最大35%還元?【マイナポイント】決済会社独自のキャンペーンを比較してみた。

2020年9月(申込みは2020年7月1日開始)よりマイナンバーカードと連動したキャッシュレス決済をすると最大25%(上限5,000円)を還元される仕組みの「マイナポイント事業」がスタートします。

2020年6月に終了するキャッシュレス消費者還元事業の後継的な役割とマイナンバーカード普及を目的としている事業です。

その申込が7月1日から開始されますが、まず悩んでしまうのがどこのキャッシュレス決済会社とマイナンバーカードを紐付けるかということです。

マイナンバーカードは1つの会社としか紐付けられないんですが、どこと紐付けるのかによってお得度がかなり変わってきてしまうんです。

それは各社が独自に上乗せのキャンペーンを実施しているためです。

今回は7月1日現在、最もお得な「マイナポイント」に絡んだキャンペーンを検討してみましょう

なお、マイナポイントってなんだ?って方はまずはこちらの記事から御覧ください。

ゆうちょPay:最大2,000ポイント

現在もっともお得なキャンペーンを打っているのがゆうちょ銀行のキャッシュレス決済の「ゆうちょPay」です。

最大2000ポイントがマイナポイントとは別で追加給付されます。上限ならばマイナポイント分と合わせて還元率35%とWAONと並んで現在最強となっています。

具体的に見ていきましょう。

キャンペーン概要

ゆうちょPayではマイナポイントに関連して2つのキャンペーンが実施されます。

この2つの合計で2000ポイントとなります。

ゆうちょPay新規ダンロードで500ポイント

まず一つ目がキャンペーン期間中にゆうちょPayを新規ダウンロードして口座登録まで完了するともれなく500ポイントがプレゼントされます。

なお、キャンペーン期間はマイナポイントが受ける毛開始される7月から実際に開始される9月前までとなります。

2020年7月1日(水)~2020年8月31日(月)

マイナポイントと連携で1,500ポイント

もう一つのキャンペーンが実際にマイナポイントの付与を希望するキャッシュレス決済サービスとして「ゆうちょPay」を選択のうえ、マイナポイントのお申し込みを完了した方に対して1,500ポイントがプレゼントされるものとなります。

こちらはキャンペーン期間長めとなっていますね。

2020年7月1日(水)~2021年3月31日(水)

最大の還元を受けるためには

最大の還元を受けるためには以下の条件となります。

アプリダンロード+500ポイント
マイナポイント連携+1,500ポイント



WAON:10%進呈(最大2,000WAON)

次はイオングループの電子マネー「WAON」です。

こちらも最大2000WAON(10%進呈)のプレゼントとゆうちょPayと同じような条件となっていますね。

イオンdeキャッシュレス

それでは具体的なキャンペーン条件を見ていきましょう。

条件はマイナポイントにWAONを申し込みをしてチャージすることです。

チャージ額に応じて10%が追加で進呈されます。

具体的には最大の還元を受けるためには2万円のチャージが必要です。

2万円分をチャージすると通常のマイナポイントの付与5,000WAONにプラスして2,000WAONが進呈。

ですから実質的には2万円をチャージすると7,000WAONもらえる、つまり、還元率35%ということになりますね。

なお、申込み期間、チャージ期間は以下のとおりです。

2020年7月1日(水)~2021年3月31日(水)(チャージは9月1日からが対象)
ゆうちょPayはアプリダンロードとマイナポイントの連携で2000ポイントでしたが、WAONはチャージしないと付与されませんのでご注意ください。
マイナポイントをもらうつもりならみなさん上限までチャージすると思いますが・・・

最大の還元を受けるためには

最大の還元を受けるためには以下の条件となります。

マイナポイントにWAON申し込み
2万円チャージ→チャージの10%を付与(+2000WAON)

auPay:最大1,000ポイント

次はauのキャッシュレス決済の「auPay」です。

最近、いろいろな還元を頑張っていますね。

こちらは最大1,000ポイントが追加で進呈されます。

au PAY/au PAY カード×マイナポイントキャンペーン

それでは具体的なキャンペーン条件を見ていきましょう。

条件はマイナポイントにauを申し込みをすることだけです。

マイナポイントの還元額の20%が追加で付与されます。

上限に到達するにはWAONと同じく2万円分をチャージする必要があります。

2万円チャージするとマイナポイントとして5,000ポイントが還元されます。

auPayはその5.000ポイントに対して20%の還元の1,000ポイントが付与されます。

2万円のチャージに対して合計6,000ポイントの還元ですから30%還元ですね。

なお、申込み期間、チャージ期間は以下のとおりです。

2020年7月1日(水)~2021年3月31日(水)(チャージは9月1日からが対象)
WAONはチャージ額に対して10%でしたが、auPayは還元額に対しての20%とちょっと計算方法が違いますのでご注意ください。

最大の還元を受けるためには

最大の還元を受けるためには以下の条件となります。

マイナポイントにauPay申し込み
2万円チャージ→還元額の20%を付与(+1000ポイント)

メルペイ:最大1,000ポイント

次はメルカリのキャッシュレス決済「メルペイ」です。

こちらも最大1,000ポイントの付与です。

他とはちょっと方法が違います。

メルカリのお買い物で5%付与

それでは具体的なキャンペーン条件を見ていきましょう。

条件は「マイナポイント申込み」+「メルペイの本人確認完了」です。

そしてメルカリのお買い物をすると5%(最大 1,000 円相当)のポイントが付与されます。

つまり、上限まで還元されようとするとメルペイとマイナポイントの紐付けが条件で、メルカリで2万円以上買う必要があるってことですね。

チャージではなくメルカリ利用に対してのポイント付与という仕組みです。

なお、チャージ期間は以下のとおりです。

2020年9月1日(火)~2021年3月31日(水)
メルカリ利用が条件と他とはかなり毛色が違いますのでご注意ください。

最大の還元を受けるためには

最大の還元を受けるためには以下の条件となります。

マイナポイントにメルペイ申し込み
2万円メルカリで利用→ポイント付与5%(+1000ポイント)

Suica:1,000ポイント

次はJR東日本の「Suica」です。

利用者が最も多い電子マネーとも言われていますね。

JR東日本から1,000ポイントプレゼント

それでは具体的なキャンペーン条件を見ていきましょう。

「Suica」はかなり簡単な仕組みになっています。

条件はマイナポイントにsuicaを申し込みをすることだけです。

追加で1,000ポイントが付与されます。

ポイント付与についてはチャージが条件とはなっていないようです。つまり、チャージしなくても1,000ポイントはもらえるってことになります、

なお、キャンペーン期間は以下のとおりです。

2020年7月1日(水)~2021年3月31日(水)
2万円チャージすればマイナポイント分の5,000ポイントが入りますので、計算方法は違いますがauPayとほぼ同じ条件となりますね。

最大の還元を受けるためには

最大の還元を受けるためには以下の条件となります。

マイナポイントにSuicaを申し込み→1,000ポイント付与



FamiPay:500ポイント

次はファミリーマートの「FamiPay」です。

後発なのもあり最近キャンペーンをかなり頑張っていますね。

先着10万名様に500円相当のFamiPayボーナスがもらえる

それでは具体的なキャンペーン条件を見ていきましょう。

FamiPayが先着条件が付きます。

条件は「ファミペイ」上で利用できるFamiPayをマイナポイントに申込することだけです。

先着10万名様にFamiPayボーナス500円相当されます。

ポイント付与についてはチャージが条件とはなっていないようです。つまり、チャージしなくても500ポイントはもらえるってことになります、

なお、キャンペーン期間は以下のとおりです。

2020年7月1日(水)~2021年3月31日(水)
先着順となりますが、チャージしなくてももらえるのは嬉しいですね。

最大の還元を受けるためには

最大の還元を受けるためには以下の条件となります。

マイナポイントにFamiPayを申し込み→先着10万名様にFamiPayボーナス500円相当付与


LINEPay:クーポン配布

次はLINEのキャッシュレス決済「LINEPay」です。

LINEPayは他とはかなり違った特典を用意しています。

マイランクに応じて特典クーポン配布

それでは具体的なキャンペーン条件を見ていきましょう。

条件はマイナポイントをLINEPayで申込みするだけです。

すると申し込み翌月から3カ月間、LINE Pay加盟店で利用できる特典クーポンを、「マイランク」に応じた枚数に加え、月々5枚、計15枚を進呈する

具体的なクーポンの内容は公開されていませんのでわかりませんが、クーポンの内容次第によっては他よりもお得な可能性もあります。

なお、キャンペーン期間は以下のとおりです。他よりも短くなっていますのでご注意ください、

2020年7月1日(水)~2020年8月25日(火)
より還元を得たい方はマイランクを上げておく必要がありそうです。

最大の還元を受けるためには

最大の還元を受けるためには以下の条件となります。

マイナポイントにLINEPayを申し込み→15枚のクーポン

PayPay:抽選で100万円相当当たる

次はソフトバンク、ヤフー系列のキャッシュレス決済「PayPay」です。

PayPayも他とはかなり違った特典を用意しています。

100万円が抽選で当たる

それでは具体的なキャンペーン条件を見ていきましょう。

条件はマイナポイントをPayPayで申込みするだけです。

すると抽選で以下のPayPayボーナスが付与されます。

一等 100万円相当✕10人
二等 5万円相当✕150人
三等 5千円相当✕1,500人
四等 500円相当✕150,000人

どれだけの方が参加するのかが予想しづらいので当選確率はわかりませんが三等以上が当たるならば他よりもお得ですね。あくまで抽選なのでなんともいえませんが。。。

なお、キャンペーン対象となるのは以下の期間に申し込む必要があります。

2020年7月1日(水)~2020年8月31日(月)
より還元を得たい方は運を鍛えておきましょう(笑)

最大の還元を受けるためには

最大の還元を受けるためには以下の条件となります。

マイナポイントにPayPayを申し込み
運がよいこと

まとめ

今回は「最大35%還元?【マイナポイント】決済会社独自のキャンペーンを比較してみた。」と題して各社のマイナポイント紐付けに伴う還元をみてきました。

各社ともキャンペーンを頑張っていますね。

まとめると以下のとおりです。

※スマートフォンの方はスクロールしてお読みください。

ゆうちょPay WAON auPay メルペイ Suica FamiPay LINEPay PayPay
独自還元 最大2,000ポイント 最大2,000ポイント 最大1,000ポイント 最大1,000ポイント 1,000ポイント 500ポイント クーポン15枚 抽選で最大100万ポイント
条件 アプリダウンロード、マイナポイントとの紐付けが条件 マイナポイントとの紐付け、チャージが条件(チャージ額の10%) マイナポイントとの紐付け、チャージが条件(還元額の20%) マイナポイントとの紐付け、メルカリ利用が条件(メルカリ利用で5%) マイナポイントとの紐付け マイナポイントとの紐付け(先着10万名) マイナポイントとの紐付け マイナポイントとの紐付け

今回のマイナポイントは紐付けられるのが1社のサービスだけですから慎重に選びたいところです。

また、キャッシュレス決済の会社によって付与が「前払(チャージ)に対する付与」なのか「購入に対する付与」なのかという違いもあります。

使える店もかなり違います。

ポイント付与のタイミングも多少違いがあります。

そのあたりも考慮の上で今回のキャンペーンとキャッシュレス決済の使い勝手で選ぶのが無難でしょうね。

それらを考えるとどこも一長一短があり難しいところですね。

※実際にマイナポイントの予約・申込みをしてみました。

詳しくはこちらの記事を御覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

フェイスブックページ、ツイッターはじめました

「シェア」、「いいね」、「ツィート」、「フォロー」してもらえると大変うれしいです。

マイナポイントのキャンペーンを 比較してみた
最新情報をチェックしよう!