• iDeCo
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)とは、自分で作る年金制度のこと
  • HOME
  • ブログ
  • iDeCo
  • 衝撃の内容。個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の統計資料が発表されました。
イデコ統計資料をみてびっくり

衝撃の内容。個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の統計資料が発表されました。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の統計データがでました。


個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の加入者がどんどん増加中ですがたくさんある投資先、どれに投資をしたらよいのかわからない方も多いかもしれません。

そんな中、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の統計資料が発表されました。これが結構衝撃の内容でしたので抜粋してご紹介したいと思います。

※一部加筆修正しました。

運用商品の選択状況

まずは運用商品はどれを選んでいるのかの運用商品の選択状況です。

イデコ運用商品選択状況

出所:国民年金基金連合会 確定拠出年金統計資料(平成29年11月版)より

興味深いのは預貯金や保険の元本保証の商品を選んでいる方が半分以上いることですね。

直近の2017年3月現在でも預貯金38.6%、保険26%が選ばれています。

合計して64.6%となっています。

投資信託への投資が35%しかないんですね。

さらに興味深いのは投資信託の投資先で国内株式が10.9%と1番多くなっています。

これも予想外です。

投資初心者の方も多いでしょうから身近な国内株式に投資をしたのでしょうか・・・

海外株式への投資は全体の6.8%しかありません。


年代別の運用商品の選択状況

それでは年代別で見てみるとどうでしょうか?

下記が年代別の商品選択割合です。

イデコ年代別運用商品選択割合

出所:国民年金基金連合会 確定拠出年金統計資料(平成29年11月版)より

興味深いのが20代の預貯金、保険の割合です。

預貯金割合が45.7%、保険が22.2%ですから67.9%もの方が元本保証を選択しています。

リスクを取れる20代が全体平均よりも高い元本保証の選択割合とはちょっと衝撃です。

おそらくなにに投資をしていいのかわからずに元本保証を選んでいるのだと思われますが・・・

期待値を考えれば20代はリスクをとって全部株でもよいくらいだと思います。

もうちょっと投資教育をしないといけないでしょうね。

投資信託の割合が多いのが30〜39歳の層でした。

このあたりになると投資に対する知識もついてきてるのかもしれませんね。

まだまだ元本保証の割合が多すぎですけど・・・

男女別の運用商品の選択状況

次に男女別の違いをみてみましょう。

イデコ男女別運用商品の選択割合

出所:国民年金基金連合会 確定拠出年金統計資料(平成29年11月版)より

男女別でみると面白いのが保険への投資が男性は24.8%なのに対して女性が31%と大きくなっています。

女性の方が保険が好きなのでしょうかね?

その影響もあり投資信託への投資は男性は36.2%、女性は30.6%と男性の方がだいぶ多くなっています。

パッシブ・アクティブの選択状況

次にパッシブとアクティブの選択状況です。

イデコパッシブアクティブ選択状況

出所:国民年金基金連合会 確定拠出年金統計資料(平成29年11月版)より

これも結構面白い結果がでています。

パッシブとアクティブの割合は意外にアクティブの割合が高いです。

例えばバランス型はアクティブを選択している方が59.3%と半数を超えています。

これも投資教育のせいかもしれませんね。

面白いのが高齢者の方がアクティブ割合が高いという・・・

一発逆転を狙っているのでしょうか・・・

パッシブとアクティブの件については下記の記事にまとめてありますので合わせてご覧ください。

まとめ

今回は個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の統計情報で面白いデータを読んでみました。

とくに衝撃なのが元本保証を選択している方が6割超えであることと、

投資信託を選んでいる方の中でも国内株式が多いこと、

インデックスではなく、アクティブを選択している方がかなり多いことです。

なにを選択するのが正解なのかは何十年後にしかわかりませんがちょっと意外な結果でしたね。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入するならこの5社

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を始めるにはまずどこの金融機関で始めるのかを決めなくてはなりません。

たくさんの金融機関、証券会社が取扱をはじめていますので迷う方も多いでしょう。

私は今もし、加入するならSBI証券かイオン銀行、楽天証券、マネックス証券、松井証券の5択で決まりだとおもいます。

マネックス証券

その中でもマネックス証券 iDeCoが筆頭候補となります。

信託報酬がほとんど最安値水準でスキがありません。

特に下記のeMAXIS Slim先進国株式インデックスが買えるのが大きいですね。

eMAXIS Slimシリーズについてはこちらをご覧ください。

また、人気のひふみ年金の取り扱いもはじまりスキが更になくなりましたね。

松井証券

松井証券のiDeCoは取扱商品が12本と少ないですが、

マネックス証券と同様にeMAXIS Slimシリーズを取り揃え信託報酬が最安値水準となっています。

抑えるところは抑えた感じがあります。

最後発の強みですね。

また、1番人気のひふみ年金の取扱もあるのもポイント高いです。

SBI証券

次はSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」かな。

SBI証券はたくさんの運用商品があり、信託報酬も安いものも多くあります。

そのため選択の楽しさがあるでしょう。

また、ひふみ年金やジェイリバイブのようなアクティブファンド、iFree8資産やダウ、グローバル中小などの人気商品の取扱もポイント高いですね。

あとは確定拠出年金について古くから携わっており5社の中で1番の老舗で安心感が高いのも大きいと思います。

イオン銀行

イオン銀行iDeCoはたわらシリーズが充実していたり、ひふみ年金の取扱があります。

このあたりに興味持つ方は選択肢として全然ありです。

また、イオン銀行だけ他へ移るときの手数料が無料なのも個人的にポイント高いです。

楽天証券

楽天証券 確定拠出年金は楽天スーパーポイントがたまったり、セゾン投信なんかに加入できます。

また、楽天・全世界株式インデックス・ファンドと楽天・全米株式インデックス・ファンドといった人気商品の取扱も魅力です。

総合して考えるとこの5つのどれかに加入すれば後悔はないかなと思います。

他の運営管理機関もぜひがんばってほしいところですね。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)については下記の記事も合わせて読んでいただくと理解しやすいと思います。





読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
idecoブログランキング
人気ブログランキングへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。