WEBサイト買取業者の話を聞いてみた。あなたのブログも売れる?投資案件としても魅力的

最近、いろいろな業者からいただく連絡があります。

それはあなたのWEBサイト売らないか?ってものです。

つまり、本WEBサイト「お金に生きる」を買いたいというのです。

売る気はないのでいつもは無視しているのですが、大きなクライアントが名指しで「お金に生きる」を指定してきた、かなり大きな金額を提示するということでしたので話を聞いてみました。(営業トークでしょうが)

今回はその話を踏まえWEBサイトのM&Aについてみていきます。

WEBサイトの買取(M&A)とは

WEBサイトの買取(M&A)は最近多くの企業が参入を始めています。

企業間のM&Aを手掛けている会社やアフィリエイト会社なんかも参入していますね。

有名所ではアフィリエイトの最大手A8が扱い始めていますね。

今回私の元に連絡が来たのは大手M&A会社でした。

本業は企業のM&Aで問い合わせが多いので最近WEBの買取も始めたとのこと。

WEBサイト買取が流行っている背景

企業はなぜ個人のWEBサイトを買い取るのでしょう?

大手M&A会社の方の話によると企業が自社ドメイン(サブドメイン)でオウンドメディアを始めることが流行っている

一から立ち上げると大変なのである程度の規模のところを買い取っているとのことでした。

たしかに5月のグーグルコアアップデート以降、大手企業がかなり優遇されて上位がそればかりになっていますからね。

サブドメインでオウンドメディアを持てばかなりの収益があがるでしょうからね。

某サーバー会社がブロガーのパクリのようなサーバーを紹介するサイトを作って炎上したり、銀行や証券会社のサブドメインのオウンドメディアが本サイト「お金に生きる」の記事をほぼ丸パクリしているのもその流れですね。

売却側のメリット

売却する個人としても収益を早めに現金化できるのは魅力を感じる方も多いでしょう。

交渉によってはかなりまとまったお金が手に入りますしね。

すでにブログやWEBサイト作成のノウハウを持っている場合には、また一から作成することもできるでしょうし。

(相手先やM&A会社によっては同カテゴリーのサイトを立ち上げるのを禁止しているケースもあるようですが)

WEBサイトの買取相場は?

それでは肝心の話、いくらで売れるのかです。

WEBサイトといえどもM&Aですから売り手と買い手が納得する金額でしか成立しません。

最近はA8のそれのようにいくらで売りますとサイト側から提示しているケースも多いようですが・・・

その場合、サイト側の提示額が高すぎてなかなか成立しないとか。

相場は大手M&A会社の方いわく、月間収益の6ヶ月から36ヶ月くらいとのこと。

例えば月に10万円稼いでいるサイトなら60万から360万円が相場ということになります。

これが高いと感じるか、安いと感じるかは人それぞれでしょうね。

最近はグーグルが個人よりも企業を優先する用になっている傾向がありますので売却が成立するケースが増えているそうです。

収益が下がりきってしまう前に確定してしまおうってことでしょうね。

ブログを売ってユーチューバーというケースが増えている

ある有名ブログも実はすでに売却され企業が運営してるということもあるとのことでした。(具体名も聞きましたが真偽不明ですし伏せておきます)

その方はブログの収益を中心に生活してらしゃったそうです。

しかし、最近は収益が激減して困っていた所、WEBサイトの買取話しが来て売却。

現在はYou Tubeをがんばっているとか。

こういうブロガーがブログを売ってユーチューバーに転向するケースも増えているそう

また、売却後に別WEBサイトを立ち上げてある程度まで育ててまた売却という連続起業家のようなことをしている方もいるそうです。


お金に生きるはいくらで売れるのか?

先に結論をお話しておきますと、今回のWEBサイトのM&A話は興味本位で話を聞いただけです。

そのため、どんな金額を提示されてもお断りするつもりでした。

ですのでお断りしています

ただし、金額の提示は受けて少し揺れたのは本音です(笑)

具体的な金額は載せませんが、本サイトの月間収益の60ヶ月分くらいでした。

実に5年分ですね。

先方に本サイトの月間収益を提示していませんし、先方がこのサイト買ってと指定してきたため、かなり相場より高い金額を提示されたようです。

投資案件として面白いかも

今回はサイト売却の話を中心に見てきましたが、逆に投資としてWEBサイトを買うというのも面白いかもしれません

すでに収益が上がっているサイトはもちろんですが、ちょっと手直しすれば収益があがりそうなサイトを購入して手直したりなんてことも可能でしょうからね。

そのあたりの見極めができればかなり美味しい話だと思われます。

例えば月10万円稼げるサイトを月間収益の24ヶ月分の240万円で購入したとしましょう。

そのサイトを手直しして20万円稼げるサイトにすれば1年足らずで元が取れます。

そのまま月間収益10万円の現状維持であっても2年でもとが取れる計算になります。

投資と考えればかなりの利回りとなりますね。

実際に成功事例ではサイトを購入した金額から見た利回り5000%を超えているなんて事例もあるようです。

下手な投資をするよりも美味しいかもしれません。

個人的には自分のサイトを売却するというよりこちらの方に興味が湧きましたね。

売り手側が買取金額を出して交渉するスタイルの大手サイトキャッチャーでは、下記のようにすでにかなり多くのWEBサイトが売りに出されていますし、交渉成立していますね。相場の参考にはなると思います。

>>サイト売買 サイトキャッチャー

グーグルアップデートの影響や更新者が変わることでの収益減少リスクもかなりありますけどね。

WEBサイトの売買時の注意点

今後もWEBサイトのM&Aの話は多くなってくるでしょう。

しかし、注意してほしいところがあります。

それは詐欺的な行為が横行しそうな予感がするからです。

例えば売却を済ませて受け渡ししたのにお金が入ってこないとか

逆にお金を払ったのにサイトの受け渡しがされないとかいうこともありえるでしょう。

ですから契約はしっかり結んでおきたいですし、仲介業者や売り手・買い手もしっかり確認しておく必要があるでしょう。


まとめ

今回は「WEBサイト買取業者の話を聞いてみた。あなたのブログも売れる?投資案件としても魅力的」と題してWEBサイトのM&Aについてみてきました。

個人的には自分のサイトを売ることは今のところ考えていませんが、逆に投資案件として他の人のサイトを買うことは真剣に検討してみようかな・・・って思い始めています。

掘り出し物ないかな・・・

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

あなたのブログも 高値で売れるかも
最新情報をチェックしよう!