やってしまった・・・日本政策金融公庫などの実質無利息無担保の融資は繰り上げ返済できるのか?

実質無利息、無担保で借り入れできる日本政策金融公庫の【新型コロナウィルス感染症特別貸付】。

ありえない好条件でしたので、私も借りています。

無利息なら借りたほうが得じゃん

ってレベルで結構な金額を借りてしまいました。

しかし、これが面倒なことに笑

この借入も住宅ローンの審査に当然ながら絡んでくるんですよ。

5年据え置きの返済期間15年までいけたのに、かなり短期で返す計画としていましたので、月々の返済も多く、住宅ローンの審査にかなり不利であることが判明したのです。

事前に知り合いの元銀行員に聞いたら事業用なら住宅ローンには関係ないんじゃない?と言われたのを調べもせず信じてしまいました・・・

どうやら事業用なら住宅ローンに関係ないのはフラット35だけらしいんですよ。。。

そこで繰り上げ返済を考えるのですが・・・

同じような方も見えるでしょうし、今回は実質無利息無担保の融資の繰り上げ返済について見ていきます。

日本政策金融公庫以外の金融機関の無利息無担保融資も基本的に考え方は同じかと思われますので参考にどうぞ。

実質無利息無担保の融資って

まずは今回の前提となる実質無利息無担保の融資の新型コロナウィルス感染症特別貸付について簡単に解説しておきましょう。

簡単に言えば実質無利息、無担保で借りられる制度です。

新型コロナが蔓延したことから急遽実施されたものとなります。

貸付条件

具体的には以下の条件となります。

【融資限度額】
中小事業 6億円国民事業8,000万円
【貸付期間】
設備20年以内運転15年以内
【据置期間】
5年以内
【金利】
当初3年間 基準金利▲0.9%
4年目以降基準金利 中小事業1.11%→0.21%、国民事業1.36%→0.46%
(利下げ限度額:中小事業2億円、国民事業4,000万円)

最大5年の据え置きが受けられるもの大きいですね。

また、金利が発生しますが特別利子補給制度の条件を満たすと実質無利子となります。

もともと低金利なのにさらに実質無利子になるというのはすごすぎます。

※ほぼ同様な仕組みを一般の銀行もやっています。

特別利子補給制度で実質無利息に

特別利子補給制度とは条件を満たすと利子が戻ってくる仕組みとなります。

利子補給の具体的な条件は以下のとおり。
・期間:借入後当初3年間
・補給対象上限:中小事業2億円、国民事業4,000万円
つまり、特別利子補給制度を使うと3年間中小事業2億円、国民事業4,000万円までは実質利息なしで借りられるってことです。
具体的には3年分の利子が先に振り込まれる形となっています。
実質3年間は利息かからないってことですね。




実質無利息無担保の融資の繰り上げ返済

とても有利な借り入れなんですが、前述のとおり、日本政策金融公庫の【新型コロナウィルス感染症特別貸付】によって月々の借り入れ返済が多くなってしまっており、住宅ローンにかなり不利に働くことが判明したので繰り上げ返済をしてしまうことを計画。

しかし、そう甘くなかったようです。

日本政策金融公庫の答え

日本政策金融公庫に相談していますのでその結果をご紹介しましょう。

日本政策金融公庫
基本的に新型コロナウィルス感染症特別貸付の繰り上げ返済はできない
とのことでした。
そもそも繰り上げ返済をしたいという申し出は私がはじめてだったそうです。
わざわざ低金利(実質無利息)のものを早く返そうなんて思わないですからね・・・
しかし、それでは困ってしまうので住宅ローンの件を話してみると以下の回答。
日本政策金融公庫
そういう話なら特別に繰り上げ返済を受けることもできますが、特別利子補給制度でもらっている利子は返金となりますし、確定申告等も修正が必要になります。
特別利子補給制度は3年分の利子を先に受け取っています。
繰り上げ返済するということは利子金額が変わりますので、特別利子補給制度の金額も返金が必要となるということです。
これは当然といえば当然かも知れません。
しかし、具体的な返金方法や計算方法などは特別利子補給制度が絡んで繰り上げ返済をやった人が今までいないので不明とのことでした。
また、確定申告も返金となるなら修正が必要になる可能性があるとのこと。(そもそもの金利が低く金額もかなり少ないですから本当に確定申告の修正まで必要か微妙ですが、もしやらないといけないなら面倒ですね)
日本政策金融公庫
だからもし繰り上げ返済をするにしても特別利子補給を受け取っている3年経ってからにしてほしい

とのことでした。

日本政策金融公庫としてもかなり面倒な処理になるでしょうから言っていることは理解できました。

つまりまとめると新型コロナウィルス感染症特別貸付の繰り上げ返済は

  • 基本的に繰り上げ返済はできない
  • 例外的にできても、特別利子補給をもらっている場合は返金等が必要
  • 特別利子補給をもらった期間が過ぎてからの方が良い

ということです。

私はとりあえずあと半年くらいなので特別利子補給の3年経つのを待つことにしました。

なお、今回はこのような回答でしたが担当者や支店によっても回答は違う可能性がありますのでご注意ください。

また、同じく実質無利息の融資を提供する一般の銀行も対応が違う可能性もありますので、繰り上げ返済を考えている方は一度その銀行に相談してみてください。

理屈で考えれば日本政策金融公庫がおっしゃってることはごもっともでした。。。



まとめ

今回は「日本政策金融公庫などの実質無利息無担保の融資は繰り上げ返済できるのか?」と題してコロナ融資の繰り上げ返済についてみてみました。

同じようなことになっている方の参考になれば幸いです。

教訓としてはいくら無利息でお得だからといって必要のない金額まで借りるのはやめようってことですね・・・

お知らせ:You Tubeはじめました。

You Tube「お金に生きるチャンネル」をはじめました。

You Tubeでも少しでも皆様のお役に立てる動画を定期的に発信していきますのでチャンネル登録をぜひよろしくお願いいたします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
日本政策金融公庫などの実質無利息無担保の融資は繰り上げ返済できるのか?
最新情報をチェックしよう!