• IPO
  • IPOとは新規上場株式のこと
MTGがIPO

MTGが東証マザーズに7月上場へ【IPO】主幹事は野村證券

メルカリに続いてかなり大型の上場ニュースが流れております。

MTGです。

今年は他にも過去最大の上場規模となるソフトバンクの携帯電話子会社ソフトバンク(ややこしい名前・・・)の上場も噂されています。

IPOのあたり年かもしれませんね。

今回はこの件を見ていきましょう。

※追記:正式な上場承認後の情報、財務分析を追記しました。

MTGが東証マザーズに7月上場へ


日経新聞によるとMTGが7月にも東証マザーズに上場するようです。

 電気で筋肉を刺激するトレーニング機器「シックスパッド」などを販売するMTG(名古屋市、松下剛社長)が、7月にも東証マザーズに上場する見通しとなった。東証が近く承認する方針だ。上場時の時価総額は2000億円を超える公算が大きい。今年の新規株式公開(IPO)では6月に上場するフリーマーケットアプリのメルカリ(東京・港、最大3600億円)に次ぐ大型案件となる

出所:日本経済新聞 5/29 電子版

上場時の時価総額は2000億円を超える公算が大きいとのこと。

これは今年の新規株式上場(IPO)ではメルカリに続いての大型となりますので期待大ですね。

さらに東証マザーズというのも注目ですね。


MTGとは

MTGはメルカリほど知名度はないのでご存知のない方も多いかもしれませんね。

しかし、下記の商品はみたことがあるでしょう。

MTGの取扱商品

有名な商品が結構ありますので代表的なのをご紹介しましょう。

シックスパッド

テレビCMでよく流れているシックスパッド。

EMSと言われる筋肉を鍛える装置の一種でこれは腹筋用ですね。

元衆議委員議員の杉村太蔵氏がCMしていることで有名なスレンダートーンのライバル商品とも言われています。

PAO

顔を鍛えるという新しいコンセプトの商品PAOなども有名ですね。

これを使うことでほうれい線が出にくくなったり、笑顔が素敵になるとか・・・

効果のほどはわかりませんが面白いコンセプトの商品ですね。

ReFa

あとは私も持っていますが、顔をマッサージするReFaも有名です。

これがかなり人気となったことでMTGの知名度があがりました。

また、人気商品だけに模造品が出回ってましたね。

紹介した商品を見れば分かる通り美容系と健康系の商品を作っている会社です。

最近はマドンナと提携したり、積極的に動いている印象はとても強く特に女性の知名度は抜群です。

また、空港などにもシックスパッドのイメージキャラクター「クリスティアーノ・ロナウド」(サッカー選手?)の写真がたくさん貼ってあるのでそのインパクトもあります。

ブランド戦略はとてもうまい印象がありますね。

MTGの事業ミッション

MTGの事業ミッションは下記の通りとなっています。

より美しく、より健康的に生きるための、新しいモノづくりを。
日本と世界の力を結集し、最先端のテクノロジーと最高峰の知恵を融合させ、
革新的なブランドを開発して、豊かな社会の実現に貢献します。

美しくと健康を新しいテクノロジーで実現するってところがポイントですかね。

MTGの事業ドメイン

ドメインは下記の通りとなっていますね。

MTGではBEAUTY・WELLNESSをテーマに、魅力あるブランドを開発し、事業展開しています。
美容機器・医療機器(ハード)、化粧品(ソフト)の企画・開発・製造を柱に多くのマーケットに向けて
それぞれに最も適した魅力的なブランドを常に創造しご提案し続けます。

こちらも美容と健康関連ですね。

面白い方向性の商品を開発しているなってイメージはかなり強いです。

MTGは昔から採用活動に積極的でした

私は過去に転職活動を2度ほどしたことがあります。

15年前くらいと10年ほど前の話です。

その際にはリクルートエージェントなどの転職エージェントを利用していますが、2回とも担当者からMTGを熱烈に紹介を受けたのが記憶にあります。

当時はまだヒット商品もあまりなく、有名でなかったので知らなかったのですが、2回とも紹介を受けたのでそのイメージが強く残っていますね。

その際にリクルートエージェントから聞いたのが、上場準備中の会社って話でしたから15年越しの念願がかなったということなのでしょう。

条件があわず2回とも応募をお断りしたのですが、今考えると就職試験受けておけば会社の雰囲気が分かったり、社長に会うチャンスがあったかもしれませんね。

あくまでも投資家目線(笑)

そのころから採用活動に積極的だったのか、人の回転が早かったのかわかりませんが・・・。

MTGの主幹事はどこか

IPOの当選するためにはやはり主幹事からの応募が最も確率の高い方法です。

そのためMTGの主幹事はどこかは大変興味あるところです。

メルカリは役員が元大和証券の方だったので大和証券じゃないかな?ってのは容易に予想できましたが・・・

MTGはそれらの情報がないのでむずかしいところですね。

ただ、一つ言えるのがMTGの上場規模はかなり大きいです。

そのため、野村證券、大和証券、SMBC日興証券、みずほ証券、三菱UFJモルガンスタンレー証券の5大証券である可能性は高いと予想します。

追記:さきほど正式に上場承認の発表されました。

本日、上場承認されて主幹事等が正式に発表されています。

主幹事は野村證券でした。

そのほか幹事はSBI証券、いちよし証券、東海東京証券、岡三証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、みずほ証券、SMBC日興証券、大和証券、マネックス証券、楽天証券、松井証券、エース証券となっています。

IPOに力を入れている証券会社はほとんど幹事になっているようです。

また、上場日は7月10日BB期間は6月22日〜6月28日でした。

想定価格は5,290円となっています。

公募株数は1,855,000株(公募:855,000株 / 売出:1,000,000株)となっています。

O.Aが1,035,000株。

想定価格で計算すると吸収金額は152億円、時価総額は2044億円と2000億円超えですね。

IPOの資金用途は新商品開発及び品質改善のための研究開発資金。特に、今後はAI・IoTを生かした新商品開発を積極的に行います。AIについては、MTG AI研究所にて当社が独自で取得したビッグデータ(デバイス使用履歴や生体データ)をAIに学習させ、商品開発やマーケティング等の様々な取り組みを加速。

当社及び当社ブランドの認知度及び価値向上のための資金。

国内事業の展開に加え、更なる海外への事業拡大を図るための運転資金。

人材投資資金。

借入金の返済資金。

となっていますね。

AI、Iot関連の商品は面白そうですね、マーケティングや商品開発にもAIを活用するのも注目です。

MTGの業績

上場承認でMTGの業績も合わせて出ていますが、かなりよいです。

売上も単独決算でみると36%増、33.8%増、55.7%増と上がり続けています。

また経常利益も647.4%増、198.7%増、63.5%増とかなり急激に伸びていますね。

連結でも2017年9月期で売上が53.7%増。経常利益75.2%増です。

PERやPBRを考えるとかなり強気な価格設定ですが、これだけ急激に売上も利益も伸びていればありな水準ですね。

上場のタイミングとしてはベストな伸び方と言えるでしょう。

あとは急激な伸びに耐えれる財務をしているのかは確認をしておく必要がありそうです。

詳細の財務分析はこちらをごらんください。

MTGの株主(ロックアップ)

株主を見ると社長の松下剛氏、株式会社Mコーポレーションがかなり大きなウエイトを占めています。

株式会社Mコーポレーションは詳細はわかりませんが名前からして社長関連の会社かな?

その他VCのジャフコや取引先や従業員など株主もたくさんいますね。

社長や株式会社Mコーポレーションや役員などには90日のロックアップ

ジャフコは90日or1.5倍のロックアップとなっています。

持株会は180日ですね。

行使可能なストックオプションもそれなりの規模であります。

ジャフコやストックオプションの人たちの動向が気になるところかな。

まとめ

今回は7月に上場という情報がでたMTGのについてみてきました。

メルカリに次ぐ規模の上場となりますのでまた盛り上がりそうですね。

MTGの財務分析はこちらを御覧ください。

MTGの当選を目指すならまずは下記ページを読んでいただくことをおすすめします。

IPOの抽選にハズレたらセカンダリに無理に挑戦するよりもこんな方法もあります。


最後まで読んで頂きありがとうございます、

参考になった方はぜひポチッとな。
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

フェイスブックページ、ツイッターはじめました。

「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。