三井住友銀行のiDeCo新プラン「SMBC個人型プラン(みらいプロジェクトコース)」レビュー

三井住友銀行が個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)向けに新プラン「SMBC個人型プラン(みらいプロジェクトコース)」を発表しました。

特徴の一つは運営管理機関手数料が無条件で無料である点です。

運営管理機関手数料は少しずつ無条件無料の金融機関が増えており、SBI証券楽天証券マネックス証券松井証券イオン銀行大和証券auカブドットコム証券に続いて9社目となります。

大手銀行では初ですね。

今回は三井住友銀行の「SMBC個人型プラン(みらいプロジェクトコース)」について見ていきます。

なお、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)ってそもそもなに?って方はこちらのまとめ記事から御覧ください。

関連記事

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)はかなりお得で良い制度です。その反面、株式投資などの資産運用などの経験がないとかなりわかりにくく難しい制度でもあります。そのため「お金に生きる」でもかなり力を入れて記事を書いてきました[…]

イデコ完全ガイド

※消費税増税分を反映させました。

三井住友銀行のiDeCo新プラン「SMBC個人型プラン(みらいプロジェクトコース)」の特徴

三井住友銀行の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の新プラン「みらいプロジェクトコース」は大手銀行初の運営管理機関手数料が無条件で無料以外にもかなり特徴的な点がいろいろあります。

ただし、、先に結論から言っておけば「おすすめ出来かねる」内容のコースなんです


運営管理機関手数料が無料

最大の特徴が大手銀行初の運営管理機関手数料が無料である点でしょう。

三井住友銀行の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の従来コースである「標準コース」と手数料比較は以下のとおりです。

コース標準コースみらいプロジェクトコース
国民年金基金連合会に支払う手数料毎月 105円
(年間1,260円)
毎月 105円
(年間1,260円)
運営管理機関手数料毎月 260円
(年間3,120円)
無料
事務委託先金融機関手数料毎月 66円
(年間792円)
毎月 66円
(年間792円)
合計毎月 431円
(年間5,172円)
毎月 171円
(年間2,052円)

毎月260円(年間3,120円)違いますからかなり大きいですよね。

20歳から60歳まで個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)するとすれば40年運用となります。

40年で122,400円も運営管理期間手数料だけで差が出ますからかなり大きいですね。

標準コースについて詳しくはこちらの記事を御覧ください。

関連記事

「iDeCo」とは、個人型確定拠出年金の愛称です。英語表記の「individual-type Defined Contribution pension plan」から親しみやすい響きの「イデコ」とされました。「i」には「私」という意味も含ま[…]

三井住友銀行イデコポートフォリオ

ちなみに個人的には国民年金基金連合会へ支払う手数料は納得いっていません。手数料の計算根拠となっている平成 24~28 年度から加入者が大幅に増えており、規模の経済が働きやすくできるはずなんですよ。

詳しくはこちらの記事を御覧ください。

関連記事

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の手数料は大きく分けて3つの機関に支払います。一つは運営管理機関と言われるイデコの窓口となる金融機関に対しての手数料。もう一つは事務委託先金融機関といわれる「資産管理サービス信託銀行」[…]

国民年金基金連合会に怒る

元本確保型の定期預金等のラインナップがない

かなりびっくりするのが元本確保型の定期預金や保険などのラインナップが用意されていない点です。

すべての方に「つみたて投資」をはじめてほしい。 だから、定期預金などの元本確保型商品をなくしました。

という記載が大きくうたってありますね。

分類運用商品名手数料
信託報酬(税込)
バランスアクティブ三井住友・資産最適化ファンド(1安定重視型)実質・年1.0070%程度以内
バランスアクティブ三井住友・資産最適化ファンド(2やや安定型)実質・年1.0070%程度以内
バランスアクティブ三井住友・資産最適化ファンド(3バランス型)実質・年1.0070%程度以内
バランスアクティブ三井住友・資産最適化ファンド(4やや成長型)実質・年1.0070%程度以内
バランスアクティブ三井住友・資産最適化ファンド(5成長重視型)実質・年1.0070%程度以内
国内株式パッシブSMBC・DCインデックスファンド(日経225)年0.1540%
国内株式アクティブ三井住友・日本株式ESGファンド年1.1880%
国内株式アクティブつみたて椿年0.9900%
国内株式アクティブGS ビッグデータ・ストラテジー(日本株)年1.3200%
外国株式パッシブSMBC・DCインデックスファンド(S&P500)年0.0968%
外国株式パッシブSMBC・DCインデックスファンド(MSCIコクサイ)年0.1023%
外国株式アクティブアムンディDCファンド 世界株式・気候変動対応実質・年1.2840%以内
外国株式アクティブアムンディDCファンド 世界株式・次世代教育関連実質・年1.2840%以内
外国株式アクティブブラックロックESG世界株式ファンド(為替ヘッジなし)実質・年0.7608%程度
外国株式アクティブブラックロックESG世界株式ファンド(限定為替ヘッジあり)実質・年0.7608%程度
外国株式アクティブ世界インパクト投資ファンド(資産成長型)年1.9800%
外国株式アクティブGS グローバル・ビッグデータ投資戦略Bコース(為替ヘッジなし)年1.3475%
外国株式アクティブGS ビッグデータ・ストラテジー(エマージング株)年1.5675%
外国株式パッシブイノベーション・インデックス・AI年0.8195%
外国株式パッシブイノベーション・インデックス・フィンテック年0.8195%
外国株式パッシブイノベーション・インデックス・シェアリングエコノミー年0.8195%
外国株式アクティブブラックロック・ヘルスサイエンス・DCファンド実質・年1.2890%程度
外国株式パッシブiシェアーズ 上場プライベート・エクイティ・インデックス・ファンド実質・年1.2835%程度
その他パッシブピクテ・ゴールド(為替ヘッジあり)実質・年0.8790%程度以内

実際、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)は手数料がそれなりにありますから、その点を考えると定期預金はあまりおすすめできない投資先ではありますが、かなり思いっきりましたね。

関連記事

1月に公務員やサラリーマンでも加入できるようになりましたのでiDeCo(個人確定拠出年金)をやっている人はかなりすごい勢いで増えているそうです。また、企業型確定拠出年金の加入企業も時流に乗って徐々に増えていっています。しかし[…]

iDeCoで定期預金

社会貢献につながる仕組み

これも他の金融機関にない仕組みですが個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)で社会貢献につながる仕組みがあります。

それが毎年、加入者・運用指図者の方1人あたり100円を未来を支える子どもたちのために三井住友銀行が寄付していきます。

このあたりも1年で100円ですから大したことはないですが、意識の持ち方としては面白い取り組みですね。

問題は商品ラインナップ

ここまで見ているとかなり良質な個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の運営機関です。

しかし、大きな落とし穴があります。

肝心の運用商品(投資信託)のラインナップがかなり微妙なんですびっくりするくらい信託報酬が高い商品ばかりなんです。

多くが信託報酬1%超えなんですよ・・・

金融庁が厳しい選別をしたつみたてNISAの対象になっていない商品がほとんどという・・・

コンセプトとしてはテーマ型投資ということでESG投資、ビックデータ、イノベーションなど時流にあったような投資信託となっていますが、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)のような長期投資にはどうなんだろうという商品ばかりなんです。

従来のコースである「標準コース」では信託報酬が低コストの商品もいくつか用意されていましたのでこのラインナップは本当に残念です。

運営管理機関手数料を無料にする代わりに信託報酬で稼ごうとする姿勢を隠す気ないレベルですね(笑)

この商品ラインナップを見る限り下記の状況となんら変わりませんね・・・顧客本位とはまったく思えません。

関連記事

先日、銀行の投資信託販売の闇【三菱UFJ銀行編】を書いたところ、反響が大きかったので続編を書いていきます。第二弾はSMBCグループです。(銀行としては三井住友銀行)金融庁が顧客本位の販売をしているのかをわかりやすくするため、投資信託[…]

三井住友銀行投資信託販売


三井住友銀行「みらいプロジェクトコース」レビューまとめ

今回は「三井住友銀行が個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の新プラン「みらいプロジェクトコース」レビュー」と題して三井住友銀行のイデコ新プラン「みらいプロジェクトコース」について見てきました。

結論とすれば

おすすめ出来かねるコース
投資と猫
koge

評価: 2運営管理機関手数料が無条件で無料や元本確保型の定期預金等のラインナップがないなどコンセプトはよいものの、商品ラインナップが信託報酬が高すぎる商品ばかり

となってしまっていますね。

逆に言えば商品ラインナップさえ見直していただければ下記6社に対抗できる存在にもなれるでしょうから本当に残念です。

今後の改善に期待したいところです。

なお、今現在個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入するなら下記の6社の中から選ぶのがおすすめです

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入するならこの6社から選ぼう

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を始めるならまずは金融機関を決める必要があります。

しかし、たくさんあってどこにしたらよいのかわからない方も多いでしょう。

簡単に決めてしまう方もおおいかもしれませんが、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の場合、金融機関ごとの違いがとても大きいですから慎重に選びたいところです。

私が今もし、新たに加入するならSBI証券、マネックス証券、松井証券、イオン銀行、大和証券、楽天証券の6択の中から決めます。

(※ちなみに私が加入しているのはSBI証券です)

この6つの金融機関は運営管理機関手数料はが無料です。(国民年金基金連合会の手数料等は各社共通で掛かります。)

また、運用商品もインデックスファンドを中心に低信託報酬の商品が充実しています。

順番に見ていきましょう。

SBI証券

イチオシはSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」です。

SBI証券は信託報酬も最安値水準のeMAXIS Slimシリーズを始めとしたインデックスファンドから雪だるま全世界株式、ひふみ年金、NYダウ、グローバル中小株、ジェイリバイブといった特徴ある商品をたくさんそろえているところが最大の魅力です。

選択の楽しさがありますよね。

また、確定拠出年金を会社員に解禁される前から長年手掛けている老舗である安心感も大きいですね。

SBI証券iDeCo
5

SBI証券は運営管理手数料が無条件で0円ですし、なにより運用商品が豊富で選択の幅が広いです。現状最強のラインナップを誇ることになります。
また、他の証券会社に先んじて確定拠出年金の取扱をはじめてますから安心感が強いですね。

マネックス証券

次点はマネックス証券 iDeCoです。

こちらも後発ながらかなりiDeCoに力をいれていますね。

iDeCo初でiFreeNEXT NASDAQ100 インデックスを取扱い開始したのに興味をひかれる人も多いでしょう。

マネックス証券iDeCo
5

マネックス証券はeMAXIS Slimを多く取り扱っており、信託報酬がほとんど最安値水準でスキがありません。また、iDeCoで唯一iFreeNEXT NASDAQ100 インデックスの取り扱いがあるところも大きなポイントになりますね。

松井証券

松井証券のiDeCoは35本制限まで余裕があるというのは後発の強みですね。

その35本制限までの余裕を生かして他社で人気となっている対象投資信託を一気に採用して話題になっていますね。

松井証券iDeCo
5

2020年10月18日から取り扱い商品が大幅拡充されました。
人気となっているeMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)や楽天・全世界株式インデックス・ファンドなども採用され最強ラインナップといっても過言ではない充実ぶりですね。

イオン銀行

イオン銀行iDeCoは全国各地に窓口があるのが魅力です。

また、銀行として珍しく良心的な投資信託を用意してくれてるんですよ。

イオン銀行iDeCo
4.5

イオン銀行iDeCo

イオン銀行は実質信託報酬の安いたわら先進国株の取り扱いがあるのが魅力です。ひふみ年金の取扱があります。このあたりに興味持つ方は選択肢として全然ありです。また、イオン銀行だけ他へ移るときの手数料が無料なのも個人的にポイント高いです。

大和証券

大和証券 iDeCoは大手証券会社でありながら、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)にもかなり力を入れています。

他のネット証券と違い店舗が全国各地にたくさんあります。そこに魅力を感じる方にはおすすめできますね。

また、取扱商品もダイワつみたてインデックスシリーズなど信託報酬が安めの商品を取り揃えています。

大和証券iDeCo
4.5

大和証券 iDeCo

運営管理機関手数料が無条件で無料ですし、商品も充実したことで選択肢となりえる金融機関になりましたね。中国株、ロシア株、ブラジル株のファンドへ投資できるなど特徴的な商品があるのが他との差別化要因かな。あとはiFreeシリーズ、とくに米国株さえ入れば十分に他と競争できると思いますので期待したいところです。

楽天証券

楽天証券は楽天・全世界株式インデックス・ファンドや楽天・全米株式インデックス・ファンドといった自社の人気商品の取扱が大きなポイントとなっています。

この2つのファンドは人気ですね。

楽天証券iDeCo
5

楽天証券は人気のセゾン投信なんかにも加入できます。また、実質信託報酬の低いたわら先進国株、楽天・全世界株式インデックス・ファンドと楽天・全米株式インデックス・ファンドといった自社の人気商品の取扱が魅力です。今後は楽天SPUの対象になったり、つみたてNISAのように楽天カードでポイントが貯まるようになるようでしたらかなり面白い存在ですね。

総合して考えるとこの6つの金融機関ならどれかに加入すれば大きな後悔はないかなと思います。

他の運営管理機関もぜひがんばってほしいところですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

 

SMBC個人型プラン(みらいプロジェクトコース)レビュー
最新情報をチェックしよう!