国民健康保険を減らす

国民健康保険は高い!その理由と安くするためのテクニック5選+1

そろそろ自営業者の方など第一号被保険者の方には国民健康保険の納入通知書が届いたころかと思います。

私の手元にも先日届きました。

毎年感じますが本当に国民健康保険って高いですよね。

今回は国民健康保険が高い理由と少しでも安くするためのテクニックを5つご紹介したいと思います。

※加筆を行いました。

ショートカットはこちらから>>健康保険を安くするテクニック

国民健康保険とは


国民健康保険とは自営業、フリーランスの方や社会保険に加入していない会社に勤める労働者、無職の方などが加入する健康保険です。

サラリーマンの方やその扶養の方が加入している健康保険は、会社により組合健保だったり協会けんぽ(全国健康保険協会)だったりしますがそれとはすこし扱いが違います。なぜ国民健康保険は高いのか?

健康保険の種類やその違いにについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

健康保険と一括に言っても実は種類がいくつかあるのです。今回は非常にややこしい健康保険制度についてわかりやすく解説していきます。健康保険の問題についてはこちらの記事を御覧ください。[sitecard subtitle=[…]

健康保険の種類

私も会社員から自営業者になった口ですが、かなり国民健康保険の高さに驚きました。

この理由は大きく分けて2つあります。

会社の負担がなくなるため

まず、国民健康保険を高いと感じる一番大きい原因となるのがサラリーマンの方などが加入する組合健保や協会けんぽは会社負担が半分あるのに対して国民健康保険はそれがないことでしょう。

ちなみに会社によっては半分より多く負担してくれているところもあります。

たとえばトヨタなどは6割超が会社負担です。

つまり、会社勤めのころは半額以下しか払っていなかったのです。

そのため体感的に高く感じてしまう点が一番大きいと思われます。

加入者層の違い

体感だけでなく実際に国民健康保険を金額も大きいのですがその理由としてあげられるのが加入者層の違いです。

会社員の入る組合健保だったり、協会けんぽは基本的に加入者は会社員の方及びその扶養者です。

つまり、ある程度収入のある方がほとんどです。

対して国民健康保険の加入者は「自営業」、「社会保険に加入していない事業所に勤務する労働者」、「無職」、「高齢者」となります。

無職の方や高齢者の方が多いため相対的に見ると所得が少ない方や所得のない方が多いのです

また、高齢者の場合には医療費が掛かる金額が多くなります。

そのため財政面が組合健保や協会けんぽと比べるとあまり良くなく自営業者など所得がある人の負担が大きくなってしまうのです。


国民健康保険は平成30年度から都道府県単位化へ

平成30年度から「持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律」の成立(平成27年5月27日)により、国民健康保険の財政運営の責任主体が市町村から都道府県に変わりました。

なんだ?って方が多いかもしれませんが今まで国民健康保険は市町村により大きな差があったのです。

医療費が多く掛かる高齢者が多い少子高齢化が進んでいる市町村と医療費があまりかからない若者が沢山すんでいる地域では保険料がかなり違います。

たとえば年収400万円であったとして一番高い地域だと国民健康保険は年間60万円オーバーとなります。

対して一番安い地域だと30万円を切ります。

つまり、倍くらい違うのです。

住んでいる地域でこれだけ違うと正直やってられませんよね。

高い地域はより少子高齢化がすすんでしまうかもしれません。

そこで今後は市町村単位で考えるのではなく都道府県単位で所得水準、医療費水準などを考慮して決定することになりました。

窓口は今までどおり市役所や町役場になります。

都市部では国民健康保険都道府県単位化により大幅値上げへ

国民健康保険都道府県単位化の影響で都市部に関しては保険料が値上げとなる自治体が多そうです。

東京でも平均で保険料が26%アップするとでていました。

さいたま県の一部市町村では77%増加予定だとか・・・

特に今まで安かった都市部に住んでいる方にとっては影響が大きそうです。


国民健康保険を減らす
最新情報をチェックしよう!