたむときにはそれらの返済義務が個人の資産にも及ぶのです。

そうなれば自己破産をする方もいるのですが、その場合に預貯金や株式、不動産、生命保険などほとんどの資産を没収されて債権者への返済に充てられます。

しかし、年金制度の1つである個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)は没収の対象外とされています。

これはは確定拠出年金法第32条で、

「給付を受ける権利は、譲り渡し、担保に供し、又は差し押さえることができない。
ただし、老齢給付金及び死亡一時金を受ける権利を国税滞納処分(その例による処分を含む。)により差し押さえる場合は、この限りでない。

と定められているためです。

つまり、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)で積み立てておいたお金は自己破産したとしても保護されるのです。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)は自分自身の資産を守る手段としても使えるってことなのです。


急には掛けれない・・・

では倒産しそうになったときに一気にかければいいじゃない?

って思う方もいるかもしれません。

しかし、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)は掛けれる金額が個人事業主の場合で月額6万8千円です。

現在のところ月払いしかできませんので慌てて加入しようとしても大抵の場合間に合いませんし、間に合っても微々たるお金しか積み立てられません。

つまり、早め早めの準備が必要ってことですね。

離婚時の年金分割対象外

もう一つあるのが離婚時の年金分割の対象外であるという点です。

離婚時の年金分割とは離婚したときに年金の一部を配偶者に渡すことになる制度です。

離婚時の年金分割は下記のようになります。

確定拠出年金年金分割

出所:社会保険庁WEBページより

つまり、2階建て部分が対象となり、国民年金と3階建てにあたる部分は対象外なのです。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)は3階建て部分ですから年金分割の対象外となります。

(年金分割の対象外ですが財産分与では対象であるという見解もありますのでご注意くださいね。)

まとめ

今回は個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の裏のメリットをご紹介しました。

もちろん廃業や離婚などしないに越したことはありませんが、いざという時の備えも重要ですよね。

ぜひ早めに準備しておきましょう。

イデコに加入するならこの4社から選ぼう

イデコを始めるにはまずどこの金融機関で始めるのかを決めなくてはなりません。

たくさんの金融機関、証券会社が取扱をはじめていますので迷う方も多いでしょう。

私は今もし、加入するならSBI証券かイオン銀行、楽天証券、マネックス証券の4択で決まりだとおもいます。

その中でもマネックス証券 iDeCoが筆頭候補となります。
信託報酬がほとんど最安値でスキがありません。

次点がSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」かな。
SBI証券はたくさんの運用商品があり、信託報酬も安いものも多くあります。
そのため選択の楽しさがあるでしょう。
また、ひふみ年金やジェイリバイブのようなアクティブファンド、iFree8資産やダウ、グローバル中小などの人気商品の取扱もポイント高いですね。

イオン銀行iDeCoはたわらシリーズが充実していたり、ひふみ年金の取扱があります。
このあたりに興味持つ方は選択肢として全然ありです

楽天証券 確定拠出年金は楽天スーパーポイントがたまったり、セゾン投信なんかに加入できます。
また、将来的に楽天・全世界株式インデックス・ファンドと楽天・全米株式インデックス・ファンドといった人気商品の取扱も期待できます。

総合して考えるとこの4つのどれかに加入すれば後悔はないかなと思います。

他の運営管理機関もぜひがんばってほしいところですね。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)については下記の記事も合わせて読んでいただくと理解しやすいと思います。




読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
idecoブログランキング
人気ブログランキングへ

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. 楽天スーパーポイントで投資信託
    楽天スーパーポイントで投資信託が買える!! 少し前のブログにも速報を書きましたが楽天証…
  2. マネックス証券のイデコ
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の競争は一段落? つみたてNISAの受付が始まり、そちらに…
  3. ビットコイン
    チャットするだけで仮想通貨(ビットコイン)を無料で手に入れる 仮想通貨を無料で手に入れる方法はたく…
  4. 期待値で考える投資法
    絶対勝てる方法は存在しない。しかし・・・ 株式投資にかぎらず、投資の世界で絶対勝てる方法(聖杯)は…
  5. 楽天バンガードファンド創設
    【楽天・バンガード・ファンド】の創設を発表 先日、投資信託業界に衝撃を与えた楽天・全世界株式インデ…
  6. 個人年金保険とイデコ比較
    個人年金保険という方法もある 将来の老後に備える制度としてこのページでも何度も紹介している「個人型…
  7. ideco対ふるさと納税
    お得な制度として有名になってきたふるさと納税、今年から公務員などにも解禁され、こちらもお得な確定拠出…
  8. 自営業者フリーランスの老後対策
    自営業者・フリーランスは自分で老後対策が必要 自営業者(個人事業主)やフリーランスは自…
ページ上部へ戻る