イデコ(iDeCo)の新規加入者の25%はSBI証券を選択。楽天証券は5%?

イデコ(iDeCo)を巡って楽天証券とSBI証券が激しい戦いを繰り広げている。

イデコを巡っての楽天証券とSBI証券の激しい戦い

SBI証券が5月18日に6月から条件なしの運営管理手数料をゼロにすると発表すればそれに対抗して楽天証券がすぐさま同様に条件なしの運営管理手数料を発表。

それに対抗してSBI証券が6月からの予定を5月19日に変更、さらにSBI証券は土曜日の電話カスタマー対応、ロボアドバイザーの導入など矢継ぎ早に政策を打ち出すするなど激しい戦いとなっている。

そこで気になるのがこの2社の加入者はどれくらいなのかである。今回はいま出ている情報を元にイデコ(iDeCo)のシェアを検証してみたいと思う。

SBI証券の1月〜3月の新規加入者は約3万1500件


モーニングスターのSBI証券へのインタビューによるとSBI証券のイデコ(iDeCo)1月〜3月の新規加入者は3万1500件とのこと。

イデコ(iDeCo)の同時期の新規加入者の総数が約12万3000件なので約25%がSBI証券であることがわかる。

 

SBI証券+楽天証券が3割。つまり・・・

今度は先日の日経新聞に乗っていた記事からイデコ(iDeCo)の1月〜4月の新規加入者の3割が楽天証券とSBI証券の加入者と出ていた。

つまり、多少集計期間のズレはあるもののSBI証券が25%楽天証券が5%と推測できる。

ただし、これらはSBI証券のデータは3月まで、日経新聞のデータは4月までなので双方ともSBI証券、楽天証券の無条件無料化前の話である。

それ以降どうなったかは気になるところ、、

 

労働金庫、1月以降の4ヶ月弱で新規加入者は約3万人


4月28日付けの日経新聞によると労働金庫は16年12月末時点で1万4000人弱だった加入者数は、足元で3倍以上の約4万4000人に膨らんでいる(17年4月21日時点)ということ。つまり、SBI証券とほぼ同等の20%から25%を労働金庫が確保していることがわかる。これは意外でした。どうも公務員と労働金庫は昔から取引がなされているようで対面の営業活動を積極的に行っているよう。

そのほかの金融機関はどうなのか?


東京海上日動 累計で20万人(モーニングスターのインタビュー)

岡三証券 爆発的に伸びてはいない(モーニングスターのインタビュー)

第一生命 加入者数前年比3倍(モーニングスターのインタビュー)

まとめ


詳しい件数を発表しているとこは多くありませんのでいくつかの情報のツギハギによる推測になりますが

SBI証券が約25%

労働金庫が20%〜25%

楽天証券が5%

程度のシェアになっているよう。

他の証券会社、金融機関も健闘していますね。

個人的には手数料の安いみずほ銀行やスルガ銀行がどれくらいのなのかも気になります。

いろいろな条件を考えますと

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入するならこの5社から選ぼう

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を始めるならまずは金融機関を決める必要があります。

しかし、たくさんあってどこにしたらよいのかわからない方も多いでしょう。

簡単に決めてしまう方もおおいかもしれませんが、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の場合、金融機関ごとの違いがとても大きいですから慎重に選びたいところです。

私が今もし、新たに加入するならSBI証券、マネックス証券、松井証券、大和証券、楽天証券の5択の中から決めます。

(※私が加入しているのはSBI証券です)

この5つの金融機関は運営管理機関手数料が無料です。※国民年金基金連合会の手数料等は各社共通で掛かります。

また、運用商品もインデックスファンドを中心に信託報酬が低い投資信託が充実しているんですよ。

順番に見ていきましょう。

SBI証券

まずイチオシはSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」です。

SBI証券は信託報酬も最安値水準のeMAXIS Slimシリーズを始めとしたインデックスファンドから雪だるま全世界株式、ひふみ年金、NYダウ、グローバル中小株、ジェイリバイブといった特徴ある投資信託をたくさん揃えているところが最大の魅力です。

選択の楽しさがありますよね。

また、確定拠出年金を会社員に解禁される前から長年手掛けている老舗である安心感も大きいですね。

SBI証券iDeCo
5

SBI証券は運営管理手数料が無条件で0円ですし、なにより運用商品が豊富で選択の幅が広いです。現状最強のラインナップを誇ることになります。
また、他の証券会社に先んじて確定拠出年金の取扱をはじめてますから安心感が強いですね。

マネックス証券

次点はマネックス証券 iDeCoです。

こちらも後発ながらかなりiDeCoに力をいれていますね。

iDeCo初でiFreeNEXT NASDAQ100 インデックスを取扱い開始したのに興味をひかれる人も多いでしょう。

マネックス証券iDeCo
5

マネックス証券 iDeCo

マネックス証券はeMAXIS Slimを多く取り扱っており、信託報酬がほとんど最安値水準でスキがありません。また、iDeCoで唯一iFreeNEXT NASDAQ100 インデックスの取り扱いがあるところも大きなポイントになりますね。

松井証券

松井証券のiDeCoは35本制限まで余裕があるというのは後発の強みですね。

その35本制限までの余裕を生かして他社で人気となっている対象投資信託を一気に採用して話題になっていますね。

こちらも有力候補の一つですね。

松井証券iDeCo
5

松井証券【iDeCo 口座開設申込】

2020年10月18日から取り扱い商品が大幅拡充されました。
人気となっているeMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)や楽天・全世界株式インデックス・ファンドなども採用され最強ラインナップといっても過言ではない充実ぶりですね。

大和証券

大和証券 iDeCoは大手証券会社でありながら、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)にもかなり力を入れています。

他のネット証券と違い店舗が全国各地にたくさんあります。そこに魅力を感じる方にはおすすめできますね。

また、取扱商品もダイワつみたてインデックスシリーズなど信託報酬が安めの商品を取り揃えています。

大和証券iDeCo
4.5

大和証券 iDeCo

運営管理機関手数料が無条件で無料ですし、商品も充実したことで選択肢となりえる金融機関になりましたね。中国株、ロシア株、ブラジル株のファンドへ投資できるなど特徴的な商品があるのが他との差別化要因かな。あとはiFreeシリーズ、とくに米国株さえ入れば十分に他と競争できると思いますので期待したいところです。

楽天証券

楽天証券は楽天・全世界株式インデックス・ファンドや楽天・全米株式インデックス・ファンドといった自社の人気商品の取扱が大きなポイントとなっています。

この2つのファンドは人気ですね。

楽天証券iDeCo
5

楽天証券 401K用プログラム

楽天証券は人気のセゾン投信なんかにも加入できます。また、実質信託報酬の低いたわら先進国株、楽天・全世界株式インデックス・ファンドと楽天・全米株式インデックス・ファンドといった自社の人気商品の取扱が魅力です。今後は楽天SPUの対象になったり、つみたてNISAのように楽天カードでポイントが貯まるようになるようでしたらかなり面白い存在ですね。

総合して考えるとこの5つの金融機関に加入すれば大きな後悔はないかなと思います。

他の運営管理機関もぜひがんばってほしいところですが・・・

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

争う
最新情報をチェックしよう!