Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
  • IPO
  • IPOとは、Initial Public Offeringの略語で新規上場株式のことを言います。当選すればローリスクで大きな利益を得ることができることから人気が高まっています
  • HOME
  • ブログ
  • IPO
  • 【ワールド】新規上場株式(IPO)情報。13年ぶりの再上場
ワールドIPO

【ワールド】新規上場株式(IPO)情報。13年ぶりの再上場

9月ぎりぎりのIPOの新情報(上場承認)がでました。

9月28日東証上場のワールドです。

13年ぶりの再上場となります。前日にはSBIインシュアランスグループが上場しますが両方とも規模がそれなりに大きくなりますね。

ワールドが9月28日に上場決定


主幹事は野村證券です。

事業内容は婦人・紳士・子供服等の企画販売等を主に手がけています。

【事業内容】婦人・紳士・子供服等の企画販売等
【主幹事】野村證券
【幹事】 SBI証券、SMBC日興証券、みずほ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券
【仮条件】9月10日
【申込み期間(BB)】9月11日~9月14日
【上場日】 9月28日
【公募株式数】 公募14,850,000株 売り出し1,833,000株
【OA】1,809,00株
【想定価格】3,630円
【吸収価格】671億円
【時価総額】1314億円
【資金用途】優先株式の取得費用。今後3年程度で、システム投資、保証金流動化の終了に伴う建物賃貸人への保証金の差入れ、プリンシパルインベストメントとして当社が直接投資する戦略投資に、当社グループにおいて事業投資を行う株式会社W&Dインベストメントデザインの出資枠にそれぞれ充当し、また短期借入金の返済に充当することを予定

資金用途がほとんど将来へ向けての投資でないのは気になりますね。

9月10日BBが開始されます。


ワールドのビジネスについて

ワールドは4つ事業を行なっています。順番に見ていきましょう。

ブランド事業

ブランド事業はいくつかの会社でそれぞれ行なっています。代表的な会社をご紹介します。

(株)フィールズインターナショナル

(株)フィールズインターナショナルに百貨店をはじめ、高感度でファッション性の高いチャネルに向けて、以下のブランドを提供しています。

UNTITLED
アンタイトルINDIVI
インディヴィCOUP DE CHANCE
クード シャンスReflect
リフレクトSunaUna
スーナウーナsmart pink
スマートピンクesche
エッシュCORDIER
コルディアLIZA
リザECLECTICA
エクレクティカAirpapel
エアパペルESPRIT D’OR
エスプリドールModify
モディファイJET
ジェット

(株)エクスプローラーズトーキョー

(株)エクスプローラーズトーキョーにてメンズ市場において、チャネル、世代、テイストに応じたブランド戦略や、ファッションと機能性を兼ね備えたスポーツウエアを展開。具体的には以下のブランド

タケオキクチtk.TAKEO KIKUCHI
ティーケー タケオキクチBASESTATION
ベースステーション

(株)ワールドライフスタイルクリエーション

ファッション雑貨やインテリアを含めた生活雑貨を中心した事業の開発及び管理

(株)ファッションクロス

靴、バッグ、アクセサリー等の服飾雑貨や生活雑貨を中心に展開。以下のブランドを展開中

イッツデモFlowerJelly
フラワージェリーCocoPress
ココプレスfrivole
フリヴォルpassage mignon
パサージュ ミニョンHANSEL&GRETEL
ヘンゼル&グレーテル

投資事業

投資事業としてM&A事業 + ポートフォリオマネジメント事業、バリューアップ事業、投資事業などをそれぞれの会社で行なっています。

デジタル事業

デジタル事業でではファッション・コ・ラボなどEC事業 + デジタルソリューション事業を行なっています。

プラットフォーム事業

プラットフォーム事業で販売代行・店舗開発・催事・企画運営、事業空間創造事業、生産事業・調達・貿易事業、事務業務支援事業などをそれぞれ会社を分けて行なっています。

ワールドの業績

ワールドの連結売り上げ2017年3期249,983百万円、2018年3期245,829百万円と微減で推移しています。

かなりの規模の会社ですから今後の伸びにはあまり期待できないのかもしれません。

対して経常利益2017年3期12,066百万円、2018年3期13,225百万円と増加で推移しました。ただし、当期純利益2017年3期49百万円、2018年3期28百万円と経常利益とだいぶ差がありますね。この辺りをどう考えるか。

ワールドの株主、ロックアップ

次にワールドの株主をみていきましょう。筆頭株主はUDSコーポレート・メザニン2号投資事業です。ただし、気になるのがロックアップが掛かっていないことです・・・。あとは個人株主合同会社ワイ・アール興産、合同会社エイ・ティ興産、合同会社ケイ・エム興産、合同会社イー・エイチ興産と合同会社が株主に並んでいます。ちょっとこの辺りは調べて見る必要がありそうです。ロックアップは180日となっています。

つまり、一番株を持っている筆頭株主のUDSコーポレート・メザニン2号投資事業のロックアップがありませんのでそこがどう動くのかによって株価は大きく左右されそうです。

ストックオプションは発行はされていますが、行使期間はまだ先なので気にしなくても良いでしょう・

ワールド当選のための攻略法

ワールドは発行株数も多いため当選確率はそれなりにあります。当選のためにはまずは主幹事の野村證券で申し込むのは必須でしょう。

また、IPOにそれなりに力を入れている大手証券会社が幹事に並んでいます。今回は枚数が多いためそちらでも当選確率はそれなりにありそうです。

IPOをこれから始める方は下記ページを読んでいただくことをおすすめします。

IPOの抽選にハズレたらセカンダリに無理に挑戦するよりもこんな方法もあります。


最後まで読んで頂きありがとうございます、

参考になった方はぜひポチッとな。
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

フェイスブックページ、ツイッターはじめました。

「いいね」、「フォロー」してくれると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。