つみたてNISA(積立NISA)がいつ始めても20年間非課税で運用可能に

つみたてNISA(積立NISA)がいつ始めても20年間非課税で運用可能に。ルール変更による影響や戦略変更について考えてみる

今までつみたてNISAの枠で投資できるのは2018年から2037年までの20年間までの20年間でした。

ですから2018年からはじめた方は40万円×20年で800万円が非課税投資枠として利用ができますが、2019年にはじめた方は40万円×19年で760万円分しか非課税投資枠を利用できないこととなります。

遅くに始めれば始めるほど枠が少なくなってしまうということですから、少しでも早く始めたほうが非課税枠的に得の制度でした。

しかし、このルールが改正されることになりそうです。

ルールが変わってくることでいつから始めるのがよいのかというのも変わってきてしまいます。

今回はルール変更後の影響やそれによる戦略変更の有無について考えてみます。

なお、つみたてNISAってなに?って方はこちらの記事からどうぞ

関連記事

先日、個人型確定拠出年金(iDeCo)のまとめ記事を書いたところ、好評でしたのでその続編としてつみたてNISA版を作ろうとしてあることに気づきました。それは今までつみたてNISAに関連する記事はたくさん書いてきましたが、そもそも「つ[…]

今さら聞けないつみたてNISAとは

つみたてNISA(積立NISA)ルール改正の概要

つみたてNISAは2037年までの制度とされていましたので、投資信託の購入を行うことができるのは2037年まででした。

現行のつみたてNISAの非課税期間
現行のつみたてNISAの非課税期間

出所:金融庁「つみたてNISAの概要」より

そのため、遅くに始めれば始めるほど非課税枠が減ってしまっていたのです。

しかし、これでは制度として不安定だとして証券会社など各団体がつみたてNISAやNISAの恒久化を要望していたのです。

つみたてNISAはいつ始めても20年間非課税へ

それを受けて今回改正の話しがでてきました。

政府・与党は積み立て型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)について、非課税で積み立てられる期限を延長する。現行では最長で2037年末までだが、原則としていつから始めても20年間、非課税になるよう改める。個人型の確定拠出年金(イデコ)も拡充し「貯蓄から投資へ」の流れを後押しする。若年層らに老後の資産形成を促す狙いだ。

出所:日経新聞 2019年11月22日

つまり、いつから始めた方でも有利不利がなく20年間1年あたり40万円を非課税で運用が可能になるということです。

いつ始めても40万円×20年で800万円で最大800万円非課税枠がもらえるってことですね。

恒久化ではない

ただし、今回の改正はいつ始めても20年間非課税になるように改められただけで制度の恒久化ではありません

つみたてNISAの開始年は2037年が最後となります。

2037年とだいぶ先の話ですから今後変わってくる可能性もありそうですが・・・

NISAは恒久化見送りされた

ちなみにNISAの方は富裕層への優遇だとの指摘がされ恒久化は見送られています。

詳しくは下記記事を御覧ください。

おそらく政府としてもNISAではなくつみたてNISAを普及させたいのでしょう。
つみたてNISA(積立NISA)がいつ始めても20年間非課税で運用可能に
最新情報をチェックしよう!