SBI証券でクレカ積立開始を記念して1.5%から3%還元のスタートダッシュキャンペーン実施。

6月30日からスタートされたSBI証券で三井住友カードで投資信託が積立できる「クレカ積立サービス」。

それを記念して「スタートダッシュキャンペーン」が実施されています。

通常0.5%のポイント還元が1.5%還元となる大チャンスですよ

※ゴールドカード、プラチナカードの件を追記しました。

SBI証券×三井住友カードのクレカ積立とは

まず、今回の話の前提となるSBI証券×三井住友カードの「クレカ積立サービス」について簡単に解説してきましょう。

こちらは2021年6月30日から始まるサービスです。

簡単に言えば投資信託をクレジットカードで積立投資できるようになり、ポイントが貯まるということですね。

特徴は以下の通り

  • 積立額の0.5%分のポイント付与(プラチナカード2%、ゴールドカード1%)
  • 貯まるポイントはVポイント
  • 最低100円から上限は月額5万円
  • 対象となる購入方法は積立投資限定
  • 対象はSBI証券で積立投資が可能な投資信託約2,600本
  • つみたてNISA、NISA口座も対象
  • 未成年、ジュニアNISA、法人口座対象外
  • 設定は10日締切の翌月1日買付
  • 対象となるクレジットカードは三井住友カード

SBI証券は三井住友カード限定でポイントが貯まります。

ETF(上場投資信託)も対象となると勘違いしている方をお見かけしましたが、積立投資可能な投資信託のみが対象ですからお気をつけください。

なお、貯まるポイントはVポイントです。

SBI証券×三井住友カードの「クレカ積立サービス」についての詳細はこちらの記事を御覧ください。

クレジットカードで投資信託を買えるメリットは大きい

クレジットカードで投資信託を買えるメリットはポイント還元以外にもあります。

入金の手間が省けることや資金繰りが後になることですね。

また、クレジットカードによっては利用の実績作りになったりもします。

クレジットカードで投資信託を買えるのは楽天証券と楽天カードが先行していますがすでに100万口座を突破するなど人気となっていますね。

この分野はマネックス証券もマネックスカードで年末に参戦しますし、今後激戦となりそうです。

現在のクレカ対応は下記記事をご覧ください。

SBI証券の「スタートダッシュキャンペーン」で1.5%分のポイント還元

それではキャンペーンの概要を見ていきましょう。

6月30日から始まるSBI証券の投資信託を三井住友カード(クレジットカード)で積立投資。
それを記念したスタートダッシュキャンペーンとなります。

キャンペーン対象者

対象となるのは以下の条件を満たした方です。

期間内に三井住友カードが発行したVポイントが貯まるカードで投資信託積立を行ったお客さま

先着順でも抽選でもありません。

条件を満たせばもらえるキャンペーンとなります。

なお、三井住友カード(クレジットカード)でもVポイント以外の独自ポイントが貯まるタイプは対象外となりますのでご注意ください。

また、銀聯、ビジネスカード、コーポレートカード、一部の提携カード、デビットカード、プリペイドカードなどは対象となりません。

キャンペーン内容

キャンペーンの内容は通常が投信積立の金額の0.5%Vポイント還元が、

期間中1.5%Vポイント還元

と大幅にアップとなります。

先行する楽天証券と楽天カードの1%還元と比べてもお得ですね。

なお、通常2%還元のプラチナカードは3%、通常1%還元のゴールドカードは2%とそれぞれ1%ずつアップします。

キャンペーン期間

なお、キャンペーン期間は以下の通り。

2021年6月30日〜2021年12月10日
初回積立設定の締切は2021年7月10日です。
7月10日までに三井住友カードで積立設定をしておけば8月2日(土日の関係で1日ではない)に積立が実施され対象となります。
つまり、少しでも多くこのキャンペーンに参加したい場合は、SBI証券の口座と三井住友カードを7月10日までに使えるようにしておき、7月10日までに積立設定をしておく必要があります。
このキャンペーンをフルに活用すると7月10日締め分、8月10日締め分、9月10日締め分、10月10日締め分、11月10日締め分、12月10日締め分と6回のチャンスが有るってことですね。
それぞれ5万円が上限ですから合計30万円まで今回のキャンペーンで積立ができます。

今から三井住友カードを作るならNLがオススメ

今、三井住友カードを持っていなくてこれからこの件で作るならオススメは三井住友カード(NL)
ですね。

番号がない

まず、三井住友カード(NL)の最大の魅力は名前の通りナンバーが無いことです。

クレジットカードには表も裏もカード番号等の記載が一切ないことを指します。

それでいて通常のクレジットカードと同様に利用が可能ですからセキュリティ面の安心感が半端ないのです。

店員さんや周りの方にクレジットカード番号などを見られての悪用がされません。

また、番号がないことで見た目もシンプルで美しくなっていますね。

ちなみにクレジットカード番号はアプリ(V Pass)で簡単に確認が可能ですのでネット通販利用時などに困ることはありません。

最近は「Apple Card」(日本未発売)や「SAISON CARD Digital」などこういったナンバーがないクレジットカードが主流になりつつあります。

セキュティ面の不安を解消する仕組み

また、「三井住友カード(NL)」には他にもセキュリティ面の工夫があります。

それは決済直後にスマホアプリ上で利用金額などが表示される仕組みです。

これで自分がいくら使ったのを確認できるのは当然ですが、不正利用の被害をいち早く気付けるという利点もあります。

年会費永年無料+最大5%還元

また、お得度も高いです。

まず、年会費は永年無料となっています。

さらにセブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドの利用がポイント2%還元、さらに対象店舗でタッチ決済(Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレス)を利用ならさらに2.5%還元されます。

通常還元は200円=1ポイント(0.5%還元)ですから、合計最大5%の還元とかなりお得に使えるのです。

また、コンビニ・スーパー・ドラッグストア・カフェ・ファストフードなどから選択した3店が常時+0.5%還元となります。

つまり、よく使う店舗は1%還元となるということです。

通常還元はちょっと少ないですが、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドの利用が多い方なら魅力的なカードですね。

さらに今回SBI証券で積立投資ができるようになって魅力がさらに増加しています。

私もSBI証券×三井住友カードの「クレカ積立サービス」の話がでてきたので作りましたね。

Vポイントって何に使えるの?

Vポイントって何に使えるの?

って方も多いかもしれません。

実は結構幅広く利用や交換が可能となっています。

ただし、交換はレートがそれほど良くありませんのでVポイントアプを使って街やオンラインショップでの利用がおすすめかもしれませんね。

V ポイント(アプリ)を使えば簡単に利用できますよ。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

発行まで最短5分

また、最短の発行まで最短5分であることにも驚きました。

他の会社のクレジットカードでも同様に短期間で審査をすることができるケースもありますが、クレジットカードが届くまでは利用できませんでした。

だいたい、私の経験上クレジットカード申し込んでから届くまで2日〜3日は掛かりますね。

それが「三井住友カードNL」はスマホのアプリ上で利用が可能なため審査が通りさえすれば、Vpassアプリ上でカード番号が確認できますので、発行後すぐに利用が可能なのです。

※クレジットカード自体は郵送のため少し時間がかかります。私の場合は1週間掛かるかかからないかくらいで到着しました。

また、今なら新規入会で最大5,000Vポイントポイントがプレゼントされます。

さらにユニクロPayに三井住友カードを登録してお買い物で20%還元(6月10日まで)やApplePayに登録して利用すると最大1000円分のポイント還元(6月30日まで)といったキャンペーンも実施されてます。

まとめ

今回は「SBI証券でクレカ積立開始を記念して1.5%還元のスタートダッシュキャンペーン実施。」と題してSBI証券×三井住友カードの「クレカ積立サービス」のスタートを記念したキャンペーンをご紹介しました。

キャンペーンをフルに活用するなら早めの口座開設、クレジットカード作成が必要ですから準備しておきましょうね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

SBI証券でクレカ積立開始を記念して1.5%還元のスタートダッシュキャンペーン実施。
最新情報をチェックしよう!