マネックス証券も投資信託の購入・積立が100円から可能に

貯金

昨日の岡三オンライン証券につづいて今度はマネックス証券も投資信託の購入・積立が100円から可能にすると発表がありました、SBI証券楽天証券松井証券と岡三オンライン証券に続いて5社目です。通常購入とマネックス証券の取引口座からの積立が100円以上1円単位となります。カードde自動積つみたて、ウェブかんたん銀行つみたて、銀行de自動つみたては1000円以上1円単位となっていますのでご注意ください。

マネックス証券

出所;マネックス証券プレスリリース

下記のSBI証券、松井証券が100円単位に変更したときも書きましたがお釣りなど余ったお金を投資信託に回すなどの活用がかんがえられますね。

今まで貯金箱にしていたものが投資になります。投資になればその分お金がお金を稼げますからね。

はじめての投資としてはいいやり方ではないでしょうか?

また、お子さんなんかもお小遣いでの投資なんかも考えられるかもしれませんね。



まとめ


今回のマネックス証券で5社目です。今後大手証券会社が続いて来れば「100円」投資信託がが業界標準となるかもしれません。

マネックス証券は本日iDeCoも始めると発表しています。

これでどんどん競争が激しくなりサービス競争が展開していくと利用者としてはありがたいことです。

マネックス証券の口座開設は下記からできます。

また、最近なにかと話題のWealth Naviマメタス – おつりで簡単投資(日本初のお釣り投資アプリ)のようにお釣り投資が増えてきそうな予感もありますね。

読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. 信託報酬は実質コストをみよう
    信託報酬はほんとうのコストではない?? 個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)やつみ…
  2. 大雨被害
    大雨で甚大な被害を受けた市町村へふるさと納税 テレビのニュース等でごらんになったかたも多いと思いま…
  3. お釣り投資トラノコ
    評判のお釣り投資アプリ【トラノコ】 今年の6月からはじまった【トラノコ】というおつり投資アプリの評…
  4. セルインメイ
    株式の有名な格言にセル・イン・メイ SELL IN MAY(株は5月に売れ)というのがあります。この…
  5. イデコの現状
    iDeCo(個人型確定拠出年金)の制度の概況29年3月末現在 個人型確定拠出年金(iD…
  6. つみたてNISAおすすめ
    つみたてNISA商品が判明。たくさんありすぎて・・・ つみたてNISAの取扱商品が各社…
  7. ふるさと納税返礼品お得なの
    ふるさと納税の返礼品グレードダウンする市町村が続出 このサイトでも何度かお伝えしたとおり、ふるさと…
  8. 家計簿ソフト
    家計簿アプリ「マネーフォワード」は便利 「マネーフォワード」なる家計簿アプリを使い始め…
ページ上部へ戻る