• ファンダメンタルズ
  • ファンダメンタルズとは企業の業績などのことで経済の基礎的条件とも言われます。
金利と株、債券の関係

金利が上がるとなぜ株、債券は下がるのか?

アメリカの金利が上昇傾向


2月2日のNY株式市場は金利が急上昇した影響で暴落。
ダウ平均が665.75ドル安(-2.54%)、S&P500も2.12%安と大幅安となりました。

そこで気になるのが金利が上がるとなぜ株が下がるのか?ということです。

また、同じく債券も金利と逆相関にあると言われています。

今回はなぜ金利があがると株や債券が下がるのかを見ていきましょう。

金利と株価の関係

まずは、金利が上がるとなぜ株価が下がるのかを考えていきます。

大きな理由としては企業要因と投資家要因がありますので分けてみていきましょう。

企業要因

まず企業側の話です。

これは簡単です。

会社は新規事業に必要な資金のために借入などを行いますが、その際に金利が上昇すればそれだけ利息を支払う必要がありますからその影響で業績が悪化します。

また、業績の悪化や利息が高いとなれば会社はそもそもの設備投資を抑制するようになったり、消費者も金利が上がればローンを組んだりすることを抑制するようになりますから家や車などが売れにくくなるのです。

そうなれば社会全体としての経済活動が停滞する懸念があるのです。

つまり、金利が高くなると将来の企業業績が悪化する可能性があるから株が下がるのです。

逆に金利が下がれば将来的に企業の業績が良くなる可能性があるため株価が上がるのです。(今の日本ですね)


投資家要因

次に投資側の話です。

投資家はより有利なところに投資をしたいと考えます。

金利が上がれば相対的に預金や債券の魅力があがりますので株への投資を控えてそちらにお金が流れるようになるのです。

つまり、金利があがることで資金が株から他へ流れるために株が下がるのです。

逆に金利が下がれば預金や債券の魅力が下がりますので相対的に株へ資金が流れて来ます。(今の日本ですね)

次は金利と債券の関係

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。