• つみたてNISA
  • つみたてNISAは少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です
つみたてNISAを買うタイミング

つみたてNISAはどのタイミングで買えばよいのか?毎日?年初?毎月?毎週?

つみたてNISAで投資信託を買うタイミングを考える


つみたてNISAはiDeCoと違って買うタイミングの自由度がかなり高いです。

そのためどのタイミングで買えば良いかわかりにくいところもあります。

今回はつみたてNISAでどういうタイミングで買うのが良いのか考えてみたいと思います。

毎日買う

まず1つ目は毎日買うという方法です。

いつ買えばよいのかわからない方にはおすすめです。

ただし、この方法が使える証券会社は限られていますのでお気をつけください。

現状だと、SBI証券、楽天証券、松井証券あたりはこの方法が使えます。

ちなみに私はこの方法をつかっています。

この方法のメリットはSBI証券あたりは究極の時間分散とうたっていますが

ドルコスト平均法による時間的分散効果が期待です。

ドルコスト平均法とは毎回決まった金額を買うことで上がったときは少しの購入、下がった時はたくさんの購入となることで取得価額に分散効果を与えることです。

ドルコスト平均法は評価が分かれますがつみたてNISAのように購入手数料がかからない買い方の場合メリットも大きいと思います。


年初に買う

もう一つが年初に枠一杯に買ってしまう方法です。

例えばSBI証券の場合、賞与購入で購入日を決めれますので1月4日とかにすればすぐに買うことができます。

これは期待値を考えた場合には1番利益がでそうな方法となります。

例えば期待値が+5%の投資商品があったとしてその商品を年初に買えば+5%がまるまる享受できる可能性があります。

しかし、分散して買ってれば購入日が遅くなるためまるまる5%は期待しにくくなります。

もちろん逆に動くこともありますが長期な目で見て期待値が高い商品を購入するならありですね。

資金的には先にお金が出ていきますので余裕があればってところにはなりますが・・・

縁起の良い日に買う

次は縁起の良い日に投資をする方法です。

2018年の縁起のよい日は下記記事をご覧ください。

SBI証券の場合には毎日つみたて、毎週つみたて(曜日指定)、毎月つみたて(購入日指定)の3種類の買い方があります。

このうち毎月つみたて(購入日指定)で購入します。

例えば2018年の1月で言えば8日、11日、13日、20日、23日、25日あたりが縁起の良さそうです。

ですのでこの日に指定します。

購入するファンド毎に購入日を指定できますのである程度分散したい方は複数のファンドを買えばよいでしょう。

(1つのファンドで指定できる購入日は1日のみです)

例えば

野村つみたて外国投資 8日
楽天全米株式インデックスファンド 13日
EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド 23日

のような感じです。

毎月指定日は変えられますから2月は◯日とか指定を変えれば毎月縁起の良い日に買うことができます。

私もSBI証券で毎日つみたてがはじまるまではこの購入方法を使っていました

(今は毎日つみたて)

過去の実績から安い日に買う

同じように過去の実績から購入日(毎月つみたての指定日)を変える方法もあります。

ファンドによって上下があります。

そのファンドの過去データを見て安い日を探してそのあたりに買うのも1つでしょう。

例えば毎月月初は安くて月末が高いとか

15日前後が高いなどファンド毎に特徴がありますのでそこを見極めるのです。

例えば日経平均でも1月は弱いので月末に買うと得という結果がでていたり

12月は強いので月初に買うと得だったり過去実績では言われています。

給料日に買う

資金の余裕を考えれば給料日の入金日に買うのも選択肢の1つでしょう。

給料で引かれて入金されるみたいな感じになるので無理なく続けやすい方法かと思います。

つみたてNISAは長期的な投資となりますので無理がなというのはかなり大きなウエイトとなりますしね。

金曜日に買う

もう一つが金曜日に買うなど曜日を決めてしまう方法です。

(今のところSBI証券のみができます)

過去の統計から見ると金曜日は投資家が手仕舞う事が多いため株価は安くなる傾向にあります。

(週末になにか事件が起こるリスクを避けるため)

それを逆手にとって金曜日に買うのです。

海外の株式だとそうならない傾向もありますんで投資しようとしている投資信託の値動きをまずはチェックをしてみてくださいね。

バリュー平均法

もう一つインデックス投資家の間で人気のあるバリュー平均法という投資法があります。

過去データから見るとドルコスト平均法よりも実績が高くなることから人気なのです。

バリュー平均法では、相場の状況によって買い付け額を変動させていくというやり方です。

毎回同じ金額で買い付けていくのではなく、マーケットの変動に合わせて買付金額を変動させていきます。

価格が下がった時は買付金額を増額し、価格が上がった時には買付金額を減額するのです

ただしこの方法途中で売りがはいるためつみたてNISA枠が一杯に使えなくなるってデメリットもありますのでそのあたりは考える必要がありそうです。

バリュー平均法について詳しく知りたい方は下記の本がおすすめです。


「確定拠出年金」最良の運用術

まとめ

今回はつみたてNISAで投資信託を買うタイミングを考えてみました。

どの方法も一長一短がありますのでどれが正解という訳ではありません。

どの投資信託を買うかも大事ですがどのタイミングで買うかも大事です。

自分にあった投資方法を考えて見てくださいね。

それを考えるのもつみたてNISAの面白さの1つな気がします。

つみたてNISAを始めるならSBI証券がオススメ

つみたてNISAは基本的にiDeCoよりも金融機関同士の差は少ないです。

選ぶ際のポイントは取扱商品と注文の仕方です。

それらを勘案すると現状SBI証券がちょっと飛び抜けてよい感じがしますね。

私もSBI証券でつみたてNISAを始めています。

なにより注文の自由度がかなり高いです。

SBI証券の資料請求等はこちらから

その他金融機関はこちらをご覧ください。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
idecoブログランキング
人気ブログランキングへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。