SOMPO123 先進国株式は買い?先進国株投資信託の信託報酬最安値を更新の0.077%

かなり興味深い投資信託が登場しますのでご紹介しましょう。

「SOMPO123 先進国株式」です。

特筆すべきは信託報酬。

0.077%(税込)と今まで出ている先進国の株式に投資をする投資信託と比べても最安値となります。

今回は「SOMPO123 先進国株式」について詳しく見ていきます。

SOMPO123 先進国株式の概要

まずは「SOMPO123 先進国株式」の概要から見てみましょう。

なお、下記情報はSOMPOアセットマネジメント株式会社から提出された有価証券届出書及び公式から発表されたプレスリリースがソースとなっています。

元資料が見たい方は有価証券報告書等の開示資料を閲覧するサイトであるEDINETから「SOMPO123 先進国株式」と検索してみてください。

ファンドの名称SOMPO123 先進国株式
運用会社SOMPOアセットマネジメント株式会社
ベンチマークなし
投資対象日本を除く先進国の株式(原則として概ね123銘柄 程度)為替ヘッジなし
設定日 2021年12月21日

注目すべきはこの投資信託はインデックス型ではないことでしょう。

一般的に信託報酬が高いとされるアクティブ型となっています。

投資対象は123銘柄(だから名前に123と入っているようです)

SOMPO123 先進国株式の手数料

次に手数料を見ていきましょう

信託報酬率

SOMPO123 先進国株式の信託報酬率は

年率0.077%(税込)
となっています。
今まで日本を除く先進国の株式を投資対象とした投資信託で信託報酬最安値はeMAXIS Slim 先進国株式インデックスと<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドで0.1023%でした。
日本を含むタイプでもSBI・先進国株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(先進国株式))の0.1022%
その最安値を0.252%も更新をするというのは驚きです。
投資した株を貸株に出してその貸株料で信託報酬を安くしてるらしいんですよ。
ライバルたちは対抗してくるのかが注目ですね。

購入時手数料

購入時手数料は

 なし

となっています。

信託財産留保額

信託財産留保額は

なし
となっています。
ただし、信託財産留保額はなしが得とは一概には言えない部分もあります。

SOMPO123 先進国株式の取り扱い金融機関

SOMPO123 先進国株式の取り扱い金融機関は以下のとおりです。

なお、SBI証券は2021年12月21日から松井証券は2021年12月27日からの取り扱い開始となっています。

他の証券会社にも徐々に販路を拡大していくものと予想します。

SOMPO123 先進国株式の設定日

SOMPO123 先進国株式の設定日は

2021年12月21日

となっています。

※当初申込期間は2021年12月20日です。

信託期間は無制限となっています。



SOMPO123 先進国株式と競合投資信託の比較

それでは競合となりそうな投資信託と比較するとどうなのでしょう?

信託報酬はたしかに先進国株投資信託としては最安値なんですが、単純比較できない部分もあるんですよ。

SOMPO123 先進国株式はベンチマークのないアクティブファンドであり、投資対象は123銘柄と少ないためです。
投資対象が日本を除く先進国の株式と同じ直接のライバルとなるeMAXIS Slim 先進国株式インデックスなどは約1,300銘柄が対象となっていますので10分の1程度しか対象じゃないんですよ。
そこがどう影響するのかが注目かもしれません。
ライバルとなりそうな先進国の株式を投資対象とした投資信託を比較してみましょう。
※スマートフォンの方はスクロールしてお読みください。
ファンド名信託報酬投資対象ベンチマーク構成銘柄
SOMPO123 先進国株式0.077%日本を除く先進国の株式なし123銘柄
SBI・先進国株式インデックス・ファンド0.1022% 程度日本を含む先進国の株式FTSEディべロップド・オールキャップ・インデックス約5,600銘柄
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス0.1023% 以内日本を除く先進国の株式MSCI コクサイ インデックス約1,300銘柄
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド0.1023% 以内日本を除く先進国の株式MSCI コクサイ インデックス約1,300銘柄

投資対象となる123銘柄はどう決める?

いくら信託報酬が低くても肝心の成績が悪かったら意味がありません。

ですから投資対象となる123銘柄をどう選定していくのかが気になります。

しかし、具体的な銘柄選定方法などの記載はないんですよ。

SOMPOアセットマネジメント株式会社から提出された有価証券届出書及び公式から発表されたプレスリリースをみても「SOMPOアセットマネジメントの外国株投資ユニバース採用銘柄の中から」としか記載されていないという。。。

なお、SOMPO123 先進国株式はファミリーファンド方式で運用されマザーファンドは「先進国株式マザーファンド」となっています。

そちら経由でわからないか?と調べて見ましたが、他のSOMPOアセットマネジメント株式会社の投資信託で採用されているマザーファンドで該当しているものはなく新規に設定されるものだと思われます。

信託報酬がこれだけ低いということは人が選別しているわけではなく機械的なんでしょうが・・・。

時価総額上位から・・・という感じなのかもしれません。

ベンチマークも設定されていないようですし、実際の成績や投資銘柄を確認しないとなんとも判断が難しい投資信託となりそうです。




まとめ

今回は「SOMPO123 先進国株式は買い?先進国株投資信託の信託報酬最安値を更新の0.077%」と題してSOMPO123 先進国株式について見てきました。

結論としては以下のとおりです。

様子見?
投資と猫
koge

評価:3
先進国株を対象とした投資信託で信託報酬最安値と鳴り物入りでの登場となる「SOMPO123 先進国株式」
とても魅力的な話ですが、気になるのがアクティブファンドで、投資対象銘柄が123と少ないことでしょう。その123銘柄がどんな銘柄でどのような実際の成績になるのかを見定めてから検討してもよいかもしれませんね。
個人的にアクティブファンドなのにこれだけ信託報酬が低いのにどうやって銘柄選定をどうしているのかが気になります。機械的に算定しているんでしょうかね?

なお、SOMPO123 先進国株式はSBI証券と松井証券で申し込みが可能となっています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

先進国株投資信託の信託報酬最安値更新0.077%「SOMPO123 先進国株式」は買い?
最新情報をチェックしよう!