eMAXIS Slimシリーズがとうとう信託報酬引き下げを発表

eMAXIS Slimシリーズがとうとう信託報酬引き下げを発表

業界最低水準の運用コストを将来にわたってめざし続けるファンドとして評判の良い「eMAXIS Slimシリーズ(イーマクシススリム)」シリーズ。

「eMAXIS Slimシリーズ(イーマクシススリム)」シリーズをもっておけば常に信託報酬が最安値水準であるという安心感がつよかったんですね。

しかし、最近の「SBI・バンガード・S&P500インデックスファンド」など米国株式の投資信託への値下げに対応が遅く加入者をやきもきさせてきました。

そんな「eMAXIS Slimシリーズ(イーマクシススリム)」ですがとうとう信託報酬引き下げを発表しました。

今回は信託報酬引き下げを発表について速報でお伝えします。

eMAXIS Slimシリーズの信託報酬引き下げの概要

とうとう待ちわびたeMAXIS Slimシリーズの信託報酬の引き下げが発表されました。

まずはその概要を御覧ください。

対象となるのは以下のファンドです。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
引き下げ率は以下のとおりです。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

変更前年0.15%→変更後年0.088%以内(税抜)
かなり思い切った変更ですね。

受託者還元型信託報酬

また、eMAXIS Slimシリーズは受託者還元型信託報酬を採用しています。
以下の通りファンドの純資産額に応じて信託報酬が変わってきます。
ファンドの純資産額変更後(税抜)変更前(税抜)
500億円未満の部分0.880%0.150%
500億以上1,000億円未満の部分0.875%0.145%
1,0000億円以上の部分0.870%0.140%

競合ファンドとの比較

競合ファンドとの信託報酬率を比較してみましょう。

ファンド名ベンチマーク信託報酬率(税込)
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)S&P500指数0.0968%
SBI・バンガード・S&P500インデックスファンドS&P500指数0.0938%程度
楽天・全米インデックスファンドCRSP USトータル・マーケット・インデックス(円換算ベース)0.162%程度
iFree S&P500インデックスS&P500指数0.2475%

ライバルとなるSBI・バンガード・S&P500インデックスファンドは税抜0.88%ですからそこに並んできた感じですね。

ただし、SBI・バンガード・S&P500インデックスファンドは米国ETFに投資をファンドのため国内消費税が掛かりません。

そのため若干SBI・バンガード・S&P500インデックスファンドがやすいです。

ただし、米国ETFに投資をするタイプは実質コストが高くなる傾向が強いため実績を比較してみないと一概には比較ができません

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

変更前年0.12%→変更後年0.104%以内(税抜)
こちらもかなり思い切った変更ですね。

受託者還元型信託報酬

また、eMAXIS Slimシリーズは受託者還元型信託報酬を採用しています。
以下の通りファンドの純資産額に応じて信託報酬が変わってきます。
ファンドの純資産額変更後変更前
500億円未満の部分0.104%0.120%
500億以上1,000億円未満の部分0.1035%0.115%
1,0000億円以上の部分0.1030%0.110%

競合ファンドとの比較

競合ファンドとの信託報酬率を比較してみましょう。

ファンド名ベンチマーク信託報酬率(税込)
eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)0.1144%
野村つみたて外国株投信MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)0.209%程度
三井住友DCつみたてNISA・全海外株インデックスMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)0.275%

こちらはそれほど強いライバルはいませんが、他に合わせて信託報酬を引き下げた感じです。

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)

変更前年0.12%→変更後年0.104%以内(税抜)
こちらもかなり思い切った変更ですね。

受託者還元型信託報酬

また、eMAXIS Slimシリーズは受託者還元型信託報酬を採用しています。
以下の通りファンドの純資産額に応じて信託報酬が変わってきます。
ファンドの純資産額変更後変更前
500億円未満の部分0.104%0.120%
500億以上1,000億円未満の部分0.1035%0.115%
1,0000億円以上の部分0.1030%0.110%

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

変更前年0.12%→変更後年0.104%以内(税抜)
こちらもかなり思い切った変更ですね。

受託者還元型信託報酬

また、eMAXIS Slimシリーズは受託者還元型信託報酬を採用しています。
以下の通りファンドの純資産額に応じて信託報酬が変わってきます。
ファンドの純資産額変更後変更前
500億円未満の部分0.104%0.120%
500億以上1,000億円未満の部分0.1035%0.115%
1,0000億円以上の部分0.1030%0.110%

競合ファンドとの比較

競合ファンドとの信託報酬率を比較してみましょう。

ファンド名ベンチマーク信託報酬率(税込)
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス0.1144%
SBI・先進国株式インデックス・ファンドFTSEデベロップド・オールキャップ・インデックス0.1102%程度
たわらノーロード全世界株式MSCIオールカントリー・ワールド・インデックス0.132%以内
楽天全世界株式インデックスファンドFTSEグローバル・オールキャップ・インデックス0.222%程度

こちらもライバルとなるSBI・先進国株式インデックス・ファンドに対抗してきた感じですね。

ただし、こちらもベンチマークが違いますから一概に比較ができないという部分があります。

競合ファンドとの比較

こちらはかなり特殊な投資信託ですから直接の競合となりそうな投資信託は見当たりません。

他と合わせて引き下げた感じでしょう。

信託報酬引き下げ日

信託報酬は以下の日から引き下げとなります。

2019年11月12日
その前に買っていたとしてもこれ以降については引き下げされた信託報酬となります。

eMAXIS Slimシリーズの信託報酬引き下げまとめ

今回は「eMAXIS Slimシリーズがとうとう信託報酬引き下げを発表」と題してeMAXIS Slimシリーズの信託報酬引き下げについて速報でお伝えしました。

やはりeMAXIS Slimシリーズを持っておけば最安値水準を維持してくれるという安心感は強いですね。

これ以上の引き下げはなかなか厳しそうではありますが、今後も期待したいところです。

eMAXIS Slimシリーズについて詳しくはこちらを御覧ください。

関連記事

先日、だいぶ前に申し込んでおいたSBI証券のiDeCoのセレクトプランへの変更が終わり、IDが届きました。そこでiDeCoの購入商品を選択していたのですが、その際にあらためて感じたのが「eMAXIS Slimシリーズ(イーマクシスス[…]

eMAXIS Slimの評価

eMAXIS SlimシリーズをつみたてNISAで買うならこの2社が有力

つみたてNISAは個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)ほど証券会社の差はありません。

選ぶ際のポイントは取扱商品と注文の仕方です。

eMAXIS Slimシリーズが扱われているか否かも大きいです。

その点を加味すると下記の2社が有力となります。

楽天証券

今、現状つみたてNISAの証券会社としてはベストはこちらでしょう。楽天証券。

理由としては楽天カードでつみたてNISA投資信託を購入できることにあります。楽天カードでつみたてNISAを購入すると1%の楽天スーパーポイントが付くのです。この差はかなり大きく他の証券会社にはないかなりのストロングポイントとなりえるでしょうね。この辺りはグループ企業にカード会社や銀行を持っているからできることでしょうから他は追随が難しいかもしれません。商品の取扱数もSBI証券に次いで多くなっています。もちろんeMAXIS Slimシリーズも購入可能です。

楽天証券の口座開設はこちらからどうぞ

また、楽天証券をよりお得に使うなら楽天銀行や楽天カードも一緒に開設しておきたいところです。

楽天銀行の口座開設はこちらからどうぞ

楽天カードの口座開設はこちらからどうぞ

SBI証券

SBI証券はクレジットカードでの購入等は今の所できませんが、商品ラインナップや注文の仕方などは一番優れていますので楽天カードを使っていない、使わない方には筆頭候補となるでしょう。こちらももちろんeMAXIS Slimシリーズが購入できます。

SBI証券はなにより注文の自由度がかなり高いのがいいですね。

資料請求等はこちらから

eMAXIS SlimシリーズをiDeCoで買うならこの3社

eMAXIS Slimシリーズを個人型確定拠出年金(iDeCo)で買えるのは以下の3社です。

マネックス証券

まずはマネックス証券 iDeCoです。

マネックス証券のeMAXIS Slimシリーズラインナップは以下の通りです。主要どころが揃っている感じですね。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)インデックス
eMAXIS Slim 先進国債券インデックス
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)インデックス

松井証券

松井証券のiDeCoは取扱商品が12本と少ないですがeMAXIS Slimシリーズが揃っています。

抑えるところは抑えた感じがありますね。逆に本数が少ないことにより選びやすさは増しており初心者向けの筆頭候補といってもよいかもしれません。

松井証券のeMAXIS Slimシリーズラインナップは以下の通りです。主要な部門を揃えた感じです。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
eMAXIS Slim 先進国債券インデックス
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)インデックス

SBI証券

最後はSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」です。こちらはセレクトプランでeMAXIS Slimシリーズが揃っています。

SBI証券のeMAXIS Slimシリーズラインナップは以下の通りです。こちらはほぼ揃えていますね。

eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
eMAXIS Slim 国内債券インデックス
eMAXIS Slim 先進国債券インデックス
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)インデックス

フェイスブックページ、ツイッターはじめました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

eMAXIS Slimシリーズがとうとう信託報酬引き下げを発表
最新情報をチェックしよう!