ゆうちょ銀行【確定拠出年金(iDeCo・イデコ】手数料値下げを発表。しかしこれ・・・

ゆうちょイデコ

ゆうちょ銀行がiDeCo(個人型確定拠出年金)の手数料値下げを発表


株式会社ゆうちょ銀行が7月1日からiDeCo(個人型確定拠出年金)「ゆうちょAプラン」の運営管理手数料の値下げを発表しました。

今まで月額370円だったのに対して7月1日からは255円と大幅値下げとなります。

年額にすると1,380円安くなります。

ゆうちょideco

対象者

「ゆうちょAプラン」に既に加入している、または今後加入される全てのお客さま

引き下げ適用日

2017年7月1日(土)から (期間限定のキャンペーンではございません)

※ 加入者の方は、7月分の掛金引落日である2017年8月28日(月)から反映します。

※ 運用指図者の方は、6月分までは改定前の手数料で、7月分からは改定後の手数料で算出した手数料を、2018年3月の年金資産引き落としから反映します。

たしかに安くはなったがちょっとまて・・・


たしかに370円から255円はかなり安くなりました。

これは認めます。

しかし、このサイトでも何度かお伝えしたとおり、世はiDeCo(個人型確定拠出年金)の運営管理手数料無条件0円の時代です。
下記の記事のとおり、みずほがかなりゆるい条件での運営管理手数料0円を発表したかと思えば
SBI証券が無条件運営管理手数料0円を発表し、
それに楽天証券が対抗し同条件とし
さらにマネックス証券、イオン銀行が同条件で参入しようとしています。





さてこの条件でゆうちょ銀行でiDeCo(個人型確定拠出年金)始める意味はあるのでしょうか?
運用商品もSBI証券、楽天証券、イオン銀行と比較しても微妙なところです。
(マネックスはまだ運用商品が未発表)
営業力で顧客を獲得するつもりなのか
それとも情報弱者狙いなのか・・・
元国のゆうちょ銀行といえどもちょっとあぐらをかきすぎている気がしますね・・・

手数料で勝負しなくてもよいとは思います。

しかし、ほかよりも高いならば他にない強みがなにかほしいところでありますが今のところとくにないような・・・

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)オススメ金融機関

今、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入されるなら以下の2つの証券会社を選択しておけば間違いないでしょう。

手数料体系はまったく一緒です。運用商品の違いになります。

たくさんの運用商品の中で自由に選びたい人はSBI証券がオススメ

シンプルにやりたい方は楽天証券がオススメですね。

SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」

楽天証券 確定拠出年金

また、今月から受付の始まったイオン銀行も楽天と同様にシンプルな商品で信託報酬が安いものがそろっていますのでおすすめできます。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)については下記の記事も合わせて読んでいただくと理解しやすいと思います。




読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ブロトピ:ブログ更新しました

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. イデコ対国民年金基金
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)と同じ枠 個人型確定拠出年金(iDeCo/イデ…
  2. 100円投資信託
    100円投資信託の使い方 SBI証券、楽天証券、松井証券、岡三オンライン証券、マネック…
  3. ふるさと納税疑問
    総務省の通知以降ふるさと納税の返礼品をグレードダウンする市町村続出 このサイトでも何度…
  4. 税金をクレジットカードで支払う
    住民税(市民税・県民税)税額決定納税通知書到着 住民税(市民税・県民税)税額決定納税通…
  5. テクニカル分析
    株式投資の銘柄選びの方法としてよくファンダメンタルズとテクニカル分析が挙げられます。今回はこのどちら…
  6. ふるさと納税返礼品お得なの
    ふるさと納税の返礼品グレードダウンする市町村が続出 このサイトでも何度かお伝えしたとおり、ふるさと…
  7. 楽天証券イデコ
    激戦の様相の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ) 先日イオン銀行が個人型確定拠出年金(iDeC…
  8. ビットコインの税金
    曖昧だったビットコインなどの仮想通貨の税金 今まで仮想通貨の税金関連はかなりあいまいで…
ページ上部へ戻る