ソフトバンクグループは潰れるのか?

ソフトバンクグループは潰れるのか?2020年3月期第2四半期で真っ赤っかの大赤字計上

ソフトバンクグループが2020年3月期第2四半期で大きな赤字を計上しました。

社長の孫正義氏も「今回の決算はボロボロだ。真っ赤っかの大赤字で、まさに台風というか大嵐という状況だ」と述べるほどです。

そのため、ソフトバンクグループは倒産するのでは?との風潮の記事が増えていますし、ネットでもそのような投稿が増えています。

ソフトバンクは昔から負債がかなり多く、いつ倒産するのか?みたいなことを言われ続けてきた会社でもあるのでまたか。。。って感じもありますが。

そこで今回はソフトバンクグループが本当に潰れてしまうのか?について考えてみたいと思います。

先に結論からお話しておけば

すぐに倒産したりするような決算内容ではない
ってことです。
長い記事ですのですぐに目的に飛びたい方はショートカットからどうぞ。

ソフトバンクグループ2020年3月期第2四半期の経営成績

まずは前提となる今回発表された大赤字となった経営成績の内容を1年前の同期間で比較してみましょう。

なお、経営成績の見方についてはこちらの記事も合わせて御覧ください。

2020年3月期第2四半期:売上高(連結)

売上高は以下のとおりです。

ほぼ横ばいの微減といった感じですね。

2020年3月期第2四半期4,651,724百万円
2019年3月期第2四半期4,653,853百万円
増減△2,129百万円

出所:ソフトバンクグループ株式会社「2020年3月期第2四半期決算短信」より

もともとコンセンサス予想でも減収増益予想でしたから売上高はこんなもんかなってレベルです。

内訳でみるとソフトバンク事業は増収だったものの、スプリント事業、アーム事業、ブライトスター事業が減収となっています。


2020年3月期第2四半期:営業利益(連結)

営業利益は以下のとおりです。

こちらはかなり大きなマイナスとなりました。

金額だけ見るとびっくりするようなマイナスですね。

2020年3月期第2四半期△15,552百万円
2019年3月期第2四半期1,420,716百万円
増減△1,436,268百万円

出所:ソフトバンクグループ株式会社「2020年3月期第2四半期決算短信」より

内訳で見るとソフトバンク事業とスプリント事業以外は営業損失となっており、かなり苦戦しているのがわかります。

※スマートフォンの方はスクロールしてお読みください。

ソフトバンクビジョン・ファンド/デルタファンド事業ソフトバンク事業スプリント事業アーム事業ブライスター事業その他
2020年3月期第2四半期△572,639百万円560,913百万円102,469百万円△26,802百万円△2,895百万円△46,348百万円
2019年3月期第2四半期632,434百万円524,112百万円193,328百万円141,242百万円△8,873百万円△25,116百万円
増減△1,205,073百万円36,801百万円△90,859百万円△168,044百万円5,978百万円△21,232百万円

出所:ソフトバンクグループ株式会社「2020年3月期第2四半期決算短信」より

UberとWeWorkの未実現評価損失

特にマイナスが大きいのはソフトバンクビジョン・ファンド/デルタファンド事業ですね。

昨年はこの事業が一番利益を稼いでいたわけですから浮き沈みが激しい事業と言えるでしょう。

今回の第2四半期ではUberWeWorkに対する投資の未実現評価損失が537,932 百万円とかなり大きな比率を占めています。

未実現損失ですから一般の投資家における含み損みたいなものです。

PayPay事業への先行投資

その他も大きなマイナスを計上していますが、その大部分がPayPayによる部分です。

PayPay事業の2020年3月期第2四半期における売上高と営業利益は以下のとおりです。

売上高1,596百万円
営業利益△34,549百万円

出所:ソフトバンクグループ株式会社「2020年3月期第2四半期決算短信」より

PayPayはキャンペーンを繰り返し行っています。

また、店舗にPayPayの導入してもらうために人員もかなり使っているようです。

私のところにも何度も営業が来ましたね。

テレビCMもすごいです。

対して売上は上がらない仕組みとなっています。

今の所、PayPayは加盟する際に加盟料決済手数料振込手数料などなにも手数料を取っていないんですよ。(通常の場合)

つまり、売上がほとんどあがりようがないのです。

まずは加盟店と利用者を増やすことを目指しているんですよね。

この手のビジネスは覇権をとってデファクトスタンダードになってしまえば、その後はチャリンチャリンモデル(お金が自動的に降ってくる)に突入ですからそれを目指しているのでしょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

2020年3月期第2四半期:税引前利益(連結)

税引前利益は以下のとおりです。

営業利益段階ではかなりのマイナスとなっていました。

しかし、実は税引前利益はそれなりのプラスとなっているんですよ。

前年比較すると少なくはなっているものの・・・

2020年3月期第2四半期1,116,712百万円
2019年3月期第2四半期1,402,089百万円
増減△285,192百万円

出所:ソフトバンクグループ株式会社「2020年3月期第2四半期決算短信」より

これはアリババ株式先渡売買契約決済益に依る部分が大きいです。

1,218,527百万円が計上されています。

つまり、持ち株であったアリババ株の一部(73 百万株)を先渡売買契約した際の利益ってことですね。

ただし、持ち株の売却で大きな利益が出たというだけですから一時的なものですよね。

2020年3月期第2四半期:純利益(連結)

法人所得税を引いたあとの純利益は以下のとおりです。

2020年3月期第2四半期532,185百万円
2019年3月期第2四半期879,670百万円
増減△338,485百万円

出所:ソフトバンクグループ株式会社「2020年3月期第2四半期決算短信」より

純利益の段階も一応プラスでは終わっています。

ただし、前述のように一時的に発生したアリババ株式先渡売買契約決済益が1,218,527百万円が加算された状態でのものですからその部分は差し引いて考えるのが良いでしょう。

>>次はソフトバンクグループの2020年3月期第2四半期時点での財政状態

ソフトバンクグループは潰れるのか?
最新情報をチェックしよう!