2020年版 投資におすすめなカレンダー

2020年版 投資におすすめなカレンダーをご紹介。投資するならアノマリーやアストロロジーを意識しよう。

株式投資などをするときに私がかなり意識していることがあります。

それが縁起やアノマリー、アストロロジーです。

例えばIPOに申し込むときは必ず下記記事を参考に縁起の良い日にしてますね。

効果のほどはあまり実感ありませんが(笑)

今回はそんな縁起やアノマリー、アストロロジーに関係する投資するのにおすすめのカレンダーや本をご紹介します。

投資に役立つカレンダーはかなりの種類が発売されているんですよ。

縁起が良い日を知るカレンダー

まずは縁起を担ぐ方向けの良い日を知るためのカレンダーです。

縁起の良い日と言えば「大安」が有名ですが、他にもたくさんあるんですよ。

例えば最近宝くじ売り場なんかでもノボリが立つようになっていますが、撒いた種が後になって万倍になって返ってくるとされる吉日「一粒万倍日」、天がすべての罪を赦すとされる最上の吉日「天赦日」、弁財天の使いである蛇が財運をもたらすとされる吉日「巳の日」なんかがあります。

大吉招福ごよみ

まずは「大吉招福ごよみ」です。

見るからに縁起の良さそうなカレンダーですね(笑)

使い勝手もかなり良好で金運吉日として一粒万倍日や巳の日などをマークで表示してくれています。

最強金運カレンダー

次は「最強金運カレンダー」です。

こちらも見るからに縁起良さそうな見た目と名前ですね。

ひと月ごとに全体運やアドバイスが記載されているのがうれしいところですね。

アノマリーやアストロロジーを知るカレンダー

次はアノマリーやアストロロジー(アストロジー)です。

アノマリーとは根拠はないけどなんかあたってしまうぜ的な経験則のことを言います。タピオカが流行ると株が大暴落をするとか日本で有名な格言である「節分天井、彼岸底」とかアメリカで有名な格言「セルインメイ」なんかがそれに当たります。

また、アストロロジーとは占星術のことです。

占星術というと胡散臭いと思う方も多いでしょうが、投資家やプロのトレーダーの方の中にはかなり意識している人はみえるんですよ。

ここからはアノマリー、アストロロジーをすることができるカレンダーなどをご紹介します。

フォーキャスト2020

フォーキャスト2020
フォーキャスト2020

まずは「フォーキャスト2020」の日本語版です。

カレンダーではありませんが、アノマリーやアストロロジーを知ることができる毎年販売されている人気の本ですね。

「サイクル」「アストロロジー(占星学)」「テクニカル」の3本柱で市場経済を読み解く分析集団MMA(メリマン・マーケット・アナリスト)

その創設者であるレイモンド・メリマン氏が、毎年発行する予測本が『フォーキャスト』です。

サイクル、アストロロジー、テクニカルから米国及び国際情勢を予測、これに付随した各金融・商品市場(米国債、日米株式、ドル、ユーロ、円、スイスフラン、貴金属、原油、穀物)の動向を予測したものとなります。

日本株はアメリカの株や債券にかなり影響されてきますからね。

アメリカの予想を知っておくことは日本株しかやっていない人にも大きな意味を持ちます。

かなり高い本ですが私は毎年買ってます(笑)

ラリーウィリアムズの投資アノマリーカレンダー

ラリー・ウィリアムズの投資アノマリーカレンダー 2020
ラリー・ウィリアムズの投資アノマリーカレンダー 2020

アメリカを代表する投資家「ラリー・ウィリアムズ」

ラリー・ウィリアムズの短期売買法なんかはとても有名ですよね。

私もラリー・ウィリアムズの本はたいてい持っています。

そんなラリー・ウィリアムズが日米の株式投資に役立つ情報をいれたカレンダーを販売します。

過去、S&P500先物27年間、CME日経225先物13年間などかなり長い期間を検証した月間ごとの勝率、日米シーズンパターンを網羅、トレンド性を無視したバイアス、日米市場の重要日、ラリー・ウィリアムズの金言が記載と投資をする人にはかなりありがたい情報が満載となっています。

私はこのカレンダーの存在を知らなかったのですが、この記事を書くことで知れてよかったです。

もちろん買いますね。

月の満ち欠けカレンダー

次は「月の満ち欠けカレンダー」です。

365日間の間、毎日月の満ち欠けをシンプルに表現してくれているカレンダーです。

月の満ち欠けと投資にどう関係あるんだ??って疑問の方も多いでしょう。

実はこれ過去のデータを検証するとかなり関係があるという話もあるのです。

例えばSBI証券が1999年1月から2015年3月までのTOPIXの価格変化(日足、終値ベース)と、満月(当日のみ)、新月(当日のみ)、満月の前営業日から2営業日後まで、新月の大潮の4つについて、有意な関係が見られるか調べてみたところ、新月の大潮の頃にTOPIXは1日当たり0.14%程度上昇する傾向がある」(有意水準3%)という結果となったそうです。

また、満月の日は相場の転換点となりやすいという過去データもあります。

新月と満月は意識しておくのに越したことはないでしょう。

まとめ

今回は「2020年版 投資におすすめなカレンダーをご紹介。投資するなら縁起やアノマリーを意識しよう。」と題して2020年版 投資におすすめなカレンダーをご紹介しました。

今回紹介したカレンダーはどれも投資に役に立ちそうなものばかりです。

ぜひ来年のご準備を早めにしておきましょう。

カレンダーは早めに注文しておかないと売り切れで終了って事が多いです。ご注意くださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

フェイスブックページ、ツイッターはじめました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

2020年版 投資におすすめなカレンダー
最新情報をチェックしよう!